FRONTALE INFORMATIONお知らせ

1/ 1 (火) 1 2013

カテゴリー:

代表取締役社長 武田信平 ご挨拶

カテゴリー:

日頃より川崎フロンターレに対しまして、熱いご声援と多くのご支援を頂きまして誠に有り難うございます。心よりお礼を申し上げます。

さて、2012年シーズンは「一体感」のスローガンの下、捲土重来を期してシーズンをスタート致しました。しかしながら、リーグ戦では8位と一昨年の成績よりは順位を上げたものの優勝争いに絡むことができず、他の大会も低調な成績となりました。期待に応えることができなかったことに対して、誠に申し訳なく思っております。シーズンを迎えるにあたり、一昨年の悪い流れを引きずらないようにしたかったのですが、結果的には切り替えができませんでした。この嫌な流れを断ち切るために監督を交代しましたが、その結果、少しずつではありますがチーム力が向上し、リーグ戦の終盤戦には成果が表れてきたのではないかと考えます。

2シーズンに渡って成績の低迷が続いておりますが、今シーズンはここから脱して上昇しなければなければなりません。勝つという強い気持ちを持ち続けること。怪我をしない体づくりと90分走りぬく体づくりをすること。個々の技量をさらに向上させること。チーム力を向上させること。そうやって念願のタイトルを獲得したいと思います。

年代別のアカデミー(育成組織)についてですが、U-18(高校生年代)は、残念ながらプリンスリーグの2部に降格してしまいした。1年での1部復帰を目指します。U-15(中学生年代)では、クラブユースでベスト8、高円宮杯でも本大会に進出することができました。全体的にチーム成績はもう一歩の感がありますが、U-18の三好康児選手をはじめ、年代別代表に選ばれる選手が出てきたことは、アカデミーの成果であり今後が楽しみです。トップチームとの連携を密にしながら、フロンターレを代表する多くの選手を育て上げていきたいと思います。また、保育園・幼稚園をはじめ、小学校から中学校まで数多くの巡回スポーツ教室を実施することで、フロンターレを通じて多くの子どもたちがサッカーに触れる機会を設けています。

一方、一昨年の東日本大震災発生後には「Mind-1ニッポンプロジェクト」を立ち上げ、被災地支援の活動を開始しましたが、意識を風化させないことが大事であり活動を継続しております。募金活動を始めとして皆さまの大きなご支援とご協力に感謝を致します。陸前高田市の子どもたちとも、サッカー教室、川崎修学旅行などを通じた交流を継続しており、多くのボランティア、サポーターの皆様にご協力を頂きました。本当に有り難うございました。昨年、陸前高田を訪問した際に、復興がまだまだ進んでいないことを実感しました。被災地の出来るだけ早い復旧と復興を望んで止みません。

最後に、昨年12月より等々力競技場の改築工事が開始されました。これから2年間は、仮設メインスタンドでの運営となります。皆様には多くのご不便をおかけすることになると思いますが、どうかご理解とご協力をお願い致します。
タイトル獲得に向けてクラブ一丸となって邁進してまいりますので、2013年シーズンも大きな声援での応援をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2013年1月1日
株式会社川崎フロンターレ 代表取締役社長 武田信平

share with friends!
Tweet
FB Shere

過去のお知らせ

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h