FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2015年05月18日(月)の日記

tag: イベント

CC等々力 第5回エコ暮らしこフェア

text by 集客プロモG

5月23日(土)サガン鳥栖戦。試合前のフロンパークでは、川崎市最大級のエコイベント「第5回CC等々力エコ暮らしこフェア」を実施します!
2011年に初めて開催し、今年で5回目を数える人気&定番イベントに成長したエコ暮らしこフェア。「本当にサッカークラブが開催する規模なのか!?」とサポーターだけでなく、多くのエコ関係者も注目する29のエコPRブースが出店をいたします。

川崎フロンターレでは7年前より、川崎市、中原区、富士通株式会社の4社合同で、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の排出量を減らすための活動「Carbon Challenge(カーボンチャレンジ)等々力」(以下、CC等々力)を行っています。試合会場で、リユース食器など見たことありますよね。この活動は、「CC等々力」が中心となっているエコ活動であります。川崎市が元気で活気ある街になるよう活動をしているフロンターレですが、地球が元気な状況でなければ、川崎市を元気にすることもできません! 大袈裟なように感じるかもしれませんが、エコ活動はクラブにとっても重要なアクションだと感じています。
今回は、CC等々力の活動団体だけでなく、川崎市内の様々な企業が行っているエコ推進事業を一同に会し、エコ活動を楽しく、そして身近に感じられる参加型イベントとして開催。設置されるブースは、いつも行っているイベントのスペースをはるかに超え、等々力プールまで使っちゃいます。クラブスタッフの間で、“ミニファン感”と恐れるくらい、仕込み、準備に相当の時間を費やすイベントの紹介を簡単にしておきましょう。

エコ暮らしこフェアの会場は大きく分けて4エリアから構成されています。まずはいつもイベントが開催されている等々力プール前の広場・「フロンパークエリア」からご紹介します。ここでは7つのイベントを開催します。
このエリアは体験型アトラクションブースを豊富に揃えています。自ら体験し、楽しくエコを学ぶことができますよ。Doleの有機バナナを使ったオーガニックチョコバナナクレープや、宮前区の有限会社つかさサンプルさん協力のもと行われる「食品サンプル作り」など、毎年大人気の定番ブースに加え、今年初登場するのが、BANDAIさんご協力のもと開催する「ガンダムエコプラ教室」です!!
静岡にあるガンプラ工場で出た廃プラスティック材を使ってガンダムを作るという、ガンダム好きにはたまらないコーナーです。製作したエコガンプラはお持ち帰りできますので、家宝としてご自宅に飾ってください。
また、発砲スチロール協会さん初出展の「発砲スチロール不思議体験コーナー」もお薦めスポットです。昨年末に東京ビックサイトで開催された「エコプロダクツ」というBIGエコイベントに出展されていた発砲スチロール協会さん。視察で訪れていたクラブスタッフが発砲スチロールの特性を面白おかしく、そして分かりやすく紹介するエンターテイメント性に惚れ、出店のお声がけをさせていただきました。特に「ハッポウくん」なるお兄さんが繰り広げる来場者の皆さんとの軽快トークは必見です!

続いては、フロンパークエリアの隣にあります「環境局こどもエコパークエリア」です。ここでも親子で楽しめるイベントブースが11店も出展されます。

このエリアは川崎市環境局が窓口となって、市や関連団体が行うエコ活動のPRをおこないます。「環境局が仕切るエリア=お固い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、昨今の行政はとってもフレキシブル! エコを楽しく学べる工夫をされた出店ブースのオンパレードです。中でもかわさきエコ暮らし未来館さんが出展する「ウオールデコ作り」コーナーでは、ステンドグラス風の壁掛けインテリアを廃材を利用して製作します。
ちなみに先日、テレビ神奈川で放送中のフロンターレの応援番組「ファイト! かわさきフロンターレ」内の企画として、井川裕輔、新井章太の両選手が、このウオールデコ作りに初挑戦。インテリアに深いこだわりを持つ井川選手が作るウオールデコと、意外にも手先が結構器用な新井選手が作るウオールデコ、どちらがうまく出来上がったかは、5月22日放送のファイフロで直接ご確認ください!(番組が見れないエリアの皆さまはごめんなさい…)これら選手の作品は、当日ブースに展示してありますのでどうぞお立ち寄りください。

