FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年10月07日(金)の日記

tag: 応援番組

応援番組

text by イルヴィン・コージ&栗原治久&木村朱美&阿井莉沙&高木聖佳

本日は応援番組のご案内です!

まずは、かわさきFMのIrving Koji「イルヴィン・コージ」さんから!

フロンターレサポーターの皆さん、こんにちは!
Irving Kojiです。

ヴィッセル神戸とのアウェイ戦は、多くのサポーターが駆けつけ素晴らしい雰囲気の中での一戦でしたが、残念ながら望んだ結果とはなりませんでした。
この結果を受けとめ、それをどう乗り越え、進化していくのか。
もう一段階上のレベルへ!!
VAMOS!!川崎フロンターレ!!

今週の放送は、W杯ロシア大会アジア最終予選の日本代表メンバーに選出された小林悠、大島僚太 両選手の活躍を願って「VAMOS!悠!VAMOS!僚太!」と題し、今季等々力であげたゴールシーン、インタビューを振り返るほか、内容盛りだくさんでお届けします!
お楽しみに~!

『VAMOS!川崎フロンターレ』
毎週 日曜日10:00~11:00 / 再放送 毎週 月曜日 22:00~23:00

番組へのリクエスト、応援メッセージを募集しています!
FAX 044-711-1400 または Eメール kcity@kawasakifm.co.jp 宛にお送りください。
沢山のお便りをお待ちしております!!
また、PCやスマートフォンでも「かわさきFM」をお聴きいただけます。
詳細は、かわさきFM ホームページをご覧ください。

「Vamos!川崎フロンターレ」 パーソナリティ イルヴィン・コージ

続いては、『FMヨコハマDJの栗原治久さん!

今週の番組ではクラブスタッフの井上剛さんにご出演いただき一緒にチームの現状把握をしましたが「やはり年間2位となったのは悔しい」という思いは一緒でした。

さらに残りの3試合の対戦カードは広島・鹿島・G大阪と強豪ばかり、身震いするほどの手ごわい相手です。何とか乗り切ってほしい!

一方で、冷静に考えてみればチームは年間3位以内を確定させておりチャンピオンシップには間違いなく出場できるのです。この際、最後まで連勝してもらって、チャンピオンシップ優勝という最高峰までいきましょう!

栗原治久(FMヨコハマDJ / 個人公式サイト
FMヨコハマ「おはよう!フロンターレ」は毎週火曜日、朝8:15からOA中!
周波数:横浜 84.7MHz / 小田原 80.4MHz / 磯子 87.0MHz
PC・スマホでもラジオを聞くことができます⇒radiko
FMヨコハマMORNING STEPS ブログ

FMヨコハマDJ 栗原治久

続いては、ファイフロMCの木村朱美さんから!

みなさん、こんにちは!木村朱美です。今夜放送のファイフロでは、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第14節vsヴィッセル神戸のダイジェスト他、その翌日に開催されたニフティpresents「川崎フロンターレ20周年記念トークイベント」の模様を中心にお届けします。

2日に行われたニフティpresents「川崎フロンターレ20周年記念トークイベント」今回は、事前申込制の100名限定でのご招待イベントだったのですが、会場の外に開場前から列が出来ており、中には前日の神戸戦をスタジアムで観戦し、朝一番で神戸を出てこのト ークイベントに駆けつけてくれたサポーターの方もいらっしゃいました☆

会場内には、ニフティさんのご好意で飲食も用意され、さらに開場後~開演直前までの一時間の間にはサポーターのみなさんが選んだ過去のベストゲームの名場面シーンが上映されるなど、終始ステージから目が離せないイベントだったように思います(*^^*)そしてイベントがスタートし、当初予定されていたゲストの天野さんと宏樹さんに加え、スペシャルゲストとして井川選手と登里選手が登場するとサポーターのみなさんのテンションも一気に上がり、盛り上がっていました☆この4名が集まればとにかく話す話す!笑

イベントスタート前に、この日MCを務めていらっしゃったフロンターレのホームゲーム時に等々力でスタジアムDJを務めていらっしゃる小森すみ恵さんの「この4人が集まったら話しが途切れる心配はないけど…私が入る間あるかな」と呟く声に「確かに!」と思いながらも不覚にも笑ってしまった私…笑
小森さんの予想は見事に的中し、およそ2時間に及んだトークショーの中で10分間の休憩時間を除き、話しが途切れることは一度もなかったです(笑)

