FRONTALE DIARYフロンターレ日記

2/20 (月) 2017

カテゴリー:

KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017、開催します!

text by

富士通スタジアム川崎スタッフ

カテゴリー:

2016年度も残すところ、約1ヶ月となりました。富士通スタジアム川崎は、今年度も様々なイベントを行ってきました。しかし、年度末が近づいても、まだまだイベントは開催されます。タイトルをご覧いただきお分かりの通り、今年度も「KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017」が3月25日(土)、26日(日)富士通スタジアム川崎で開催されます。

この大会は、全国を北日本、東日本、西日本の3ブロックに分けて行われてきた「地域リーグ」を勝ち抜いた強豪チームが一堂に集結し、真の日本No.1クラブチームを決定する大会です。
参加チームには、新潟フェニックスファイヤーズ(北日本リーグ1位)、 たまハッサーズ(東日本リーグ1位/昨年優勝)、 Avanzareつくば(東日本リーグ2位/昨年準優勝) 、ラッキーストライカーズ福岡(西日本リーグ1位)、ブラジル代表(海外招聘チーム/世界ランク1位) 認定カップ最上位チーム、予選突破チームが参戦します。
強豪がひしめく中でも、大注目を浴びているチームはブラジル代表。リオパラリンピックで優勝し、パラリンピック4連覇中の世界ランク1位ブラジル代表が満を持して、今大会に出場します。(前回は2013年大会に出場)
クラブ日本一の座をかけて、日本勢が絶対的王者であるブラジル代表にどのように立ち向かっていくのか期待が高まりますね。競技の特性上、声援や大きな音を出せない中でも、コートを覆う看板の後ろから観戦できるため、他のスポーツ以上に臨場感を楽しめます。観るものを熱くする選手たちの気迫の入ったプレイの数々。皆様、そんな熱い戦いをお見逃しなく!!

そして、障がい者サッカーという切り口で富士通スタジアム川崎を見てみると、
最近では、2月4日(土)に「ソーシャルフットボール体験会」が開催され、これまでにも「KPMGブラインドサッカークラブチャンピオンシップ2016」、「第6回日本アンプティサッカー選手権大会2016」が行われました。さらに、一般社団法人パラSCエスペランサ(川崎市)が運営する放課後支援教室「エスペランサNEXT」では「障がいがある子ども」「発達に課題がある子ども」を対象としたサッカー教室が、定期的に当施設にて開催されています。
詳しくはこちら

障がい者サッカーには、特定非営利活動法人 日本アンプティサッカー協会、一般社団法人 日本CPサッカー協会、特定非営利活動法人 日本ソーシャルフットボール協会、特定非営利活動法人 日本知的障がい者サッカー連盟、一般社団法人 日本電動車椅子サッカー協会、特定非営利活動法人 日本ブラインドサッカー協会、一般社団法人 日本ろう者サッカー協会の7つの団体があります。

そのなかで、すでに4つの障がい者サッカー団体様に富士通スタジアム川崎を御利用いただいている実績があり、これからも障がい者サッカーの利用が増えていくと思われます。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づくにつれ注目度が高まるオリンピック・パラリンピックの各競技。この機会にパラリンピック競技である「ブラインドサッカー」を観戦してみるのはいかがでしょうか? みなさまのご来場をお待ちしております!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-04

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h