CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

4/12 (土) 2008

カテゴリー:

お忘れなく!!

text by

広報部

カテゴリー:

まず始めに…
関塚隆監督へ大変多くのメッセージを頂いております。すべてプリントアウトし、監督に責任を持って渡します。本当にありがとうございます。

さて、「絶対に負けられない」優勝候補との戦いが近づいてきているのは、皆さんご存知ですか。そうです。序盤戦最大の山場であるFC東京、鹿島アントラーズ、浦和レッズです。現在、こちらのチケットが発売されております。

まずは4月19日(土)に行われる第13回多摩川クラシコ。FC東京。毎年、好ゲームが展開される一戦。一昨年は、かなり痛い目に遭いましたが、昨年は悪夢を振り払うかのような大量得点でライバルを圧倒しましたね。特に、アウェイの味の素スタジアムでは、アウェイにも関わらず、ホーム顔負けの大勢のサポーターが押し寄せました。今回も、まずはアウェイでの戦いとなります。激闘必須の一戦になること間違いなし。昨年同様、多くの皆さんが詰め掛けることを選手・スタッフ一同、期待しております。

そして、GW中の5月3日(土・祝)には、昨年の王者鹿島アントラーズとの一戦。優勝候補の各チームがもたつく中、着実に勝ち点を稼いでいる鹿島。王者の風格すら漂い始めている中での戦いが予想されますね。しかし皆さん。こういうときだからこそ、ホームの利を生かすのです。しかも2005年の昇格以降、ホーム等々力では負けていません。ホームの利を生かすためにも、等々力に行かない理由がないですよね。

最後は、今年も優勝候補筆頭の強豪、浦和レッズ。日本代表を多数揃える選手層は各チームがうらやむほど。そして、アウェイにも関わらず多くのサポーターが観戦に訪れ、一つの風物詩になっておりますよね。しかし、そんなことは関係ありません。昨年は「川崎不利」との状況の中で迎えた埼玉スタジアムでの一戦では、2年間続けていた埼玉スタジアムでの浦和連勝記録を止め、浦和サポーターに包まれた埼玉スタジアムに悲鳴がこだましたのは記憶に新しいですよね。今年はまず、等々力に「アバンテ」をこだませ、浦和サポーターを沈黙させてしまいましょう。

肝心のチケット発売日ですが、FC東京・鹿島アントラーズとの一戦は、後援会先行、一般共に好評発売中、そして浦和戦は後援会先行が3月20日より発売を開始しております。どの試合も接戦の好ゲームが期待できる一戦となること間違いありません。

チケットをお持ちでないそこのあなた。ラッキーなことに現在も好評発売中であります。スケジュールを確認の上、今すぐチケット購入に走りましょう!一人でも多くの方々のご来場を選手・スタッフ一同、心よりお待ちしております。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