真面目な話しの時には、ちょっぴりしんみりした場面もありましたが、これまでの試合やイベントの裏話などが盛り込まれたトークショーは、サポーターの皆さんにとってとても楽しい時間だったようで、会場は終始笑顔と笑い声に包まれていました。私自身も、引き込まれるように夢中になって聞いていた数あるお話しの中でも特に印象的だったお話しがあります。

トークショーが終盤に差し掛かった頃に、天野さんがこれまで行ってきた数々のプロモーション活動について「10年前大変だと思ってやっていたことが、10年経ったいま小さく感じる。だからきっと10年後にはいま大変だったことが小さく感じるようになるんだと思う。そう思っていけるように。その中で、この先どんなにクラブが大きくなっても距離感を大切に、チームやサポーター、市民のみなさん、地域の協力で一緒につくっていくスタンスを忘れてはいけない。フロンターレらしさを軸にみんなで理解しあっていくことを、この先も大切にしていきたい。その為に、クラブとして昔からいる選手が入ってくる選手に"いまクラブがやっていることの大切さを言い切って、伝えていくことも大事。それをどんどん繋げていかなきゃいけない"と、おっしゃっていた言葉がとても印象的でした。

積み上げたその先にあるもの…10年後迎える30周年。「自分たち次第でどうにでもなる」とおっしゃっていた宏樹さん。日頃から、沢山のクラブスタッフさんとお話しさせて頂いている時、他愛ない会話からでもみなさんがクラブとして大切にしていることをぶらさず念頭に同じ気持ちをもって、取り組んでいることを感じる機会も多々あるので、みんなの思い描く未来が形になるように、そしてこれから先のフロンターレの未来がより一層輝かしいものとなって、いま以上に多くの方に笑顔を届けていけるクラブになっていってくれたらいいなと思いました。

また、来年1月の新体制発表会見を境におよそ4年間、2020年東京オリンピック組織委員会への出向が決まった天野さんは、これまでにも二度オリンピックに携わるお仕事をしてきたそうで、東京でオリンピックが開催されることが決まった瞬間、"必ずまたやりたい!"と思ったそう。

その気持ちがある反面で、フロンターレを離れることに悩んだそうですが「フロンターレがこの先のびていくクラブになる為には、スタッフの成長も必要で色んな経験を積みたい」という気持ちも強まり、最終的には決断したことをお話しして下さいました。

だからこそ、一度クラブを離れる前に長年一緒にやってきた宏樹さんや憲剛さん、そして井川選手や登里選手、色んな時のチームを知ってる今のメンバーが揃っているフロンターレで一緒にタイトルをとりたい気持ちが強く、今年にかける想いが大きいことも語って下さいました。今年にかける想いの強さは、きっとクラブスタッフさんを始め、サポーターのみなさんやフロンターレに関わる全ての方にとっても同じ気持ちだと思います☆シーズン終了後、今年こそみんなで最高の笑顔でいられることを切に願いたいです(*^ ^*)

今週末、来週とフロンターレの公式戦はお休みですが、この中断期間にしっかりエネルギーを溜めて、リーグ戦再開後またみんなで一体となって戦っていきましょう!
引き続き熱く、そして温かな声援を宜しくお願いします☆

ファイト!川崎フロンターレはtvk(テレビ神奈川)で毎週金曜日午後22時30分から放送です!
番組公式HP「http://www.tvk-yokohama.com/frontale/」・Twitter「@tvk_frontale」もよろしくね!

告知VTRはこちら

「ファイト!川崎フロンターレ」MC 木村朱美

続いては、スキフロMCの阿井莉沙さんから!

みなさんこんにちは!阿井莉沙です。

今週のスキフロは、久々のフロンターレトークをお届けします!今回は奈良竜樹選手、原川力選手とサッカーからプライベートなお話までたっぷりお聞きしました!

スキフロでも、お二人にゆっくりとお話を聞くのは初めてだったのですが、プライベートでも家族ぐるみで仲良しなお二人ということもあり、色々な素顔を見ることができた気がします!

