前節

最新

次節

7official

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

選手の素顔見てみない? フロンターレのレアなトピックも満載!!応援番組のご紹介

託児室

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

メルマガ

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

公式Twitter

コーチのお仕事@ココログ 育成・普及編 チーム編

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

対戦内容

  • Jリーグディビジョン 1
  • 2012シーズン
  • 第8節
  • vs.サンフレッチェ広島

ホームゲーム

日時:2012年04月28日(土)15:03キックオフ 会場:等々力陸上競技場

ゲームトップ画像

この試合の開催データ

2012 Jリーグディビジョン 1 第8節 vs.サンフレッチェ広島:開催データ
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
19,895人 晴、弱風 24.1℃ 50% 全面良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
玉井 朗 松村 和彦 原田 昌彦 戸田 東吾 秋澤 昌治 加藤 渉
過去の対戦成績(J1) 過去の対戦成績(J2) 2012シーズン対戦記録
8勝4分2敗/31得点12失点 2勝2分0敗/6得点4失点 第8節(ホーム)/第18節(アウェイ)

ゲーム公式記録

川崎フロンターレ[ホーム] チーム [アウェイ]サンフレッチェ広島
1

1 前半 2
0 後半 2

4
風間 八宏 監督 森保 一
10 > 10 勝点 13 > 16

伊藤 宏樹 33分

得点
選手/時間

15分 山岸 智
38分 石原 直樹
47分 佐藤 寿人
78分 佐藤 寿人

選手名
シュート数 ポジ
ション
シュート数
選手名
45909045
西部 洋平 21000 GK 000 1 西川 周作
伊藤 宏樹 2101 DF 11024 森脇 良太
稲本 潤一 20000 0005 千葉 和彦
森下 俊 33000 2024 水本 裕貴
田中 雄大 24000 22014 ミキッチ
田中 裕介 3000 MF 1016 青山 直晃
中村 憲剛 14000 0008 森崎 和幸
山瀬 功治 13101 21116 山岸 智
2119 石原 直樹
11015 高萩 洋次郎
楠神 順平 16000 FW 330 11 佐藤 寿人
矢島 卓郎 9213
小林 悠 11101
 
GK/杉山 力裕 1     0 SUB 0     13 GK/増田 卓也
DF/實藤 友紀 15     0 0 0   2 DF/ファン ソッコ
DF/レネ サントス 25     0 0     35 MF/中島 浩司
MF/大島 僚太 30     0 0     20 MF/石川 大徳
MF/田坂 祐介 6   0 0 0 0   27 MF/清水 航平
FW/レナト 10   0 0 0 0   25 FW/大崎 淳矢
FW/小松 塁 17   1 1 0     18 FW/平繁 龍一
経過
得点選手 得点経過 得点選手
経過

右 2 ~ → 中央 14 → 2 左足S

2 伊藤 宏樹 33 15 山岸 智 16

中央 15 → 11 → 左 16 ~ 中央 左足S

38 石原 直樹 9

中央 24 → 15 ~ → 9 ~ 右足S

47 佐藤 寿人 11

中央 5 ↑ 右 14 ~ ↑ 中央 11 左足S

78 佐藤 寿人 11

中央 24 ~ → 右 2 ↑ 中央 11 ヘディングS

[得点経過の記号の意味]〜:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート

OUT IN 交代選手 IN OUT
13 山瀬 功治 6 田坂 祐介 58 75 2 ファン ソッコ 14 ミキッチ
2 伊藤 宏樹 17 小松 塁 70 79 25 大崎 淳矢 11 佐藤 寿人
16 楠神 順平 10 レナト 76 87 27 清水 航平 16 山岸 智
警告・退場
選手名/理由
  
  
  
  
  
  
45 90 データ 90 45
5 2 7 シュート 14 9 5
1 4 5 GK 11 5 6
3 0 3 CK 0 0 0
7 10 17 直接FK 5 3 2
0 1 1 間接FK 8 4 4
0 1 1 オフサイド 6 3 3
0 0 0 PK 0 0 0
警告・退場
選手名/理由
90+3 C2 8 森崎 和幸
  
  
  
  
  

注1:オフサイド欄の数値は、間接FK数のうちオフサイドによるものを表している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。

