FRONTALE DIARYフロンターレ日記

9/21 (木) 2017

カテゴリー:

ベトナムフェスタin神奈川2017

text by

事業推進部

カテゴリー:

9/16(土)、17(日)の2日間、神奈川県が主体となって開催される「ベトナムフェスタin神奈川2017」に参加してきました。このイベントは2015年より開催され、今回で3回目。神奈川県とベトナム両地域のさらなる交流への想いを込めて開催されています。
ベトナムフェスタにフロンターレが参加したのは今回が初めて。なぜフロンターレが参加したかというと、アジアでの活動の一環として、ベトナムでのサッカーを通した活動を継続して行っているから。神奈川県の国際課の方とお話しする機会があり、その中でベトナムフェスタの開催を知り、今回フロンターレも参加することになりました。

フロンターレのベトナムでの活動がスタートしたのは2013年。オフィシャルスポンサーである東急電鉄様からお話をいただき、日越友好40周年記念事業として実施された「東急ビンズンガーデンシティカップ2013」に招待され、トップチームがビンズンFCとの国際親善試合を行って以来、ビンズンFCとの交流は続いています。2014年からはフロンターレのU-13がベトナム遠征を行い、ビンズンFCのU-13・U-15との親善試合を実施しています。また、国際交流基金アジアセンターとJリーグが連携して行っている指導者派遣プログラムのほか、ベトナムの子どもたち向けのサッカー教室もホーチミン市郊外のビンズン省やベトナム中部の都市、ダナン市で開催しています。

さて、今回のベトナムフェスタでは、フロンターレのこれまでのベトナムでの活動紹介ブースの設置、アトラクションとしてキックターゲットの実施、「マスコットキャラクターを探せ」というイベントにてふろん太の参加、ベトナムの伝統的スポーツであるダーカウ体験会を行いました。

ベトナムでの活動紹介ブースでは写真を中心に展示。フロンターレがベトナムで活動していることを知らない方も多く、クラブの海外での活動を知っていただく貴重な機会となりました。「マスコットキャラクターを探せ」では、神奈川県内の各自治体やベトナムフェスタへの協賛企業のマスコットが多数参加。ふろん太も参加し、来場者の皆さまと触れ合いました。

象の鼻パークで実施したリフティング講座&ダーカウ体験会では、フロンターレの普及・スクールコーチがサッカーボールはもちろん、ベトナムの伝統的スポーツであるダーカウでのリフティングを披露。ダーカウはバトミントンのシャトルのような形状で、実際やってみるとなかなか難しいのです。コーチたちも感覚をつかむまでは悪戦苦闘。リフティングのトレーニングとして採用するのも面白いかもしれません。

また、ベトナムフェスタには多くのベトナム人も来場していました。ベトナムではサッカーは一番人気のスポーツ。フロンターレがベトナムで継続して活動している神奈川県のサッカークラブである、ということをベトナムの方々にも知っていただく機会となりました。

2日目はあいにくの天候で時間を大幅に短縮しての開催となりましたが、ブースにお越しいただいた皆さま、ありがとうございました。これからもフロンターレはベトナムでの活動を継続していきます。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-09

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h