FRONTALE DIARYフロンターレ日記

9/22 (日) 2013

カテゴリー:

職人の伝統を生かした和の特集

text by

広報部

カテゴリー:

大手通販サイト「ディノス(株式会社ディノス・セシール※7/1に社名が変更になりました)」と川崎フロンターレとのコラボレート企画、「dinosアズ☆ネロ」チームカラーの「青」(イタリア語でazzurro)と「黒」(イタリア語でnero)をテーマカラーにリビング、インテリア、キッチン、ファッション、雑貨など、フロンターレサポーターの日常を今年も徹底的に青と黒に染めるべく新商品をどんどん投入していきます。取り扱いアイテム数も500点を超え、フロンターレサポーターの日常を徹底的に青と黒に染めます。

今月は「dinosアズ☆ネロ」では珍しい「和テイスト」。「職人の伝統を生かした和の特集」です。暑い夏が終わり、秋がやって来ます。秋の夜長は温かいお茶を飲んで暑い夏に疲れた身も心も癒したいものです。そんなお茶に関連する商品を御紹介いたします。

9月某日、ここはJR南武線 平間駅近くにあるフロンターレを応援する「川崎フロンターレサポートショップ」の一つ「川添園茶舗」 です。(「川崎フロンターレサポートショップ」とは地元川崎市内商店街を中心に生まれた一口1万円からのご協賛で加盟店舗となっていただくスポンサーカテゴリーのひとつで、加盟店舗数は川崎市外の店舗も含み800店舗を超えています。

「川添園茶舗」のある平間銀座商店街は人々の笑顔が素敵な街。突然訪れたふろん太を皆さん笑顔で迎えてくれます。あっという間に握手攻めにあいます。そこにふろん太が何をしに来たかと言いますと、今月の「dinosアズ☆ネロ」の「職人の伝統を生かした和の特集」に合わせて美味しいお茶を買いに来たのです。出迎えてくれたのは店長の花田さんです。さっそく花田店長から今の時期のお勧めのお茶を教えて貰います。「この時期は“抹茶入り玄米茶”か“上煎茶”がお勧めですね〜」と花田店長の説明を熱心に聞くふろん太。「特に抹茶入り玄米茶は香りに特徴があります」と確かに抹茶と玄米茶両方の香りがしますが交わることでさわやかな上品な香りを放っています。「上煎茶は深いコクがありながらも甘み感じらます。定番の人気商品です」とどちらも美味しそうですが、迷った末に香りに誘われて玄米入り抹茶を購入することに決めました。

ふろん太が支払いをする為に取り出したのは「アズネロカラー 秀和がま口製作所 がま口ポーチ(¥1990)」です。青と黒のストライプがとても美しく品が良いです。
「秀和がま口製作所」は袋物製造部門としては初めて京都府の「現代の名工」に認定された林一男さん監修の元、職人が一つひとつ丁寧にモノづくりをしています。「がま口の金口」ではなく「袋物」を専門としているこの工房は多種多様な金口を使用しレトロなもの、可愛いもの、実用性が高い便利なものまで従来の枠にとらわれず、新しい「がま口の袋物」を提案し世に送りだしています。この「がま口ポーチ」もレトロな雰囲気を出しながらも今風なスタイリッシュなデザインとなっています。

支払いが済んだふろん太はたった今買ったお茶を飲みたくなりました。「ここでお茶を飲ませてください」と切り出したふろん太に花田店長は「どうぞ、今、いれて差し上げますよ」と快く応じてくださいました。ふろん太が取り出したこの急須は「銅製 青被き急須(銅ストレーナー付)350m(¥9975)」です。

この急須は、日本有数の金属加工品の産地として有名な新潟県燕市で創業した銅製品加工メーカー新光堂によるもの。高度な加工技術を駆使してグッドデザイン賞をはじめ数々の受賞歴を誇っています。伝統を受け継ぎ磨きあげられた技術で手作りのぬくもりを持ったさまざまな銅製品を世に送りだし、この「銅製 青被き急須」もその一つです。この鮮やかな青色もひとつひとつ微妙に色が異なります。
「キレイな急須ですね!」と店長からお褒めのコメント。ちなみに銅には塩素を分解する働きがあるので銅製の急須で入れたお茶は塩素臭のない美味しいお茶になると言われています。銅にもお茶にも抗菌作用、健康を保つ働きがあるとも言われております。

「ポットのお湯で十分。どうぞ」と、花田店長の華麗な手さばきでいれたお茶は一層美味しく感じます。お茶を飲む碗はこちら「Studio KEIZAN 風水碗(¥3150)」です。

開窯以来優れた作品を百有余年送り出し続けている「桂山窯」。現在その桂山窯の四代目として活躍している陶芸作家・和田和文氏が時代の「今」を敏感に伝えるために監修・制作指導したカジュアルブランドがこの「Studio KEIZAN 」です。土の温もりを実感して貰って心に残る作品をとの思いで作られています。この碗の青色も細やかな手仕事によって表現されています。

美味しそうに入れたてのお茶を飲むふろん太。残った茶葉は、こちら「銅製 青被き茶筒(中蓋付) 約150g入(¥8400)」に入れて大切に持って帰ります。

この茶筒は先にご紹介した急須と同じく銅で出来ています。銅の持つ適当な湿度と抗菌効果が、お茶葉の鮮度をいつまでも保つ効果があるといわれています。品の良い「和テイスト」でギフト用にも人気となっている商品です。

暑い夏が終わり、秋がやって来ます。皆様も是非、秋の夜長に、この「職人の伝統を生かした和の特集」でいれたお茶をお楽しみください。

また「dinosアズ☆ネロ」では、「2013 J1リーグ戦でチーム10・20・30・40・50点目を決めるのは誰だ!?予想クイズに答えてプレゼントをGETしよう!」企画を昨年に続いて好評実施中です。2013シーズンのJ1リーグ戦で、川崎フロンターレのチーム10・20・30・40・50得点目をそれぞれどの選手がゴールするか予想して、見事正解した方の中から、抽選で各ゴール毎に的中選手の直筆サイン入り賞品が当たる!というものです。ここまで4月20日(土)ベガルタ仙台戦の大久保嘉人選手が10ゴール目、5月18日(土)ジュビロ磐田戦の小林 悠選手が20ゴール目、7月10日(水)アウェイ、サンフレッチェ広島での中村憲剛選手が30ゴール目、8月3日(土)アウェイ仙台戦でのレナト選手が40ゴール目と続き、先日、ついに50ゴール目が出ました。9月14日(土)ホーム等々力でのサンフレッチェ広島の2点目、レナト選手の得点が見事今シーズンのチーム50得点目となりました。50ゴール目の商品はサイン入りユニフォームです。正解された方の中から抽選で3名様にプレゼントが届きます。今しばらくお待ちください。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h