FRONTALE DIARYフロンターレ日記

2/12 (日) 2017

カテゴリー:

第2回ゴールド会員センテー(選定)試験

text by

後援会

カテゴリー:

フロンターレの2017年公式戦初戦となるACL水原三星戦まで3週間を切った、2月5日(日)。等々力陸上競技場のすぐお隣、会館とどろきで「第2回ゴールド会員センテー(選定)試験」を実施しました。オフ期間中の貴重な週末にもかかわらず、79名の受験者の皆さんに朝10時前から集まっていただきました。

2016年のクラブ創立20周年を機に、10年以上継続して入会した方にシルバー会員証、20年以上継続して入会した方にゴールド会員証の発行を開始しましたが、「川崎フロンターレ後援会」が発足したのは2000年。1997年から2002年までは、クラブが運営する「川崎フロンターレサポーターズクラブ」「川崎フロンターレファンクラブ」という別のファンクラブが存在していて、当時の会員データが残っていない… ということで、当時の会員証がない方に、1997年から入会していることをどうやって証明してもらうかと考えたのが、この「ゴールド会員センテー(選定)試験」。

昨年は92名が受験し、80点以上の合格者がわずか3名という超難関試験となりましたが、100問の問題を考えるほうも思った以上の難しさ。試験が終わった後は何とも言えない解放感に包まれましたが、直後から「来年こそ合格目指して頑張ります」「第2回も楽しみにしてます」との声をクラブ内外からもらい、「あっ、これはもうやるしかないんだな」と覚悟を決めた担当スタッフ。しかし、当然第1回と同じ問題を出すわけにもいかず、1998年から2006年までのフロンターレを題材に、新たに100問を考えることに。そのために考えついたのは「ゴールド会員になるための試験問題は、ゴールド会員の皆さんに考えてもらおう!」というシンプルな結論。第1回センテー試験合格者に加えて、1997年・1998年当時の会員証をご提示いただいた148人のゴールド会員の皆さんに協力をお願いしたところ、問題案や当時の貴重な資料が続々と後援会に寄せられ、無事に新たな100問の問題が完成しました。

試験当日、受付開始後に自分の席に着く受験者の皆さんに漂う緊張感。人は「試験」を目の前にすると、いくつになっても緊張するんでしょうか。そういえば昨年の第1回の会場もこんな雰囲気だったな、と思いながら、過去問や自作の資料で最後の追い込みをしている皆さんの様子を見ていました。少しは会場の雰囲気を柔らかくしようと、先生風のケンゴのパネルと教卓を持ち込んでいたのですが、皆さんの目には入っていなかったかもしれませんね。60分の試験時間中の皆さんの表情は真剣そのもの。フロンターレのイベントでこんなに笑顔がないのは他にない、いやあっては困るんですが、こちらの企画にサポーターの皆さんが真正面から向き合ってくれているという意味では、これもフロンターレらしさなのかな、と感じました。

第1回と第2回の問題はそれぞれこちらからご覧いただけますので、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。第2回の解答と合格者は後日あらためて発表しますので、こちらもお楽しみに!

第1回ゴールド会員センテー(選定)試験(問題と解答)
第2回ゴールド会員センテー(選定)試験(問題)

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-04

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