フロンターレに加入する以前から、世代別代表で一緒にプレーをされていたという事で、お互いの印象についてや、フロンターレにはお二人と同世代の選手がたくさんいる!という話題の中では、エドゥアルド選手は同世代には見えない!とおっしゃっていました。笑
確かにブラジル人選手のみなさんは、みんな大人っぽいですよね!!私も皆さんを見ていて、貫禄がありすぎていまだに自分より年下だとは思えないです。笑

さらにもうシーズン終盤!という事で、少し早いですが今シーズンを振り返って頂きました。お二人それぞれが、とても濃厚な激動のシーズンを過ごされているように思います。
そんな中で、感じる想いや、理想のサッカー選手像、上を目指す強い気持ちを感じることができるお話をたくさんお聞きできました!!

しっかりと自分の今と向き合い、挑み続けるお二人の今後の活躍がこのフロンターレトークでのお話しを通して、さらに高まりました!

プライベートに迫るお話も沢山していただき、かなり意外なお二人の素顔が見る事が出来ました!プライベートトークはさらに次週後編としてお届けします!

チームは、神戸戦では非常に悔しい敗戦となりました。今シーズン、リーグ戦も残り少ない中、どのチームもタイトルに向けて必死で戦ってくると思います。その周りのチームの気持ちに上回る熱い気持ちと勢い、そしてフロンターレの強みでもある一体感を忘れずに!最後まで、ひとつひとつの試合で勝利を勝ち取っていけるよう、戦っていきましょう!!

○iTSCOM(金曜日更新)11ch
金 16:00~(更新回)、22:00~
土 10:30~、15:00~
日 9:00~、21:30~
月 13:00~
火 20:30~、22:30~
水 8:00~、16:00~
木 22:00~

○YOUテレビ 月~木 18:30~(月曜日更新)

○ジェイコムイースト(日曜日更新)
日 9:00~、月 24:30~、火 11:00~

○YCV(月曜日更新)
月 16:30~、水 21:30~

スキフロはツイッターもやってます! フォローお願いします。「@sukifro
スキフロHP http://www.itscom.net/526

「Suki Sukiフロンターレ」MC 阿井莉沙

最後は、FMサルースのパーソナリティ高木聖佳さんから!

こんにちは!
高木聖佳です。

先週の神戸戦は本当に残念でした。。。
が!
まだまだシーズンの戦いは終わっていません。
もちろん、まだまだセカンド優勝、そして年間一位の可能性はたーっぷりあります!
私たちはまた新たな気持ちで、中断明けのリスタートを楽しみにしたいと思います♪

さて、神戸戦のあと、チームは4連休。
選手の皆さんはゆっくりリフレッシュ過ごされたことでしょうー。
でも、今週のミューフロの生放送日はその4連休の最終日。
これはゲストは無しかなーと思っていたのですが、

オフを返上して、来てくれました!!
我らがアンちゃん★安藤駿介選手!!

オフにすみませんー、と言うと、「いやいや、番組、楽しいからいいですよー」と爽やかに言ってくれました。
本当は奥様とゆっくり過ごすはずの日に、ありがたいです。

そんな安藤選手には、チームのこと、ユースのことなど、いつも通りいろーんな話をして頂きました。
もちろん、質問にもたくさん答えてくれえますよ。
お話ももちろん楽しいんですが、安藤選手のトーク、すごく聞きやすいんです。
声が癒されるのかな?
再放送は金曜日の夜なので、眠る前に聞いても心地よくなれるかもしれません。笑

そして今週は急遽プレゼントも用意しましたよー!
是非、再放送をチェックしてくださいね。
ご応募お待ちしています!

FMサルースは…
FMサルースのHPから「インターネットでFMサルースを聴こう!」のバナーからSimmlRadioをクリック!SimmlRadioトップページから「関東地区」を選び「FM Salus」の「アイコン」クリックしてください。

またFMサルースのHP「http://www.fm-salus.jp/」トップからUstream画面をクリック
 または直接 http://www.ustream.tv/channel/fmsalus へアクセスしていただくとスタジオ内の様子がご覧いただけます。

※金曜日(23:00-24:00)の再放送は、映像は配信しておりませんのでご注意ください。

☆イッツコムアプリ「LiDi」で選手登場回の動画配信中!!
ミュージックフロンティアで選手をゲストにお迎えした回は、イッツコムのアプリ「LiDi」で番組動画を配信しています!聴き逃した方もこれで安心!
是非、ダウンロードしてお楽しみください☆

ダウンロードはこちらから!

「Music Frontier」パーソナリティ 高木聖佳

選手の素顔見てみない? フロンターレのレアなトピックも満載!!応援番組のご紹介

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h