フロンパークエリア、子どもエコパークエリアで遊んで、少し体が熱くなってきたら、こちらに涼みに来ませんか? そこで「海・川エコエリア」です。こちらは、夏場に繁盛するスタジアム前の等々力プール敷地内に、3ブースのアトラクションをご用意しています。
毎回、大人気となるのが海洋楽研究所協力のもと行われる「エコ水中ロボット講座」。これは、イルカやクジラに扮したロボットが実際にプールを泳ぐんですが、このロボットに使用されているのは、何と廃材なんです! 実際にテレビでも多数取り上げられているので、エコ暮らしこフェアに参加したことがない方でもご存じかもしれませんが、この廃材を使って作られているエコロボット、見た目は本物のイルカやクジラよりも本物っぽい、めちゃくちゃリアルで見たら驚くこと間違いナシ! 一見の価値は大アリです!

ロボットの一方で、となりの幼児用プールにはクラブスタッフ伊藤宏樹がお届けする「ヒロキーのトレジャープール」が登場します。プールに浮かべられたゴムボールの中からヒロキーサインが書かれたスペシャルボールを探し出すという、シンプルながら意外に盛り上がるアトラクションコーナーです。見事、ヒロキーサインボールを発見したお友達には、サインボール5倍の大きさの「ヒロキーデカボール」をプレゼント! 5月といえども陽射しが厳しい今日この頃。皆さん多少濡れてもいい格好でヒロキープールにきてください。ただし、このコーナーは、小学生以下のフロンターレ後援会会員限定ですのでご注意を!

最後にご紹介するのが「中原区エコカフェエリア」です。こちらのエリアは、中原区役所が窓口となり8ブースの出展がございます
文字通りエコ暮らしこフェアのアドバルーンとなっている大人気「エコ気球」コーナーもこちらのエリアにございます。毎年毎年「大人はこの気球に乗れないのですか?」と質問をうけますが、申し訳ございません。年齢制限と言うよりは「体重制限」がございまして、35kg以下の方が対照となります。…どうしてもいう大人の方は今から猛烈ダイエットに励んでください。

今年このエリアに新たに加わったのは、東京ガス川崎支店さんご協力の「廃ガス管を活用した万華鏡づくりコーナー」です。廃棄されるポリエチレン廃ガス管を再利用して手作り万華鏡を作ってしまおうという、何とも遊び心のあるアトラクションです。子どもの頃はよく覗いたり身近にあった万華鏡ですが、大人になるとなかなか触れる機会ってないものですよね。年齢制限のないコーナーですので、お子様だけでなく、大人の方も童心に帰って参加されてみてはいかがでしょうか。

この他のブースも細かく紹介したいのですが、見所がありすぎて切りがありませんのでこの辺で。
あとは、23日の当日、ご自身で会場を散策し、エコを楽しく学んでください!みんなが住む地球、そして川崎を少しでも住みやすい場所にできるヒントがたくさん詰まっています。
アトラクションへの参加は、参加無料のものと、有料(参加券購入が必要)なものがございます。また、有料なものも、フロンターレ後援会に入会していると大変お安く参加できますので、これを機会にフロンターレ後援会へのご入会よろしくお願いいたします。
イベントスタートは、通常イベント時間よりも30分早い、キックオフ4時間前の15:00。イベント詳細はフロンターレHPにてご確認ください。有料無料問わず、参加券の配布、販売は14:30から各ブースで行います。当日のみなさんのご来場、心よりお待ちしています!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h