警告理由
C1 = 反スポーツ的行為 C2 = ラフプレイ C3 = 異議 C4 = 繰り返しの違反 C5 = 遅延行為  C6 = 距離不足
C7 = 無許可入 C8 = 無許可去
退場理由
S1 = 著しく不正なプレイ S2 = 乱暴行為 S3 = つば吐き S4 = 得点機会阻止(手) S5 = 得点機会阻止(他)
S6 = 侮辱 CS = 警告2回

>ページのトップへ

プレビュー&予想フォーメーション

HIROSHIM

フォーメーション

KAWASAKI

川崎
広島
川崎フロンターレ
開催日対戦相手会場得点勝敗
直近5試合の戦績
サンフレッチェ広島開催日対戦相手会場得点勝敗
直近5試合の戦績

ホームゲームトピックス

川崎フロンターレ
マッチデープログラム
2012 vol.181

特集:
改革の"風"を吹かす

風間新体制となっては初めてとなるホームゲーム。マッチデープログラムでは風間新監督とはどんな人物なのか、また新監督の目指すサッカーとは。どこよりも早く風間新監督のインタビューを掲載。また古巣・広島との対戦となる田坂選手のインタビューも掲載されています。マッチデープログラムのお買い求めはスタジアム内やフロンパークで!

等々力陸上競技場 場内各所およびフロンパークで場内マップをチェック!!

マッチデープログラム

HUB川崎店は川崎フロンターレを応援しています。試合終了後はHUB川崎店へ

【今節の大賞選手】あんたが大賞

今節のあんたが大賞は、ゴールを決めたキャプテン・伊藤宏樹選手です。

贈呈者
1.川崎信用金庫 常勤理事 営業推進部長 岡田洋二様
2.川崎中央商店街連合会 副会長 藤村稔様
賞品
1.風評被害に負けるな!ふくしまの米100kg
2.川崎日航ホテル ペア宿泊券

photo

採点プリーズ

モバフロで、あなたのMOMを採点しよう!〜あなたのチェックしたポイントも、どんどん語って下さい!!〜

採点はモバフロから!QRコードから今すぐ!

この試合の採点結果

1 伊藤 宏樹 選手 5,465P
2 中村 憲剛 選手 5,383P
3 森下 俊 選手 5,354P

photo

「モバイルフロンターレ」への登録(ご利用料金:月額315円)が必要です

毎試合終了後、翌日12:00PMまで投票受付!

採点コメント(採点結果発表後に掲載)

全体的に細かいミスが多く感じた。選手たちが風間(太郎)/監督交代。中心選手の怪我。今は我慢の(じー)/ヒロキが、あのタイミングで中に入れたことが収穫だと(OYJ45)/ヒロキさんの得点すごくよかったです!風間フロンターレは(milo)/いつもとは違うポジションでやりにくかったと思うけど(らら)/得点を取らなくてはならない状況(さとむ)

他会場の開催結果

2012 Jリーグディビジョン 1 / 第8節 >利用規約をご確認ください

日 程 対戦 会 場 キックオフ 入場者数 結果
2012年
4月28日(土)
F東京 vs 清水 味スタ 13:00 22,405 0 - 1
名古屋 vs 浦和 瑞穂陸 13:00 18,138 1 - 2
柏 vs 鳥栖 14:00 10,351 1 - 1
鹿島 vs G大阪 カシマ 15:30 17,583 5 - 0
大宮 vs 札幌 NACK 16:00 8,435 2 - 1
横浜FM vs 神戸 日産ス 16:00 21,054 3 - 1
新潟 vs 仙台 東北電ス 16:00 24,637 0 - 1
C大阪 vs 磐田 金鳥スタ 19:00 12,183 3 - 2

ゲームをとことん!

>ページのトップへ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL SPONSORS 富士通株式会社 日興コーディアル証券株式会社 株式会社富士通マーケティング 株式会社PFU プーマ

モバフロだけ!試合前選手コメント

川崎フロンターレ:小林 悠

風間さんは、ボールを常に持ち続けていればいいというサッカー。右サイドハーフをやっていたこともあったので、3トップの右でも問題はない。どんどん中に入っていき、裏を取っていくことを心がけたい。相手の態勢を見て動きをつける部分は、自分はそこまで意識し…

>つづきはモバフロで!

