CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

8/16 (木) 2012

カテゴリー:

U-15全国大会

text by

広報部

カテゴリー:

昨日から始まったadidas CUP 第27回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会。川崎フロンターレU-15は関東予選で見事、準優勝を果たし関東第2代表として今大会に出場しました。

8/15(水)北海道・帯広市でいよいよ大会が開幕し、初戦は九州地区代表のサガン鳥栖U-15との対戦となりました。しかし、立ち上がりはMF三笘薫キャプテンをはじめ選手たちが「少し緊張して、硬さがありました」と話すように鳥栖に攻め込まれるシーンが何度も見られました。川崎フロンターレU-15として3年ぶりの出場となる今大会。やはり関東予選の時とは違い、選手たちの動きも硬かったように見えました。それでもGK名良橋拓真選手やセンターバックを務めるDF九島克成選手、DF武田太一選手を中心にゴールを割らせずにいると、19分に待望の先制ゴールを奪います。

この日、再三左サイドから攻め上がりを見せていたDF島崎竜選手のラストパスから三笘薫選手がシュート。一度はGKにセーブされましたが、こぼれ球に自ら反応しゴールに流し込みました。これで緊張がほぐれたのか流れを取り戻すフロンターレ。23分にはFW岸晃司選手が自ら持ち込んで、最後はGKの位置をよく見てループシュートで追加点を奪います。

いいリズムで前半を折り返したフロンターレは後半に入っても粘り強い守備で相手に得点を許さずにいると、66分にFW高宇洋選手のパスカットから岸晃司選手がこの日2点目をなるゴールでリードを広げ、見事3-0で初戦を勝利で飾りました。

「今日はみんな少し動きが硬くて、相手にボールを支配される時間があったが、その中でももっと連動して守備をしたらもっとボールを奪えたと思うし、得点も決められたと思う」と話していたキャプテンの三笘薫選手。冷静に試合を振り返って反省点もあげていました。それでも最後には「明日の試合も絶対勝ちます!」と力強く話してくれたのがとても印象的でした。


翌16日は東北地方代表の山形FCジュニアユースとの一戦です。2戦目ということで選手たちの硬さも取れてきたかな…と思っていたのですが、相手は地区予選を勝ち上がって全国大会に出場するチームだけあって、なかなか自分たちのやろうとするサッカーをやらせてくれませんでした。

「硬さというかアップの時から少し体が重たいかなという感じだった」と後藤監督も話していましたが、「それでもしっかり自分たちのプレーをやろうとしていた」と徐々に流れを取り戻していくフロンターレ。すると18分に左サイドから攻め込み最後はこぼれ球をつないで中央からDF粕川雄哉選手が豪快なミドルシュート。「自分でもあそこまでうまくいくとは思わなかった」と本人も驚くほどの鮮やかなゴールで先制し、前半を折り返しました。

後半に入っても立ち上がりは山形FCが攻勢に出ますが、ここでもGK名良橋拓真選手、DF九島克成選手、DF武田太一選手を中心とした守備陣が安定した守りを見せて相手に得点を許しません。「関東ユースリーグなどでは勝っていても失点が多かったので、それが今大会は無失点が続いているので自分としてもチームとしても自信になります」と名良橋拓真選手が話すように、今大会は守備陣が安定していることがチームの強みになっているのです。

そして守備陣の奮闘に攻撃陣が応えないわけにはいきません。63分には途中出場のMF水野辰朗選手がペナルティエリア内で倒されPKを獲得すると、これを岸晃司選手が豪快に決めて2点目。さらに直後の64分にはMF長谷川隼人選手のパスから抜け出した岸晃司選手がこの日2点目となるゴールを奪って3-0とさらにリードを広げます。

2試合連続で2得点を奪っている岸晃司選手はU-15 Jリーグ選抜のブラジルキャンプメンバーにも選ばれている注目選手!「今日は守備陣からしっかり声を出してやってくれていたので、攻撃陣もチャンスは来ると思ってやっていた。そのチャンスをしっかり決めたことが勝利につながったと思う。僕の得点はみんながいいボールをくれたので決めるだけでした。でももう少し決められる場面はあったので、そこをしっかり決めたいです」と好調の要因も話してくれました。

さらに終了間際には途中出場のMF猪狩和真選手が鮮やかなミドルシュートを決め、終わってみれば4-0の完勝をおさめました。この結果、予選1試合を残して決勝トーナメント進出を決めた川崎フロンターレU-15。後藤監督は「自分たちのやろうとしているサッカーができているのが決勝トーナメントに進めた要因だと思う。次の試合もしっかり勝って1位通過を狙いたい」とこの2日間を振り返ってくれました。

早くも予選リーグ突破を決めたフロンターレは明日、中国地方代表のサンフレッチェ広島F.Cジュニアユースと対戦します!そして中1日休息日をはさみ、19日(日)からは1発勝負の決勝トーナメントが始まります!!強力な攻撃陣に加え、今大会では守備も安定してきている川崎フロンターレU-15。ぜひこの勢いで頂点を目指してもらいたいものです!!

P.S.
今回スタッフ数名で夏休みを利用しU-15の戦いを北海道まで見に行きました。
2日目の試合前には選手たちがいるホテルまで差し入れとして、ドールのバナナと山形FC戦の勝利を願って、山形産のフルーツをたっぷりプレゼント。コーチ達には… 予選を突破した翌日は1日だけOFFになると聞いていたので「金メダルをとって川崎に帰ってきてほしい」との願いを込めて、サントリーさんの「金麦」を(笑)

世間はお盆休みということで旅費がかなりかさみ… わずか2日間(2試合)という短い間でしたが、全国の舞台で笑顔で伸び伸びとプレーしているU-15の選手たちの姿を見ることができてよかったです。選手たちには「え?もう帰るんですかー!」と言われてしまいましたが、「絶対に勝ちあがるので、楽しみにしていてください」と見送ってもらいました。頑張れ、U-15!フロンターレを頼むぞ!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