FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2014年12月23日(火)の日記

tag: イベント

フロンターレ展トークショー

text by 集客プロモG

皆さんこんにちは!
12月20日(土)から開催されている「2014川崎フロンターレ展〜ミンナノチカラ〜」へは、もうお出かけになりましたか? 今年は例年の企画展示室ではなく、アートギャラリー1・2・3を使用して開催しています。今年は昨年と比べておおよそ1.5倍のスペースなので、例年よりもゆったりとご覧いただけると思います。

さて、フロンターレ展の内容は来てのお楽しみということで、今日は初日に行なったスペシャルチャリティトークショーの模様をお届けします。例年は選手のトークショーを行っていましたが、今年はちょっと趣向を変えて、集客プロモーション部の天野部長と伊藤宏樹で行いました。
実施するまではスタッフ同士のトークショーに人が集まるのか不安でしたが、300名募集のところ、蓋を開けてみれば400名を超える応募をいただきました。ありがとうございます!!

今回のトークショーのテーマはファン感謝デーで販売した、天野部長のエッセイ「とても気が重く、とっても大切なプロモーション」をテーマに行ないました。今年もMCはスタジアムDJでお馴染みの小森すみえさん。トークショー前に控室で打合せをしたんですが…。
始まってみればなかなか打合せ通りにはいかないもので、話は脱線に次ぐ、脱線。それでも何とか小森さんに話を調整してもらいながら、トークショーは進行していきます。

初めは今年大ブレークしたヒロキーシリーズの話題。ヒロキーシリーズがどうやってできたのか? 裸になることを本人は本当はどう思っていたのか? など、ここでしか聞けない話が満載。会場からの笑いを誘っていました。
また天野部長からは、プロモーションを行なう上で気を付けていることや、退団選手のために作ってきたスペシャルVTRに込められた思いなど、こちらもここでしか聞けない話が満載でした。トークショーの最後には「スタッフにもいっていないことがあるんです」と、スタッフとしてもビックリするような話もありましたが、私たちスタッフも天野部長のアイデアをもとに皆さんを笑顔にするイベントを行っていますので、来シーズンも楽しみにしていてくださいね。

そんな約一時間の楽しいトークショーが終了し、その後は毎年恒例のサポーターが勝利を願って折ってくれた千羽鶴ならぬ、「千頭イルカ」がサポーターの清水寛一郎さんからヒロキへ贈呈されました。この千頭イルカはフロンターレ展開催期間中、展示フロアに飾ってありますので、ぜひご覧ください。

そして最後はMind-1ニッポンプロジェクトの募金活動を天野部長と伊藤宏樹で行わせていただき、たくさんの募金をしていただきました。本当にありがとうございます。この募金は今後の復興支援活動に大切に使用させていただきます。

最後に、フロンターレ展は1月12日(月・祝)まで開催しています。
12/24(水)、12/29(月)〜1/3(土)、1/5(月)は休館日となっていますので、お気を付けください。
皆さんのお越しをお待ちしております!!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h