FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2014年12月04日(木)の日記

tag: 育成・普及

残留を掛けた最終節へ

text by 運営G

11月30日(日)、川崎フロンターレU-18にとって、今シーズン最後のホームゲームが等々力陸上競技場で開催されました。対戦相手は、リーグ首位のFC東京U-18。

試合序盤は拮抗した流れでしたが、22分に右サイドでボールを受けたMF三好康児がドリブル突破から、中央へ切り込み左足を振り抜いたシュートは相手GKも触ることができず、そのままゴールへと突き刺さるスーパーゴールで先制点を奪いました。先制後も手を緩めることはなく、細かいパスワークで相手自陣を切り崩すものの追加点を奪うことはできずに前半を終了します。

後半も相手を上回る運動量で、チャンスをうかがうフロンターレは、64分にカウンターで抜け出した三好が右サイドを駆け上がり、早めのクロスボールを上げると、ゴール前でFW岸晃司がダイレクトで合わせ待望の追加点! さらにその直後にも三好康児が本日2点目となるゴールを決めて3-0すると、72分にも三好康児のコーナーキックにDF板倉滉が頭で合わせ、ダメ押しの4点目を決めました。試合はそのまま4-0で終了し、来季からトップチームに昇格する三好康児の2得点2アシストという大活躍もあり、ホーム最終戦を白星で飾りました。

当日は、試合以外にも「ヒロキーをさがせ!」や「仮設メインスタンド見学会」を実施し、グッズ売店では「ヒロキーグッズの限定販売」など、場内を盛り上げようと様々なイベントを実施しました。また、U-18出身の安藤駿介選手と可児壮隆選手の二人もこの日は等々力に足を運び、後輩たちの応援だけでなく、イベントにも協力してもらい、この日の等々力には約1500人を越えるサポーターの皆さんに足を運んでいただきました。

最高の雰囲気の中、今回の試合は4-0で大勝し、残留に向けて大きな1勝をあげたことに間違いはありませんが、まだ残留が決まったわけではありません!

次節はプリンスリーグ最終戦となる横浜F・マリノスユース戦が12月7日(日)日産フィールド小机で行われます。3年生にとってはこの試合が川崎フロンターレU-18での最後の試合となります。残留を掛けた大一番で勝利をつかみ、気持ちよく3年生を送り出すとともに来シーズンもプリンスリーグで戦えるように是非、日産フィールド小机に集まって川崎フロンターレU-18を応援しましょう。

今シーズン最後の試合となりますので、是非ともご来場いただき、川崎フロターレU-18への応援よろしくお願いします。

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h