FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2014年11月20日(木)の日記

tag: ふろん太, イベント

多摩消防フェア&kirara@アートしんゆりイルミネーション点灯式

text by プロモ

今月の週末は大多忙なふろん太。
この日のふろん太は、朝からよみうりランドで行われている「多摩消防フェア」に出かけてゆきました。昨年はよみうりランドの駐車場内で行われていたこのイベントですが、今年は園内で開催!
よみうりランド内の「ふれあい芝生広場」で、多摩消防署の数々のブースの中にフロンターレもキックターゲットとグッズガラポンで参加させていただきました。絶好の天気に加え、よみうりランドの中での活動ということで、とてもはりきりっていたふろん太。

まずは10時の開園と同時に川崎市消防局のマスコットキャラクター「太助くん」と一緒に来場者をお出迎えしました。入口のとても目立つところで大勢の方と触れ合って満足したふろん太は、この日園内に出ている数々の消防ブースにお邪魔することに。

まず向かったのははしご車のブース。はしご車のかごに乗せていただき、署員さんと記念撮影をすることに成功! 続いて向かったのは救助工作車。有事の際のいろいろな設備を兼ね備えている消防車ともしっかり記念撮影をしていました。続いては起震車といって、荷台で地震の揺れを体験できる車のもとへ。ふろん太は果敢にも挑戦しましたが、写真を見てわかるとおり、へっぴり腰になるほど怖くなってしまいました…。

地震の怖さを実際に体験したふろん太はフロンターレのブースも出ている「ふれあい芝生広場」へ。ここでも煙がまん延したテントの中を歩き、火事の際の視界の悪さを体験する煙体験コーナーや、もしもの時にとても役に立つAED体験コーナー、実際の火を本物の消火器で消すことができる消火体験コーナーなどのブースで防災や消防の事を楽しく学びました。
フロンターレのキックターゲットやグッズガラポンも多くの人でにぎわい、先ほど出てきたはしご車で地上15mの高さまで上がることができる限定10組の方々を選抜する太助によるじゃんけん大会など、たいへんな盛り上がりで多摩消防フェアは終了しました。

こうして防災の大切さを知ったふろん太は、夕方から新百合ヶ丘で行われるkirara@アートしんゆりイルミネーション点灯式に向かいました。

多摩消防フェアから移動してきたふろん太も合流し、いよいよ新百合ヶ丘の冬の風物詩、kirara@アートしんゆりのイルミネーションの点灯式が行われます。
今年は集客プロモGの伊藤宏樹も一緒に参加しました。ヒロキがボールを蹴って的に当てると、すべてのイルミネーションにスイッチが入るという大掛かりな仕組みにチャレンジ。この大役に本人も「外したらヤバイなぁ」とかなり緊張した様子。本番前には何度もスタッフ相手に蹴る練習をしていたほどでした。今年はいろんなことにチャレンジしたヒロキでしたが、今までに見たことないほど、緊張していました。蹴る前には「現役をやめて1年になるので、外したらごめんなさい!」と初めから弱気モード。果たしてどうなるか…。

司会の方の「それでは、伊藤宏樹さん、よろしくお願いします!」の合図で、ヒロキが的に目がけて蹴ると…、見事一発で的を射ぬきました! よほど嬉しかったのか、的を射ぬいた瞬間、ヒロキが素で両手を上げて喜びを爆発させていましたよ。会場からもあたたかい拍手をいただき、本人もホッとひと安心。

何はともあれ、無事にイルミネーションは点灯されました。いざ点いてみると、すごくきれいで、鮮やかに新百合ヶ丘の駅を彩っています。バレンタインデーまで続くこのイルミネーション。新百合ヶ丘近辺にいらっしゃった時は是非ご覧ください。その時、「あ、このイルミネーションはヒロキが点けたんだ」と思っていただけたら嬉しいです。

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h