川崎フロンターレ:楠神 順平

監督が言っているのは基本的なことだが、シンプルなので改めて意識させられる。ボールを失ったらダメという前提なので、そこでしっかりやらないと変えられてしまう。メンバーも毎日コロコロ変わるので当日までどうなるかわらかないが、出番がきたら練習の成果をで…

>つづきはモバフロで!

川崎フロンターレ:稲本 潤一

センターバックで僕を使うということは、自分とシュン(森下俊)で後ろからリズムを作ることが求められていると思っている。ケンゴ(中村憲剛)が入ったことで、多少つなぎがスムーズになった部分もあるし、ユースケ(田中裕介)が中盤に入ったことで変化も生まれ…

>つづきはモバフロで!

ゲームをとことん、モバフロで!

ゲームレポート

風間監督の初陣となるホーム広島戦。指導してまだ4日間のトレーニングしか行なっていないが、新しく掲げるチームの方向性を等々力のピッチで示したい。晴天の等々力陸上競技場。15:03キックオフ。

前半[0分>45分]

フロンターレのスターティングメンバーは、トップに矢島、右に小林、左に楠神、1.5列目に山瀬、中村と田中裕の中盤、田中雄-森下-稲本-伊藤の最終ライン、GK西部。1分、フロンターレの攻撃。右サイドの伊藤が前線にロングパスを送るが小林には通らず。3分、再び右サイドの伊藤が裏のスペースを狙うが、走り込んだ矢島はオフサイド。4分、稲本が前線にロングフィードを送るが、矢島には通らず。5分、中村のパスを受けた小林が右サイドから抜け出すがクロスを送れず。7分、右コーナーキックの場面。中村のボールはクリアされる。セカンドボールを田中裕を受けた山瀬がシュートを放つがDFにブロックされる。8分、広島の攻撃。パスをつないで最後は水本がミドルシュートを放つが、このボールはゴール上に外れる。9分、フロンターレの攻撃。GK西部のロングキックを収めた矢島がミドルシュートを放つが大きく外れる。10分、広島の攻撃。左サイドの山岸にアーリークロスを入れられるがGK西部がキャッチ。11分、フロンターレの攻撃。中村が左サイドをドリブル突破。速いクロスを入れるがDFにクリアされる。12分、広島の攻撃。直後にカウンターを浴びるが高萩の突破は伊藤が対応。14分、右サイドを石原に突破されるが、クロスは森下がクリア。しかし迎えた15分、佐藤へのクサビのボールからパスをつながれて左サイドを完全に破られ、フリーの山岸にシュートを決められる。(0-1) 16分、広島の攻撃。カウンターからパスをつながれて連続シュートを打たれるが、守備陣がどうにかしのぐ。21分、パスをつながれ青山に強烈なミドルシュートを打たれるが、ここは稲本がブロック。

23分、自陣でボールを奪われ右サイドのミキッチにクロスを入れられるが、このボールはゴール前を通過。25分、フロンターレの攻撃。中村の縦パスからゴール前で矢島が強引に突破を狙うがフィニッシュには持ち込めず。26分、ボールをつないで最後は山瀬が左足でミドルシュートを放つが、うまくミートせず。30分、広島の攻勢をしのいでカウンターへ。田中裕のスルーパスを受けた小林が右サイドからシュートを狙うがブロックされる。迎えた32分、右サイドの伊藤を起点にパスをつなぎ、中村がスルーパス。走り込んでいた伊藤がGKの脇を抜くシュートを決めて同点に追いつく。(1-1) 34分、フロンターレの攻撃。広島の攻勢をしのいでカウンターを狙うがロングボールは山瀬に届かず。迎えた38分、広島の攻撃。ボールを奪い返して反撃をかけたところで逆にカウンターを浴び、スルーパスに抜け出した石原にシュートを決められる。(1-2) 39分、フロンターレの攻撃。パスをつないで楠神が左サイドから抜け出すが折り返しはクリアされる。40分、中村の左コーナーキックを矢島が競り合うが、こぼれ球は森下には届かず。41分、ボールを細かくつないで右サイド伊藤のクロスに矢島が飛び込むが、このボールはDFにクリアされる。42分、右コーナーキックの場面。中村のボールに矢島が合わせるがヘディングシュートは大きく外れる。44分、細かいパスのつなぎから楠神の絶妙のラストパスに合わせた小林が裏のスペースに抜け出すが、シュートは惜しくもGKの好セーブに阻まれる。リズムをつかみきれない時間帯に先制点を奪われる苦しい立ち上がり。中村のスルーパスに合わせた伊藤のゴールで追いつくが、カウンターから失点を喫し、1-2で前半を折り返した。

