お知らせ

2011年07月29日(金)- 1

U-18「第35回日本クラブユースサッカー選手権大会」結果について

川崎フロンターレU-18が参加した「adidas CUP 2011 第35回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会」の結果をお知らせ致します。

大会結果
≪1次ラウンド≫
日付 対戦相手 結果 得点者
1 7/23(土) 横浜FC △1-1 伊藤大夢
2 7/24(日) 松本山雅FC ○7-0 相馬健一朗 2、伊藤大夢、平敷兼、小口大貴、三好康児、脇坂泰斗
3 7/26(火) ヴィッセル神戸 ○2-0 相馬健一朗、三好康児
≪決勝トーナメント≫
日付 対戦相手 結果 得点者
準々決勝 7/27(水) ヴィッセル神戸 ●0-2 未定
U-18監督 安部一雄コメント

『8回目の出場となったクラブユース全国大会は、準々決勝でヴィッセル神戸U-18に0-2で敗れ全日程を終了いたしました。大会全般を通して選手たちはよく最後まで闘ってくれたと感謝するとともに誇りに思います。しかしながら全国ベスト4の壁はまだまだ高く、ベスト4に残ったチームに比べると技術、戦術、メンタル、どれをとっても足りないことを痛感させられました。また明日からこの悔しさを糧にトレーニング励みたいと思います。大会を通して応援していただいサポーターをはじめとする全ての方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。』

日本クラブユースサッカー選手権とは

全国9地域の代表24チームが6グループに分かれ1次ラウンドを行い、各グループ1位の6チームと各グループ2位の中から成績上位2チームが決勝トーナメントに進出する、「プリンスリーグ」「Jユースカップ」と並ぶ3つの大きな大会の1つ。
関東からは最多の9チームが出場。川崎フロンターレU-18は第6代表。

※目標としていたクラブ史上初のベスト4入りは惜しくもかないませんでした。
※全国大会・関東大会の得点者・試合レポート等、詳細はこちら

過去のお知らせ

Get AdobeReader

当サイトのコンテンツ閲覧には一部、プラグインが必要な場合があります。必要な方は上記のボタンからダウンロードサイトに移動し、ガイドにしたがってインストールしてください。

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