フロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2013年10月31日(木)の日記

tag: 試合

西が丘をジャックせよ!

text by 広報部

皆さん、いきなりですがJユースカップという大会をご存知ですか?知らないという方も多いと思いますが、この大会はJリーグアカデミーU-18世代のNo.1を決める大会です。
川崎フロンターレU-18が現在まさにその大会に出場し、見事予選リーグを1位で突破し、11/4の決勝トーナメント1回戦vs愛知FC @味の素フィールド西が丘に進出しました。

◆Jユースカップ 予選リーグ組み合わせ

Aグループ : 札幌、栃木、大宮、千葉
Bグループ : 仙台、水戸、柏、FC東京
Cグループ : 山形、鹿島、群馬、浦和
Dグループ : 東京V、新潟、磐田、岐阜、町田
Eグループ : 横浜FC、富山、名古屋、G大阪
Fグループ : 川崎、甲府、清水、C大阪 ★
Gグループ : 横浜FM、湘南、松本、京都
Hグループ : 鳥取、広島、徳島、鳥栖
Iグループ : 神戸、長崎、熊本、大分
Jグループ : 岡山、愛媛、福岡、北九州

予選リーグの組み合わせを見てもわかるとおり、フロンターレの入ったFグループは甲府、清水、C大阪と強豪がそろっており、予選リーグを突破することは簡単ではないなというのがチームスタッフの印象でした。

初戦の甲府戦は立ち上がりの3分に失点を喫してしまう苦しい展開でしたが、6分に3年生MF岡本一輝選手の同点ゴールから試合はフロンターレペースに。その後も得点を重ね、4-1で快勝しました。

その勢いで迎えた強豪・清水エスパルスユース戦。現在フロンターレに所属している山本真希選手をはじめとする多くのJリーガーを輩出している名門で、川崎フロンターレU-18が参加しているプリンスリーグ関東2部の上のカテゴリーにあたる東日本プレミアリーグで2位に位置している強豪です。雨が降るアウェイでの激しい試合を展開した両チーム。お互いハイプレッシャーの中、決定機を決められずに迎えた81分に痛恨の先制を許すも、その2分後に2年生MF板倉滉選手のスーパーミドルシュートがゴール右端に突き刺さり同点で試合を終え、貴重な勝点1を獲得しました。

予選リーグ最終戦では引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる中、対戦相手は、柿谷曜一朗選手、扇原貴宏選手、山口蛍選手、といった日本代表選手も輩出しているセレッソ大阪U-18。この試合も立ち上がりの2分にPKを献上して決められてしまう苦しい展開となりましたが、大差で勝つしか決勝トーナメント進出のチャンスが無いC大阪が前がかりになったところを、ケガから復帰したキャプテンMF脇坂泰斗選手が抜け出してゴール!そして29分には2年生FWの岡田優希選手のシュートも決まり逆転に成功します。その後も決定機を作りながら決められずにいると、試合終了間際に同点ゴールを許してしまいましたが、見事に決勝トーナメント進出が決定!!さらに同時刻で行われていたもう1試合、清水-甲府の試合結果により強豪ぞろいの予選リーグを1位で突破することができました。

そして11/4から始まる決勝トーナメント1回戦の相手は愛知FC U-18です。このJユースカップは予選リーグこそ、Jクラブ同士での戦いとなりましたが、この決勝トーナメントからは、日本クラブユース連盟(Jクラブ以外のクラブチームが参戦)の中日本地域予選を勝ち上がってきたチームとの対戦です。この愛知FCはというと、川崎フロンターレ特命大使の中西哲生氏が所属していたクラブで、実は昨年のJユースカップ1回戦でも対戦をしていて、その試合は大勝したフロンターレですが、決して油断せずに今年もしっかり勝利をつかみ取ってほしいです。

試合会場の味の素フィールド西が丘ですが、アクセス可能な駅が5つもあり、中でも最寄り駅の本蓮沼は等々力陸上競技場最寄り駅の新丸子、武蔵小杉から東急目黒線 → 都営三田線の直通運転で乗換なしで行ける便利さです!

そしてなんといってもこの大会は3年生にとって最後となる大会。夏のクラブユース、通年のプリンスリーグを戦ってきたフロンターレU-18の集大成ともいえるこの大会では3年生最後ということもあり、前述の雨の中の清水戦でメンバー外の選手達が駆け付けたサポーター、保護者と一緒になって応援をするなど、チーム一丸となって戦っています。さらにU-17日本代表としてW杯を戦っていた三好康児選手もこの試合から合流する予定です。西が丘という伝統のあるスタジアムを皆さんの力で青く染め、決勝トーナメント勝ち上がりに勢いをつけるべく若きフロンターレ戦士を応援しましょう!

< 2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

過去の日記

過去の日記

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