FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年09月17日(土)の日記

tag: イベント, 川崎, 等々力

中原親子サッカー教室

text by 集客プロモG

アビスパ福岡戦に見事勝利し、首位を堅持した翌日には等々力陸上競技場で毎年恒例「中原親子サッカードリーム教室」が開催されました。

この親子サッカー教室は、地域や親子の交流機会の創出及び元気のあるまちづくりを推進するために川崎フロンターレ、中原区役所、そして中原区を拠点としている団体である川崎フロンターレ中原アシストクラブが主導のもと、中原区在住又は在学の小学生たちにプロサッカー選手と交流をして夢を大きく持ってもらおうと等々力陸上競技場がある中原区ならではのイベントです。サッカー教室の他に、選手のトークイベントや等々力陸上競技場のスタジアムツアーを実施して地元のスポーツ施設を身近に感じてもらう目的で皆さんに一日楽しんでもらえる内容になっています。

心配された当日の天候ですが中原区民の皆さんの願いが通じたのか、ほとんど雨は降ることなくそして真夏のような暑さもなく、運動するにはもってこいの絶好のスポーツ日和となりました。そして中原区の鈴木区長、川崎フロンターレの藁科社長、川崎フロンターレ中原アシストクラブの藤本会長の挨拶のあと、いよいよイベントのスタートです。

まずはこの日の目玉企画、選手による「スペシャルトークショー」が開催されました。今年はイガ(井川祐輔)とヨシヒロ(中野嘉大)が参加。自虐ネタや時折ボケを織り交ぜるベテランらしい味のあるトークで盛り上げるイガとそのイガに全く流されずいつも通り飄々とマイペースに喋るヨシヒロのトークに会場は大盛り上がり!!特に「優勝したらボーナスは貰えますか?」という質問に対し「貰えなきゃダメでしょ!!ね、社長?」と近くで観覧していた社長に問いかけたイガと「まずは優勝できるように頑張ります、そのあとは…」とチラッと社長の顔色を伺うヨシヒロの姿に会場は大爆笑でした。これには藁科社長もタジタジでしたよ(笑)ただこれだけではありません、2人はしっかり真面目な回答もしていたのでご安心を!

「サッカーを嫌いになったことはありますか?」「どうやったら体力がつきますか?」「勉強は好きでしたか?」など子ども達からの質問に対して、1つ1つ丁寧に子どもたちに伝える2人の姿には感動いたしました。子ども達にもしっかり伝わったはずです。さらに「リフティングが上手くなるコツはありますか?」という質問ではヨシヒロが「毎日毎日量をこなすことが本当に大事、練習は嘘をつかないです」とコメントし、保護者の方から「子どもが早速練習する!と言って意欲的になりました。中野選手の言葉が響いたみたいです。」と帰り間際にスタッフへ伝えに来てくれました。このイベントの名前通り子ども達に「夢」を与えられたのではないでしょうか。イガ、ヨシヒロお疲れ様でした!!

トークショーが終り、いよいよ選手が試合で使っているピッチでのサッカー教室がスタート。ピッチに入る前では、イガとヨシヒロが全員とハイタッチをしてピッチに送り出すサプライズもあり、子ども達のテンションも上がりっぱなしでしたよ。でもサッカー教室をふっと見ていると何気にお父さんたちが一番楽しそうにしている姿が多く見受けられ、スポーツは誰もが楽しめるものと再認識させられた一面もあり、全体的にみんなが笑顔で盛り上がっていました。

このイベントはサッカー教室のみならず、サッカーアトラクションに参加できるのも魅力のひとつ。昨年度は雨で残念ながら縮小開催になってしまいましたが、今年はなんとか晴れて、ピッチレベルのゴール裏スペースで実施。なお今回はイケメンダンク、ファンタジスタ、そしてホールインワンサッカーの3つのアトラクションが行われました。イケメンダンクは手を使ってシュートするので、男の子も女の子も本当に小さいお子さままで参加して下さりました。ファンタジスタは、いわゆるキックターゲットなのですが、なかなかシュートが枠に入らず、「入るまで何回もやってやる!」と何回もチャレンジしている子もいました!そして、ホールインワンサッカーは、ボールを蹴ってホールインを目指すのですが、これがかなり高めの難易度だったのか苦戦する方が続出していました!「普段のゴルフだったら得意なのにな〜」と語るお父さんや、1発でホールインワンを決めるお子さまも現れるなど大変盛り上がっていましたよ!そして皆さん、景品のトレカを見事ゲットして大満足のご様子で幕を閉じました!

そしてもう一つの企画、今年も大盛況だったスタジアムツアー。川崎フロンターレ中原アシストクラブを中心に、メインスタンド内の室内練習場、ロッカールーム、6階テラスシート、2階プレミアムラウンジを解放。普段知ることのできないスタジアムの裏側を紹介しました!室内練習場では選手になりきるかのように体を動かし、ロッカールームでは実際に腰掛け、試合前の選手の様子を肌で感じることができました‼︎6階のテラスシートからはあいにくの天気で遠くの街並みまで見ることはできませんでしたが、ピッチを見下ろすその絶景に「すごい‼︎」「こんなに等々力は綺麗だったのか」との声が多数聞こえました!

途中にはふろん太やカブレラも遊びに来てくれ、回り終わった方々の「来年も来たい!」の声や笑顔が見られました。

こうしてけが人もなく、終わった今年の中原親子サッカードリーム教室。初めて等々力に来る方も多く見受けられたので、次はフロンターレの試合に来てくれれば、サポーターの応援を目のあたりにすれば、また違った等々力陸上競技場を見て気持ちが昂るはず。次は川崎フロンターレのホームゲームでお会いできたら幸いです。選手、スタッフ一同でお待ちしています!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h