CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 富士通エフサス
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • 株式会社PFU
  • プーマ

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

1/28 (日) 2018

カテゴリー:

沖縄での2次キャンプスタート!

text by

広報G

カテゴリー:

今日から沖縄キャンプがスタートしました。
宮崎県綾町でのキャンプから麻生グラウンドでトレーニングを重ね、今日からの沖縄キャンプで開幕に向けてよりチームの完成度を高めていきます。

このキャンプから新しいオリヒカスーツを着用し、羽田空港を出発。予定通りに沖縄へと到着すると、やはり川崎とは比べものにならないほど暖かい!! この日の天候は曇りながらも気温は16℃と、ここ最近の川崎の気温と比べれば、選手たちからも笑顔が見られました。沖縄に到着すると、すぐにホテルへと入り昼食を済ませて、さっそく夕方からトレーニングを開始しました。今回の沖縄キャンプでは前半は沖縄市の「沖縄県総合運動公園陸上競技場」を使わせていただいてのトレーニングとなります。

トレーニング前には歓迎セレモニーを開いていただきました。昨年優勝したこともあり、非常に多くの関係者のみなさん、メディアのみなさん、そしてこの日は土曜日ということでフロンターレを一目でも見ようと本当にたくさんの方が、スタジアムに駆けつけてくれました!! 歓迎セレモニーでは地元の特産物をいただき、チームを代表して鬼木監督が「本日はこのような歓迎セレモニーを開いていただきありがとうございます。私たちは約2週間後に公式戦を控えております。そのため、この沖縄でのキャンプは非常に重要となってきます。選手たちは川崎でも厳しいトレーニングを積んで、かなり疲れている状態でもありますが、沖縄でしっかりとトレーニングと試合を積み重ね、いい準備をして開幕を迎えたいと思います。短い期間ですが、サポートのほど、よろしくお願いします」と挨拶をしました。

歓迎セレモニーを終えると、さっそくトレーニングがスタート。「試合もあるし、トレーニングもあるし、できることはここでしっかりとやっていきたい」と鬼木監督から選手たちに声がかけられたように、公式戦まであと2週間となる中、沖縄キャンプが非常に重要となってきます。
この日のトレーニングも翌日に控えた練習試合に向けて、ゲーム形式を中心にチームの約束事を徹底していました。麻生グラウンドでのトレーニングからオフを挟まずに臨んだ今回の沖縄キャンプ。選手たちも疲れがたまっている頃ですが、ケガには十分気をつけて、実りあるものにしてもらいたいです。

そして沖縄といえば…、チネンの人気ぶり!! 昨年もそうでしたが、この日も多くの地元メディアがかけつけ練習終了後にインタビューに答えていました。「去年は緊張していましたが、今年は2年目ということで慣れていることもあって緊張もなくリラックスして帰ってくることができました。地元でサッカーができるのは特別な思いがありますし、いろんな人が応援してくれるので、そういった人たちに恩返しできるようにしたいです」と堂々と話していました。

チネンの活躍がより沖縄の人たちに広がり、盛り上がってもらえれば嬉しい限り。まだまだ始まったばかりの沖縄キャンプですが、これからが楽しみです!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2018-01

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新の日記

過去の日記

2018

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