ハーフタイムコメント

川崎フロンターレ:風間 八宏 監督

恐れることはない。自信を持って、前に行け。十分チャンスはある。怖がらずにしっかりとラインをあげること。


サンフレッチェ広島:森保 一 監督

攻撃はシンプルに。相手のスペースをうまく使おう。シュートで終わろう。マークの受け渡しをしっかりしよう。

後半[45分>90分]

後半立ち上がりの47分、ロングボールを収めた右サイドのミキッチに鋭いアーリークロスを入れられ、このボールを佐藤に合わせられて失点。(1-3) 49分、広島の攻撃。ボールをつながれゴール前に圧力をかけられるが、守備陣がどうにかはね返す。51分、フロンターレの攻撃。細かくパスをつないで崩しを狙うがラストパスは通らず。52分、広島の攻撃。右サイドのミキッチのクロスを高萩に合わせられるが、このヘディングシュートは大きく外れる。53分、フロンターレの攻撃。細かくパスをつないで小林がシュートを狙うがDFにブロックされる。54分、広島の攻撃。カウンターから高萩にシュートを打たれるがクロスバーに当たって外れる。はね返りのボールを佐藤に狙われるが、ここは森下がシュートブロック。55分、右サイドから切れ込んだミキッチにシュートを打たれるが守備陣がブロック。56分、フロンターレの攻撃。山瀬のスルーパスは小林には通らず。57分、山瀬に代えて田坂がピッチへ。58分、パスをつないで中央突破を狙うがフィニッシュにはつながらず。61分、広島の攻撃。裏のスペースに出されたボールに追いついた青山に左サイドから折り返しを入れられるが、ここはGK西部がキャッチ。62分、左サイド山岸の折り返しを佐藤にダイレクトで打たれるが、このシュートはポスト直撃。64分、右サイドのミキッチの突破から石原にシュートを打たれるが、これもクロスバー直撃。危ない場面が続く。65分、サイドを破られ押し込まれるがどうにかしのぐ。68分、右サイドのミキッチの左足のクロスはGK西部がキャッチ。

69分、伊藤に代えて小松がピッチへ。田中裕が右サイドバックに周り、田坂が中盤へ。70分、フロンターレの攻撃。ペナルティーエリア左前からのフリーキック。田坂のボールを矢島が頭ですらすが、GKの好セーブに阻まれる。71分、広島の攻撃。カウンターからミキッチにシュートに持ち込まれるがGK西部がキャッチ。72分、左サイドの山岸のスルーパスに飛び出した佐藤はオフサイド。73分、カウンターから石原の戻しを受けた佐藤にシュートを打たれるが、DFに当たってGK西部がキャッチ。74分、右サイドを破られミキッチの折り返しをファーサイドの山岸に合わせられるが、シュートはゴール上に外れる。75分、楠神に代えてレナトがピッチへ。しかし78分、中盤でボールを奪われ、その流れから右サイドを破られファンソッコのクロスを佐藤にヘッドで決められる。(1-4) 82分、フロンターレの攻撃。右サイドからのフリーキックの場面。レナトのボールはDFにクリアされる。84分、左サイドでボールを受けた小松がシュート性のボールを入れるがゴール左に外れる。88分、田坂とのワンツーからレナトが右足でシュート。ブロックされたボールを右サイド田中裕がクロスを入れて小松が飛び込むが、このボールはGKにキャッチされる。89分、左サイド田中雄のアーリークロスに小松が飛び込むが、DFに挟み込まれシュートに持ち込めず。アディショナルタイム4分。91分、フロンターレの攻撃。相手陣内でボールを奪うが、矢島のドリブル突破はDFに挟み込まれる。試合は1-4でタイムアップ。

後半立ち上がりに失点を喫し、その後はミスが多くリズムに乗りきれず。カウンターから広島に追加点を重ねられて1-4で黒星。チームとしての共通理解と完成度の違いを見せつけられた。

>ページのトップへ

試合終了後 監督コメント

hc

[総評]

