KAWASAKI FRONTALE FAN ZONEF-SPOT

PICKUP PLAYERS ARCHIVES / SEASON 2003

2003 vol.12 MF6/山根 巌

MF6/YAMANE,IWAO

「魔物を知る男」

昨年、大分トリニータの昇格ゴールを決めた山根巌。
J1でプレーをする権利がありながら、
今年、あえてフロンターレにやって来た。
J2を知り尽くした男の半生とは?

2003 vol.11 MF15/塩川岳人

MF15/SHIOKAWA,TAKETO

「不死鳥のように」

豊富な運動量と守から攻へ瞬時にシフトチェンジできるプレーが塩川岳人の魅力だ。
新潟戦に賭けた思い、チャンスにすべてを尽くす闘志とは。

2003 vol.10 GK17/吉原慎也

GK1/KAWASHIMA,EIJI

「静寂のなかで」

今季、フロンターレのゴールを守り続ける吉原慎也。
吉原が、自分自身の内にある壁を少しずつ乗り越えて
きた過程と今の思いを語る。

2003 vol.09 DF4/アウグスト

DF4/‘AUGUSTO’Augusto Pedro De Sousa

「アウグスト、吠える。」

家族はみんなフロンターレのサポーターだという。
「もちろん僕もね」と言って豪快に笑う。
アウグスト、34歳。
勝利への執着心が、全身からほとばしる。

2003 vol.08 MF18/今野 章

MF18/KONNO,AKIRA

「思考の彼方に」

今季のフロンターレが標榜するプレッシングサッカーに
欠かせない選手がいる。
今野章は、考えて、考えて、そして走り続けている。

2003 vol.07 MF14/茂原岳人

MF14/SHIGEHARA,TAKEHITO

「才能の解放」

サッカーセンスは天性のものであると、人は言う。
茂原岳人のプレーする先に、どんな可能性が
広がっているのだろうか──。

2003 vol.06 DF2/伊藤宏樹

DF2/ITO,HIROKI

「天賦の体躯を持つ」

川2001年に加入以来、驚異的なスピードで出場数を重ね、ついにJ2リーグ100試合出場を突破した。慰労宏樹が100試合で得てきたもの、その先にあるものは。

2003 vol.05 MF26/中村憲剛

MF26/NAKAMURA,KENGO

「未来へ。」

1年で1部に復帰──。中央大学3年で2部降格。その後1年間、キャプテンとしての1部昇格というチームの目標を成し遂げるためにすべてを捧げた中村憲剛、戦いの日々。

2003 vol.04 MF20/長橋康弘

GK1/KAWASHIMA,EIJI

「ディエゴに憧れて」

97年の加入以来、フロンターレの右サイドを担っている長橋康弘。サッカーゐどんな風にとらえて、どうありたいと望むプレーヤーなのか?サッカー観に迫った。

2003 vol.03 DF32/岡山一成

DF32/OKAYAMA,KAZUNARI

「Cross Road〜選択の時〜」

がむしゃらなプレーと情熱がファンを惹きつけてやまない。昨年、フロンターレに加入した岡山一成が、これまで歩んできたサッカー人生に迫る。

2003 vol.02 FW10/ジュニーニョ

FW10/"JUNINHO" Carlos Alberto Carvalho Dos Anjos Junior

「祈り」

トップスピードに乗ったドリブルで相手DF陣を切り裂いていく。今期パルメイラスからやってきたジュニーニョがフロンターレに新風を吹き込んだ。

2003 vol.01 MF30/渡辺 匠

MF30/WATANABE,TAKUMI

「成熟の途中」

鉄壁の守備を支えるリベロ、渡辺匠。
フロンターレ加入後、ブラジル留学を経てボランチとしてポジション争いを続ける。そして、リベロへのコンバート。
成長を続ける若きDFが語る。

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h