FRONTALE DIARYフロンターレ日記

6/ 7 (水) 2017

カテゴリー:

等々力をスポーツの聖地に!

text by

等々力プロジェクト

カテゴリー:

5月28日(日)、等々力陸上競技場メインスタンドのラウンジにおいて、「等々力をスポーツの聖地に!」に関するシンポジウムが開催されました。
このシンポジウムは、2015年に川崎市民の熱い願いを川崎市が叶えてくれて、堂々完成した新メインスタンドの改築から2年が経過し、いよいよサイドスタンド、バックスタンドも改修を推進する気運が高くなってきたことを受け、「オール川崎で等々力のあり方を皆で考えていこうではありませんか」ということで開催されました。

クラブ特命大使の中西哲生さんが総合司会を引き受けてくださり、当日は、まず等々力陸上競技場の全面改修を推進する会の斎藤文夫会長のご挨拶、そして、このシンポジウムの後援をしてくれました福田紀彦川崎市長のご挨拶でキックオフしました。

基調講演は、何とJリーグの村井満チェアマンが受けてくださり、世界のスタジアムの事例を紹介してくださりながら、等々力の素晴らしさ、川崎フロンターレの可能性をお話くださいました。お忙しい中快くこの講演を引き受けてくださった村井チェアマン、ありがとうございました!! さらに、クラブを代表して川崎フロンターレ藁科社長が登壇。「歴史の経緯から、多摩川を挟んだ武蔵の国一体で等々力を盛り上げても面白いんじゃないか」など等々力陸上競技場を中心に近隣住民の方を幸せにできる等々力が持つ力を話していました。そして等々力がこんな感じだったらとっても素敵で楽しいのではというイメージ絵も披露していました。

その後、川崎市のスポーツ団体を代表して川崎市スポーツ協会齋藤義晴会長からご挨拶を頂戴し、第2部がスタート! まずは、等々力陸上競技場の全面改修を推進する会紀中靖雄事務局長がパネリストトークに登場し、「みんなで等々力を平日から賑わいある魅力ある場所にしたいですね」と言ったお話をされました。また、女性目線からの等々力のお話をということで、SukiSukiフロンターレMCの阿井莉沙さんが登場し、「朝、昼、そして夜と女性も一日リラックスできて楽しめる等々力になったらいいな~」とおしゃれで素敵な話をしてくれました。最後に、今日本国としてスポーツ産業の成長に力を入れていくということで、スポーツ庁松山大貴さんにもご登壇いただき、国の政策方針をお話いただきました。特筆すべきは、スポーツ庁の方が「等々力はものすごいポテンシャルを持っている場所。応援させていただきたい。等々力で失敗してしまうと、政府として言っているコンセプトも失敗になるんじゃないかというくらい」と熱弁してくださったこと。それくらい、等々力は大注目なんですね!

このシンポジウム、何と250名もの方が参加くださり、等々力の未来、「等々力をスポーツの聖地に!」という気持ちの熱さを大変感じた一日となりました。
今後も引き続き、等々力の将来について、等々力緑地に関わる多くの方々との意見交換会が開かれていくと思われます。ぜひ皆でより良い等々力を作っていこうではありませんか。ご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-06

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h