短い時間で選手たちがいろいろなこと意識して、それから、しかも前半なんかはうまく出してくれたと思います。ですけど、これからもっと自信をもってボールを持たせていかなければならない。やられた場面というのは守備のところよりもまずはボールを取られてしまうということなので、そこのところは辛抱強くみんなでやっていこうと思います。以上です。

[質疑応答]
── 稲本選手をCBに入れました。その印象は?
よくやったと思います。やはり稲本は全部見てますし、すごくリードをしてくれていると思います。そんなに大きな問題は無いと思いますが、誰一人、これでいいという選手はいませんので、もっともっと高めていってもらわなければならないことはこれから幾つもあるので、やっていくつもりです。
── 今日この結果で修正点が出てきていると思いますが、プライオリティの高いものから順に幾つか教えていただけますか。
修正点というよりも、これから高めていかなければならないとしか考えていませんが、ひとつは中盤での横のパスミスですね。これは必要ないものなので、これは消さなければならないと。それからこれからやらなければならないのは、ゴール前で今日何回か出ていましたが、狭い中で相手を外す動きがまだまだできていない。実際、それでも3回か4回ぐらいは今日はできたと思いますが、そのレベルではないレベルに持っていきたいと思っています。
── 監督会見もずっとやっている感じで、初々しさが無いんですが
すみません。もう少し声を震わせますか。
── 今日はじめてJリーグの監督というポジションで試合を終えられて、その感想と最後に森保さんと握手した際に何か声を掛けていたら教えてください。
森保とはまた今度話をしようと。向こうも、電話しますと。そのくらいです。それからフロンターレというチームのサポーターの熱はすごく感じましたし、今日も実際に僕がやる前も選手も楽しみにしていましたし、僕も楽しみにしていました。非常にいいスタジアムだなと思います。
── サイドチェンジからミキッチにつながれてという形で相当やられていました。あれに対して守備の対応の指示を出していたのか。出していないのであればその理由は?
1つだけ言ったのは、すごく中途半端に引いてしまうので、もっともっと前に出ていけと。簡単に出さすなというのが1つと、自陣に入った時に一番前の3人の両サイドはそこにつけと言っていましたが、それしか徹底しませんでした。ただし先ほども言った通り、あまりひとつひとつの現象を取り上げるつもりはあまりません。一番は自分たちがもっと圧倒してボールを持つこと。それから結局、リズムが、後半の立ち上がりもそうですが、リズムがいいところで一度中盤でボールを下げたところでリズムが狂った。こういうところをもっともっとやっていかないといけない。どうしてもまだ後ろを向く癖があるので、そのへんを解消出来れば先ほど言った現象は減るんじゃないかと。当然そこのところに対してもしましたが、それに対してあまり、大きく意識しすぎて自分たちが崩れることが。あるいはやろうとすることが減ってしまうのはあまり面白くないと思っていましたので。そのくらいですかね、言ったのは。
── 理想の形は選手によって決まってくるとのことですが、このチームの理想の形は現時点では?
理想の形は、今日よりもしっかりボールを持てることだと思います。理想の形がなぜ選手によって違うのかというと、矢島の動きの外し方も、小林悠の外し方も違うわけです。そういうところで、中村憲剛が出すのか、あるいは稲本が出すのか。あるいは田中裕介が出すのか。それで当然違ってくるので、そこの事を言っているんですね。ですからもっともっとペナルティの中に侵入してチャンスを作りたい。実際に今日は何回かあったと思いますが、ああいう場面をもっともっと増やしたいというのが理想というか、出来ればいいなと思っています。
── 交代采配は攻撃的なものでしたが、そこに対しての指示について教えてください。
ひとつはポジションを変えたのがあります。4人の両サイドが少し疲れてきたので、そのポジションを初めから4人横に中盤にして、少しテンポをずらそうかなというのが少しありました。まだまだ、選手によってはみんなに同じようなレベルの認識がまだないところもあるので、そういう意味では少しどうしようかなと思いながら代えました。もちろんもっともっと自分たちが自由に動けるように、疲れもありますし、それから陣形も外を向こうが使ってきたので、そこを少し落ち着かせてしまえば、もう少しボールが自分たちのところで主導権を握れるかと思っていました。それで代えました。

サンフレッチェ広島 監督
森保 一

[総評]

