FRONTALE INFORMATIONお知らせ

9/14 (火) 1 2004

カテゴリー:

KAWASAKI FOOTBALL FORUM vol.3 開催のお知らせ

カテゴリー:

“サッカーの街・川崎”にいよいよ来るぞ なでしこジャパン!! いま川崎でサッカーを語り尽くす

日 時 平成16年9月20日(月・祝)
10:30〜18:40 (開場10:00〜)
場 所 川崎市産業振興会館1Fホール
川崎市幸区堀川町66番地20 (JR川崎駅西口徒歩7分)
TEL:044-548-4111
入 場 無料。どなたでもご参加頂けます(定員先着400名)
プログラム
10:00 開場
10:30 開会(趣旨説明)
10:40〜12:10 『フットサルというスポーツ』
眞境名オスカー、関野淳太、向島建
進行:山戸一純
13:30〜15:00 『川崎市とフロンターレ』
川崎フロンターレ社長・武田信平、御前大
進行:後藤健生
15:15〜16:45 『オリンピックを終えて
〜女子サッカーの世界〜』
大原智子、大竹奈美、丸山桂里奈
進行:日々野真理
17:00〜18:30 『Jリーグとプロ野球』
坂井保之、広瀬一郎、小関順二、三上完太
進行:えのきどいちろう
18:40〜 閉会

(敬称略・順不同 出演者は一部追加・変更の可能性があります)
主 催 川崎サッカー市民の会
共 催 川崎市教育委員会
後 援 川崎市サッカー協会、川崎フロンターレ、
川崎フロンターレ後援会
当企画についての
問い合わせ先
川崎市幸市民館
TEL:044-541-3910
Email:88saisi@city.kawasaki.jp
HP:http://www.city.kawasaki.jp/88/88saisi/home/index.htm

●主な出演者プロフィール
眞境名オスカー(まじきな・おすかー)

1964年5月9日ブラジルサンパウロ州出身。日系3世。日本フットサル界のカリスマ。17歳からブラジルのプロ選手としてコリンチャンスなどで活躍。89年日本移住。「BANFF TOHOKU」の監督として第9回全日本フットサル選手権(04年)で自身4度目の日本一に輝く。フットサル教本、ビデオ、DVD多数。

関野淳太(せきの・じゅんた)

1972年7月16日神奈川県出身。伝説のチーム"AZUL"から“esporte藤沢”を経て00年7月、P.S.T.C.LONDRINAを立ち上げる。全日本チャンプ、ロンドリーナを統率する選手兼監督だが全日本選手権までは監督に専念する意向。P.S.T.C.はブラジルにあるサッカープロ養成学校の略称で同校の日本事務所がチームの運営母体。

向島建(むこうじま・たつる)

1966年1月9日静岡県出身。静岡学園高 - 国士舘大 - 東芝を経て1992年清水エスパルス入団。97年川崎フロンターレ移籍。以来2001年の引退まで、要衝としてチームを支える。02年から川崎フロンターレフロントスタッフ。03年にフットサル日本代表候補に選出される。川崎のサッカー伝道師として活躍中。

山戸一純(やまと・かずみ)

1969年8月7日神奈川県出身。97年よりフットサル情報サイト「FUTSALNET」を主宰し、ここ10年のフットサルブームをつぶさにウォッチしてきた。ネット上にあふれるフットサル情報サイトの最古参。サッカーストライカーEX(学研)、フットサルナビ(白夜書房)等にフットサル関連の記事を寄稿する。川崎市在住。

後藤健生(ごとう・たけお)

1952年東京都出身。サッカージャーナリストの大御所。慶應義塾大学大学院博士課程修了。国際サッカー歴史記録学会アジア地区代表委員。日本サッカーライターズ協議会理事。64年、東京オリンピックではじめてサッカーを観戦。74年以降のW杯はすべて現地で観戦・取材。「サッカーの世紀」など著書多数。

大原智子(おおはら・ともこ)

1957年三重県伊勢市出身。80年実践女子大を卒業後、同窓生と女子サッカーチーム「FC PAF」を設立、現在も関東女子リーグ加盟の同チームでMFとして活躍。81〜84年日本女子代表。今年8月にはサッカージャーナリストの大住良之氏と共著で「がんばれ!女子サッカー」(岩波書店)を上梓した。

大竹奈美(おおたけ・なみ)

1974年7月30日東京都町田市出身。中学1年で読売サッカークラブの女子チーム・ベレーザ(現・日テレベレーザ)に入団。全日本選手権4連覇、日本女子リーグ3連覇。Lリーグ屈指のFWとして、100得点第1号を記録。01年引退のあとはサッカー解説者としてなでしこジャパンなどの解説でもおなじみに。

丸山桂里奈(まるやま・かりな)

1983年3月26日東京都出身。04アテネオリンピックサッカー女子「なでしこジャパン」日本代表選手として全三戦に出場。流れを変えられる、女子にしては珍しいキープ力のあるドリブルに専門家の評価は高い。東京ガスサッカースクール出身で現在は日本体育大学の4年生。好きな曲はCAGNET「What will I do」

日々野真理(ひびの・まり)

10月31日三重県出身。武蔵野女子大卒業後、単身アメリカ留学。ロスでロケーションコーディネーターの仕事をしたあと日本に戻り、インテリアデザインや商品開発の仕事に携わる。その後フリーアナウンサーに転身。現在はサッカー関連番組、ニュース、情報番組にキャスターや、リポーターとして大活躍。

坂井保之(さかい・やすゆき)

1931年生まれ。PRエージェントを経て69年東京オリオンズ・オーナー補佐。72年11月に太平洋クラブライオンズ代表に就任後、クラウンライター、西武、福岡ダイエーホークスといずれも球団代表を歴任。日本野球機構でも要職を務めた。現在はプロ野球経営評論家、鎌倉観光協会専務理事。同市在住。

広瀬一郎(ひろせ・いちろう)

1955年静岡県三島市出身。東京大学法学部卒業。電通入社後、84-94年ワールドカップを含めサッカーを中心とした団体スポーツのイベントプロデュース多数。94年、日韓ワールドカップ招致委員会事務局出向。99年 Jリーグ経営諮問委員会委員就任(任期2年)。02年独立行政法人・経済産業研究所上席研究員就任。早稲田、立教、中央、静岡産業大学非常勤講師。スポーツ、サッカーについての著書、講演多数。

小関順二(こせき・じゅんじ)

1952年神奈川県出身。スポーツライター。日本大学芸術学部卒業。88年に『ドラフト会議倶楽部』を創設。毎年ドラフト会議直前に模擬ドラフト会議を開催し注目を集める。プロ・アマ問わず年間200試合以上観戦。「プロ野球 問題だらけの12球団」「小関順二の必殺ドラフト」など著書多数。

えのきどいちろう(えのきど・いちろう)

1959年8月13日秋田県出身。コラムニスト。中央大学在学中に『中大パンチ』を創刊、以来文筆業を生業とする。日本ハムファイターズの大ファンで、東京ドームで始球式を行った経験もある。現在はTBSラジオ『アクセス』月曜レギュラー(田中康夫氏と交互に出演)。「サッカーマガジン」など多数連載を持っている売れっ子。

share with friends!
Tweet
FB Shere

過去のお知らせ

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h