お知らせ

2012年03月26日(月)- 2

U-12「ダノンネーションズカップ2012inJapan」開催のお知らせ

川崎フロンターレU-12が出場する「ダノンネーションズカップ2012 in JAPAN」について下記の通りお知らせ致します。「日本唯一の世界につながるU-12サッカー大会」として2004年から毎年開催され、これまで200チーム以上が世界大会出場を目指して試合を行ってきました。 川崎フロンターレU-12は2008年からの大会5連覇をかけてこの大会に挑みます。トップチーム同様U-12の選手達への応援よろしくお願いします。

大会概要
大会名称 ダノンネーションズカップ2012 in JAPAN
主催 ダノンネーションズカップ 2012 in JAPAN実行委員会
主管 財団法人東京都サッカー協会、財団法人愛知県サッカー協会、社団法人大阪府サッカー協会
後援 文部科学省、外務省、財団法人日本サッカー協会、一般社団法人共同通信社
特別協賛 ダノンジャパン株式会社、ダノンウォーターズオブジャパン株式会社
協賛 SPXフローテクノロジージャパン株式会社、北関東トゥエンティワン流通事業協同組合、鴻池運輸株式会社、清水建設株式会社、ダイセーエブリー二十四株式会社、高砂熱学工業株式会社、株式会社竹中工務店、日世株式会社
協力 アディダスジャパン株式会社、凸版印刷株式会社、プラス株式会社
企画制作 株式会社I&S BBDO、KTP Inc. 、LIFETIME L.L.C
期日・会場 <決勝大会> 2012年3月31日(土)、4月1日(日) 東京都・駒沢オリンピック公園総合運動場
※川崎フロンターレU-12は決勝大会からの出場になります。
参加資格 ・2011年度(平成23年度)(財)日本サッカー協会に加盟登録した第4種または女子(小学生)のチームで、単一チームでのチーム構成であること(準加盟チームを含む)。ただし、各チーム1チームのエントリーとする。
・2000年4月2日以降2001年12月31日までに出生した選手で構成されたチームであること。
・選手は、健康で、ルールを遵守でき、かつ保護者の同意のある者とする。
・予選大会を勝ち抜いた場合、2012年3月31日、4月1日に東京都・駒沢オリンピック総合運動場で開催される決勝大会に参加できるチームであること。また決勝大会で優勝した場合、2012年秋に開催される予定の世界大会に出場できるチームであること。
・出場チームおよび選手は、肖像権の使用に承諾したものに限る。
・選手はスポーツ傷害保険(スポーツ安全協会傷害保険等)に必ず加入すること。(ケガをした場合の応急処置は行うが、その後はチームで責任を持つこと)
・引率者は当該チームを掌握、指導する責任ある指導者であること。
・大会当日の開会式および閉会式には必ず参加すること。
参加チーム数 <決勝大会>予選大会上位12チーム+特別予選大会上位2チーム+前年度決勝大会ベスト18チーム
大会形式

≪3月31日(土)≫
1次ラウンド(予選リーグ)4チーム×8グループ
・各グループ上位2チーム、計16チームが順位決定戦へ進む
・その他のチームは、フレンドリーマッチを予定

≪4月1日(日)≫
2次ラウンド(順位決定戦)16チームによるトーナメント戦
・リーグ戦における順位決定方法は、勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。勝点は、勝ち=3点・引き分け=1点・負け=0点とする。ただし、勝点合計が同じ場合は、1.得失点差 2.総得点数 3.当該チーム間の対戦成績 4.抽選の順に決定する。
・トーナメント戦における引き分けの場合は、延長戦は行わずPK戦(3人)にて勝敗を決定する。
・ただし、試合開始時に7名の選手がそろわなかった場合は0-3のスコアでの敗戦となり相手チームに勝ち点3が与えられる。

・決勝大会の順位決定戦には、各グループ1位・2位および各グループ3位チームのうち成績上位4チームが進出する。各グループ3位チームのうち、順位決定戦に進出するチームは、1.グループ内での勝ち点合計 2.得失点差 3.総得点数 4.抽選の順により決定する。
競技規則・方法

平成23年度(財)日本サッカー協会「8人制サッカールールと審判法」の「8人制サッカールール」による。上記ルールに規定されていない事項に関しては、(財)日本サッカー協会発行の最新版サッカー競技規則を準用する。 ただし、下記項目においては本大会特別ルールを適応する。

<決勝大会> グループリーグおよびベスト16、準々決勝・準決勝は20分間、その他は15分間 ※インターバルなし 決勝は前後半10分間のハーフ(ハーフタイム3分)とする。

大会趣旨 世界大会でプレーできる切符を手にする機会を、日本の子供たちに広く提供する。 サッカーを通じて、フェアプレー精神、チームワーク、他チームとの交流や親睦を図り、健全な心身を育てる場を提供する。 サッカーを通じて、子供たちに社会貢献や国際交流に目を向けてもらう機会を提供する。
大会日程

決定次第、こちらに掲載いたします。

監督コメント

◇U-12監督 久野智昭
『いつも温かい応援ありがとうございます。ダノンカップに向けて、選手達はモチベージョン高くトレーニングや試合に取り組んでいます。ダノンカップは20分一本勝負ということと、8人制ということもあって、チャンスとピンチの連続です。その中で高い技術と集中力を持って、戦い抜くことが大切だと思っています。今までトレーニングしてきたことを100%出し切ることができるようサポートしていきたいと思います。これからも選手に温かい声援をよろしくお願いします』

※大会開催中は、こちらにて「メンバー・監督コメント・選手コメント・レポート等」を掲載致します。(掲載項目は試合・カテゴリーにより異なります)

過去のお知らせ

Get AdobeReader

当サイトのコンテンツ閲覧には一部、プラグインが必要な場合があります。必要な方は上記のボタンからダウンロードサイトに移動し、ガイドにしたがってインストールしてください。

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