まず、今日の川崎戦なんですが、川崎は風間さんに監督が代わられて、初戦だということで、本当に情報が全く無い中の、メディア情報が出ただけで、どう戦ってくるのかが分からない中で、ただ我々はサンフレッチェらしい攻撃的にサッカーしようということで、試合に臨みました。結果は4-1と攻撃的に選手がプレーしてくれて、アグレッシブにプレーしてくれて得点も取れました。失点はしましたが、守備の部分で粘り強く全員がやってくれて勝利に値するゲームができたと思っています。あと、今日は気温がここ最近のゲームの中では高い中で選手はタフなプレーを強いられたと思うんですが、一人ひとりが100%の力を発揮して、粘り強く戦う事をやってくれたこと。お互いが90分間、コミュニケーションを取りながらつながり合って、プレーできたことが良かったと思います。選手の頑張りを引き出してくれたのは、今日この等々力にも我々サンフレッチェのサポーターが多く詰めかけてくれて、ほんとに選手のキツい時に後押しをしてくれたというのは本当にありがたかったです。以上です。

[質疑応答]
── 監督が代わるとガラガラポンというのが普通ですが、ミシャのいいところを残して、プラスアルファで自分のものを付け加えていると感じますが、付け足した部分で何が一番良い部分でしょうか?
自分ではよくわからないですが、ただ、選手が本当に僕がトレーニングの時から言っている事を受け止めてくれて実践してくれているのが一番です。選手がいろいろなことを考えて、勝つためにどうするのかを常日頃から実践してくれているというのがここまでいい形でこれている要因だと思います。
── 川崎には11年連続で勝てていなかった。そこで勝てた理由と感想を。
データ的なことですが、僕は新潟で仕事をしたりとか、ずっとサンフレッチェにいて、データで示された試合も全ていたわけではないので、僕にとってデータは関係ないかなと思っていました。過去2年間新潟でコーチとして仕事をしていましたが、川崎に対しては3勝1敗だったので、そういう意味ではあまり苦手意識はなかったと思います。仮にデータがあったとしても、そのデータを覆す事をエネルギーに替えてやっていけばいいのかなと思っていました。
── 本来は相手のチームの事を聞くべきではないと思いますが、あえてこのチーム、風間八宏らしいなと思ったところがあれば教えてください。
風間さんが言われている通り、マイボールを大切にしてポゼッションして相手を崩してサッカーしたいんだなという形は、フロンターレの選手は実践していたと思うので。ただ、あまりにも風間さんが就任して時間的にそんなに経っていないところがあって、今からもっともっと良くなるんだろうなと思いました。
── 特に後半、ポストとバーと、オフサイドもありましたが、後半に入ってアグレッシブになっていたように思いますが、そのへんに対して指示などがあったのでしょうか?
そこは試合の前から言っていた部分と、ハーフタイムにも言いましたが、まずハーフタイムに選手に言ったのは、2対1で折り返して我々リードしている状況でしたけど、ここで守りに入って守りきって勝とうというのは思わなかったです。もちろん、守備はしっかりしないといけないですが、追加点を奪って勝ちきろうという事は言いましたし、選手の中からもそういう声はハーフタイムに上がっていたのが後半の積極性につながったと思います。あと、我々は攻撃する形として、ポゼッションしながらディフェンスラインでビルドアップして、タテパスを入れて崩せればそれでいい。そこで相手が対応してきたらサイドを使う。そういう基本的なところができていたので、ああいう決定的なチャンスを多く作れたんだと思います。ただ、決定的なチャンスの事を言われると4-1で勝って、すごくよかった部分もありますが、もっともっと点は取れていました。そこは課題として取り組んで練習の時からやっていきたいと思います。

試合終了後 川崎選手コメント

川崎フロンターレ:伊藤 宏樹

── 試合を振り返って
ゴールはまぐれ。前に行く姿勢はチームとしてやろうとしていたところ。ケンゴ(中村憲剛)だったので、ボールは出てくると思っていました。

川崎フロンターレ:田中 裕介

── 試合を振り返って
失点してはいけない時間帯でやられてしまった。そこはチームの悪い癖でもある。いい部分もあったが相手が一枚上手だった。4失点といろいろな形でやられてしまったが、試合全体を通していい形でボールを奪えなかった。守備のやり方にしても新しいものを一からやっているので、これまでやってきて残っているものが中途半端に出て失点してしまった。個人的にはボランチは初めての経験なので、最初からすべてうまくいくとは思っていなかったが、もっとボールに触らなければいけない。失点してもボールをたくさん触っていくのが新しいスタイル。もっと良くしていかないと。広島自体が独特なサッカーで、真ん中に当てて寄せておいてはたくということで、サイドに突破力がある選手がいて対応が難しかった。もっと周りをカバーしなければいけないが、大きな展開になるとどうしてもカバーにいけなくなる。サイドチェンジのボールを蹴らせないようにするとか、試合のなかでの修正が必要だった。切り替えていくしかない。また広島と対戦するときに違う結果になるよう、明日から頑張っていくしかない。

