お知らせ

2016年12月29日(木)- 1

AFCチャンピオンズリーグ2017
「本大会(グループステージ)出場決定」のお知らせ

本日、12月29日(木)に第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準決勝が行われ、鹿島アントラーズと川崎フロンターレが決勝に進出しました。

鹿島アントラーズはすでにAFCチャンピオンズリーグ2017の本大会出場を決めているため、プレーオフからの出場となっていました川崎フロンターレは、来年元日に行われる天皇杯決勝の試合結果に関わらず本大会(グループステージ)から出場することが決まりました。また、川崎フロンターレの繰り上がりに伴い、J1リーグ年間4位のガンバ大阪がプレーオフ出場権を獲得しましたので併せてお知らせいたします。

川崎フロンターレは、第2代表または第3代表として3年ぶり5回目の出場となります。
[過去の成績:ベスト8(2007、2009)、ベスト16(2014)、グループステージ敗退(2010)]

グループ分けについて

グループ分けが未定となっている浦和レッズと川崎フロンターレの2チームは、天皇杯の結果により、大会レギュレーションに基づき、下記のとおり組分けられます。
なお、鹿島アントラーズはグループE、ガンバ大阪はプレーオフを勝ち上がった場合グループHに組み分けられることが確定しています。

◆鹿島アントラーズが天皇杯で優勝
グループF 浦和レッズ
グループG 川崎フロンターレ
◆川崎フロンターレが天皇杯で優勝
グループF 川崎フロンターレ
グループG 浦和レッズ

≪参考≫

グループF ①FCソウル(大韓民国) ②第2代表(日本) ③ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア) ④東地区プレーオフ勝者
グループG ①広州恒大(中国) ②水原三星ブルーウィングス(大韓民国) ③第3代表(日本) ④イースタンSC(香港)

過去のお知らせ

Get AdobeReader

当サイトのコンテンツ閲覧には一部、プラグインが必要な場合があります。必要な方は上記のボタンからダウンロードサイトに移動し、ガイドにしたがってインストールしてください。

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