FRONTALE DIARYフロンターレ日記

1/ 6 (土) 2018

カテゴリー:

富士通スタジアム川崎より新年のご挨拶

text by

富士通スタジアム川崎スタッフ

カテゴリー:

新年あけましておめでとうございます。

2015 年4月1日に「富士見公園南側」及び「富士通スタジアム川崎」の指定管理業務を川崎フロンターレがスタートさせて間も無く三年が経ちます。三年目の2017年も多くの市民の皆様にご来場、ご利用いただく事が出来ました。
本当にありがとうございました。スタッフ一同、改めて御礼申し上げます。

先日の「日記」に掲載された「年末のご挨拶」で「富士通スタジアム川崎」の三年目を簡単に振り返りました。本当にたくさんのスポーツの大会やイベントが実施されました。そのどれもが多くの人々の熱い思い入れに支えられ実現したことを我々スタッフも改めて実感させていただきました。

指定管理四年目となる2018年も指定管理者が“川崎フロンターレだからこそ可能”な、「賑わい」、「市民の皆様への還元」を目指し続けます。川崎フロンターレなら可能なはずです。

2018年もよろしくお願いいたします。

2018年の富士通スタジアム川崎の最初のビッグイベントは1月7日(土)「第7回 ニューイヤーボウル」です。「ニューイヤーボウル」は、高校アメリカンフットボール界(2年生)によるオールスター戦です。全国から選ばれた選手達が都府県別に東西に分かれ対戦します。毎年、関東と関西で入れ替わり開催されており、今年、富士通スタジアム川崎に戻って来ました。アメリカンフットボール高校年代の最高峰の試合を是非ご観戦ください。

その翌週、立て続けに開催されるビッグイベントが、1月14日(日)「カレッジボウル2018川崎」です。

こちらは大学アメリカンフットボール界の関東1部TOP8、BIG8、地域連盟等を中心とした選抜チーム同士の戦いです。2017シーズンの関東大学リーグを制した日本大学や、最後まで覇権を争った早稲田大学、法政大学、中央大学等の強豪から多くの選手が出場します。また、普段はあまり目にすることが出来ない地域から選抜された選手達を見ることが出来る貴重な機会です。試合前日には一般公開練習を行い、公開練習後には選手達と観客席にご来場の皆様の集合写真撮影会もあります。大学アメリカンフットボール界のトップ選手達による試合を観戦出来る貴重な機会です。

「アメリカンフットボールを活用したまちづくり」を掲げる川崎市だからこそ開催が実現した、2つのビッグマッチ!是非ご来場ください!

続きまして…
今年もやります。「川崎球場の歴史を振り返るイベント」

これまで「日記」や「お知らせ」で繰り返しお伝えしてきましたが、富士通スタジアム川崎はかつて「川崎球場」として1952年から1992年までプロ野球チームの本拠地として約2,500もの試合が実施された日本スポーツ史上の歴史的遺産と言える場所です。王選手の700号ホームラン、張本選手の3000本安打、等、多くの名場面の舞台となりました。中でも1988年10月19日に行われた「ロッテオリオンズvs近鉄バファローズ」は伝説の「10.19」として、今もなお語り継がれ、30年近い日々が流れた今もこの場所に“巡礼“に訪れる人が後を絶たちません。
この川崎市の誇るべき歴史を後世に伝え、そして、新しい世代と新たな歴史を積み重ねていく為のイベントを今年も開催します。

これまでも

2016年3月5日(土)に開催された「川崎球場10.19~あれから10,000日~

2017年1月28日(土)に開催し2,000人の来場者で賑わった「10.19を中心に川崎球場の歴史を振り返る

が開催され「スタジアムツアー」「特設ギャラリー」「松本秀夫さんによるトークショー」等に多くの来場者(約2,000人)が集いました。

また、2016年10月19日

そして、2017年10月19日

にも多くの人々がこの場所を訪れました。スタジアムツアーで初めて出会った人達同士が長年の友人のように話に花を咲かせている姿が印象的でした。これからも、この場所で紡がれた歴史を伝えつつ、新たな歴史を積み重ねながら、異なる世代同士が繋がる場所として育てていきたいと考えています。

前回の「歴史を振り返る」イベントには元ロッテオリオンズの高沢さんや堀さんにゲストスピーカーとしてご参加いただきました。今回のゲストは誰になるのでしょうか?イベントの詳細は近日中に発表となります。確定次第、ツイッター、ブログ等で発表予定です。

毎週末、大きなイベントやスポーツの大会が開催されている富士通スタジアム川崎ですが、2017年で最も多くの観客を集めたのは、何のイベントだったか、ご存知でしょうか?

2017年の来場者ランキング、栄えある1位は、2017年8月14日(月)に開催された 「第30回記念関東学生ラクロスリーグ戦 開会式/男子・女子開幕戦」です。選手も含め5,327人の来場者でした。当日はファミリー向けのクリニックも同時開催され観客席もフィールドも大いに賑わいました

第2位は、2017年11月26日のXリーグセミファイナル、4,047人でした。富士通スタジアム川崎で開催されるXリーグで4,000人を超えたのは実は初めてなのです。指定管理者としてアメリカンフットボール協会の皆様、地域の皆様と力を合わせ様々なイベントを行ったり、諸団体へ働きかけたり、集客努力の結果が出たと考えています。もちろんこの1回で満足してはいません。これからも多くの試合でより多くの市民の皆様にご観戦頂けるよう努めていきます。

今年はどんなスポーツの大会、イベントに何人が集まるのでしょうか。楽しみですね!

この日記を読まれているフロンターレサポーターの皆様!

「実は富士通スタジアム川崎には、まだ行ったこと無いんだよね。」という方も多いと思います。そんな2018年は富士通スタジアム川崎がより身近になるイベントがあります。

2018新体制発表会見」が「カルッツかわさき」で開催されるのです。
「カルッツかわさき」は富士通スタジアム川崎と同じ川崎区富士見エリア、市役所通りを挟んだ、目と鼻の先にあるのです。

当日の富士通スタジアム川崎はアメリカンフットボールの公式戦が行われておりますが、オープンスペースにどなたでも食べることが出来るキッチンカーが出ています。のんびりと食べるも良し! ギャラリーを眺めるのも良し! まだ富士通スタジアム川崎に来たことが無い方、お気軽にお立ち寄りください。

2017年も富士通スタジアム川崎にご期待ください! お待ちしています!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2018-02

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最新の日記

過去の日記

2018

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