川崎フロンターレ:矢島 卓郎

── 試合を振り返って
監督が代わって新しいサッカーにチャレンジするということで、4日間練習して試合に臨んだ。前半は何度がうまくいった部分もあった。しっかりボールを持ってつなぐことはできたが、まだ全体的に戸惑いもある。自分としては動き出しのところを意識していたが、うまくいかない部分もあったし、欲しいタイミングで出てこないという場面もあった。もっと合わせていかなければならないところはたくさんある。次の試合まで期間は短いが、意識してやるところを試合で少しでも多く出していきたい。

川崎フロンターレ:小林 悠

── 試合を振り返って
前半は悪くなかった。ただ、ミスで奪われていた。しっかり足元に入れていけば良くなると思う。普通のパスを出す事が大事になる。そこが出来れば違ってくる。相手のCBを崩しに行く。裏を取るようにと言われていた。自信を持って出していないパスを取られていた。自信をもってやりたい。

川崎フロンターレ:中村 憲剛

── 試合を振り返って
足元でしっかり繋げられれば、なんてことないところで、半々になっていたりした。この4日でやったこと、やってきたことは違う。疲れてくるとみんな逃げてしまっていた。もっと顔を出すようにやりたい。数字的には1-4だが、下を向く必要はないと思う。監督が目指したサッカーをやっていけばいいと思う。後半にばらけたところはあった。ただ90分やって見えてきたところはある。それを信じてやるだけ。終わった後、前進していこうという話になった。だからこそ、日々の練習が大事になる。それができている事は良いと思う。その回数を増やしたい。自分を含めてミスが多い。ボールを大事にしたかった。まずミスしないのが大前提で、でもミスを受け入れないとダメ。自分だけではなく、みんなが自信を持ってやれればいいと思う。練習でやって出来ないことをやってもできない。それを身に付けて成長したい。

川崎フロンターレ:楠神 順平

── 試合を振り返って
これだけ長い時間、あのサッカーをやるのは初めて。長くなると足が止まる。前半は守備のところでカウンターがあったが、後ろで回されることもあって、怖くはなかった。後半に足が止まった時にどうするのか。もっと正確にしないとダメ。チーム内でイメージしている事は同じだが、でも少しずつずれていた。とりあえずボールを取られないようにしたい。また、相手のゴールに向かっていくのがコンセプト。そのためには精度が上がらないとダメ。サイドバックと駆け引きして、裏を取らないと怖さはない。そこはやって行きたい。

川崎フロンターレ:稲本 潤一

── 試合を振り返って
これで終わりというわけじゃないし、監督を信じてやることが大事。個人的に今までやったことのないポジションで多少戸惑いはあった。ボールを回されてサイドから入れられることが多かったし、修正点は多い。でも逆に言えば、これほどやられることはないと思う。サポーターには申し訳ない試合をしてしまったが、これを経験にして次につなげていかないと。ボールを保持するということはできていたと思うし、いい流れの時間帯のときもあった。ただ奪われ方が悪くてカウンターを浴びていたので、取られたときにどうするのか、リスク管理ということを含めて、そこはしっかりやっていきたい。あとはボールを持つ時間を長くすること。最終ラインもボールを触る機会が多いのでやりがいはある。ミスをなくしながらできるだけボールを保持して、最後にシュートまで持っていくことが大事。ただ詰めていかなければならない部分は山ほどある。取られたあとの対応、サイドに出されたときの対応が悪かったので、そこは修正していきたい。今回はがっつりやられてしまったので切り替えるしかない。できる限り早い段階で完成できるようにしたい。

