FRONTALE DIARYフロンターレ日記

7/ 2 (日) 2017

カテゴリー:

多摩川クラシックコンサート

text by

集客プロモG

カテゴリー:

この名前を見て「また、ダジャレね」と、反応したアナタ! ありがとうございます(笑)
でも中身は骨太で大真面目なイベントなんです! 今回で30回目を迎えるFC東京との「多摩川クラシコ」は8月5日(土)に行なわれますが、その30回記念イベント「多摩川クラシックコンサート」が7月16日(日)に実施されます。
ちなみに多摩川クラシコの記念イベントは過去20回目のときにもクラシコナイトというイベントが行なわれています。ライブ&トークショーが夜な夜な続き、そのまま朝を迎え、イベント会場から試合会場に向かったサポーターも多数いた?! という熱いイベントでした(笑)

今回は、多摩川クラシコの歴史に触れられることをキーワードに、FC東京と打ち合わせを重ね企画したのがこの「多摩川クラシックコンサート」です!
まず会場は、多摩川浅間神社さんです。この神社は、多摩川クラシコ命名の記者発表し、その後に行なわれたアウェイ多摩川クラシコの際、必勝祈願をしてくれました。結果は、7-0でフロンターレが大勝した縁起のいい神社です! ロケーションも素晴らしく、境内の横に多摩川を一望できる展望台があり、等々力陸上競技場、武蔵小杉のマンション郡も見ることができるまさに“多摩川クラシコ”にぴったりの会場となっています。

内容ですが、まず多摩川クラシコのアンセムを今年の新体制発表会見でもお世話になっている昭和音楽大さんが特別編曲を施し、ここでしか聴けないプレミアムコンサートを開催してくれます。この企画を昭和音大さんに相談すると早速、会場を下見したいと。会場の仕様を見て演奏の編成や曲調を考える本気モードで、担当スタッフが、その入れ込みようにたじろいたほど。けっして広大でない会場をくまなく、見回し、意見交換してると3時間以上の下見になっていました(笑)この打ち合わせをもとにアンセムを楽譜から起こし、野外でも綺麗に音色が聞こえるように、神社の雰囲気にもマッチするようにと金管五重奏をチョイスしてくれました! 演奏する場所は境内の横にある神楽殿なので、演奏される非日常感MAXのコンサートになること間違いなしです!

演奏の後に行なわれるのは、今まで繰り広げられた激動の多摩川クラシコから現在の両チーム事情まで余すことなく語れる唯一の男たち、川崎フロンターレスカウト伊藤宏樹とFC東京スカウト宮沢正史が、30回記念イベントに緊急参戦! 同期であり、現在の役職も同じの二人がバチバチの多摩川クラシコトークバトルを繰り広げます。
クラシコに懸ける選手たちの意気込みから今までのクラシコで語られなかった秘話も飛び出すかも?! 加えて宮沢さんは、中央大出身でケンゴの先輩にあたる人。そんなフロンターレ絡みの裏話をヒロキも交えて盛り上がるであろうスペシャルトークバトルは必見です!

最後は、浅間神社さんがご好意で行なっていただける必勝祈願。お知らせでも書きましたが、FC東京の皆さんと合同です(笑)神のみぞ知る試合結果です。自チームの勝利を手繰り寄せられるよう念を強くして祈願しましょう。「でもどっちかしか勝てないじゃん(笑)」は言いっこなしでお願いしますね!!
この「多摩川クラシックコンサート」は、事前募集になっていますので応募はコチラからになります。30回を祝う記念イベント是非、お越しください!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-07

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h