川崎フロンターレ:西部 洋平

── 試合を振り返って
何とも表現しづらい。守備は後ろだけの問題ではないと思うし、選手の距離感が悪くて狙える状況になかった。実際に試合をやってみて、選手のなかではいろいろあると思う。準備する時間が短いなかでの試合ということで、そんなに甘くないなというのが正直な感想。監督の理想に向かって選手が努力するのは当たり前のことで、4日間というのを言い訳にはしたくないが、結果を見ると時間が足りなかったということになる。ただ選手のなかでイメージはあるし、それをピッチで一致させてやれれば。共通意識を高めていくことが大事。

川崎フロンターレ:田中 雄大

── 試合を振り返って
自分たちの目指すサッカーができないときにどうするかだと思う。選手個人としては修正点が多い。ボールを取られたあとの守備でパスコースを防げと言われていたが、真ん中が空いてしまってどうしても後手に回ってしまった。得点が多くなるか失点が多くなるかというサッカーではある。サイドで高い位置をとりたかったが、ボールの奪われ方が悪くて後半はなかなか上がれなかった。リードされて後半は全員が前に行きすぎてしまったというところもある。守備に関してはサイドで常に数的不利な感じできつかったが、自分のミスでもあるし、そこは切り替えてやるしかない。もっとクロスを上げたかった。遠慮していたわけではない、綺麗な形でやろうとしすぎていた。最後ヤジさん、ルイさんと高い選手が入っていた。そこに上げられていなかったのはもったいなかった。チームとして得点シーンはよかったと思うし、個人的にも前半は上がることができた。ただ、はまっているときはいいと思うが、90分全部は難しい。できないときにどうするかというところで、試合のなかで改善することができなかった。でも選手の中では前向きな感じもある。これからもずっと攻撃をやっていくと思うし、監督を信じてやっていくしかない。

川崎フロンターレ:森下 俊

── 試合を振り返って
ミスが連続してしまい、ボールの取られ方が悪かった。横パスから取られていた。前に入れろと言われていた。自分たちのところで止めたかったが、もっと前で止めたかった。下がってしまってゴールに近くなってしまった。 2失点目の洋次郎(高萩洋次郎選手)が運んだプレーは、もっと前で止めたかった。

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL SPONSORS 富士通株式会社 日興コーディアル証券株式会社 株式会社富士通マーケティング 株式会社PFU プーマ

ゲームフォト・ギャラリー

  • 第8節、ホーム広島戦
  • DF25/レネ サントス選手
  • GK1/杉山力裕選手
  • GK21/西部洋平選手
  • 風間監督の指揮する初陣で、勝点3をゲットしたい
  • ピッチへ
  • 試合前の集合写真
  • DF2/伊藤宏樹選手
  • FW11/小林 悠選手
  • FW9/矢島卓郎選手
  • DF2/伊藤宏樹選手
  • MF16/楠神順平選手
  • MF13/山瀬功治選手
  • MF14/中村憲剛選手
  • MF16/楠神順平選手
  • DF3/田中裕介選手
  • MF14/中村憲剛選手
  • GK21/西部洋平選手
  • MF13/山瀬功治選手
  • MF20/稲本潤一選手
  • GK21/西部洋平選手
  • MF14/中村憲剛選手
  • DF33/森下 俊選手
  • MF20/稲本潤一選手
  • DF24/田中雄大選手
  • DF33/森下 俊選手
  • MF6/田坂祐介選手
  • FW17/小松 塁選手
  • DF3/田中裕介選手
  • FW9/矢島卓郎選手
  • FW10/レナト選手
  • 闘いは続く

第8節、ホーム広島戦

frontales

対戦内容

  • J1リーグ
  • 2012シーズン
  • 第9節
  • vs.ジュビロ磐田

ホームゲーム

日時:2012年05月03日(木)15:00キックオフ 会場:等々力陸上競技場

現在の試合状況

試合終了

更新:12/09/11 23:14

このカテゴリのスケジュールをチェック

この試合の開催情報

この試合のTVオンエア情報

前節終了時の累積警告

  • 1枚 5/ジェシ
  • 1枚 6/田坂 祐介
  • 1枚 8/小宮山 尊信
  • 1枚 10/レナト
  • 1枚 14/中村 憲剛
  • 1枚 17/小松 塁
  • 1枚 33/森下 俊

今節の出場停止

  • なし

応援店舗検索サイト「フロンターレシティ」

オフィシャル携帯サイト「モバフロ」で、選手・スタッフ・マスコットのブログ更新中!

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