FRONTALE INFORMATIONお知らせ

9/ 8 (金) 5 2006

カテゴリー:

千葉戦後のトラブルに対する処置について

カテゴリー:

9月3日(日)の2006Jリーグヤマザキナビスコカップ準決勝第1戦、ジェフユナイテッド千葉戦の試合終了後に起こったトラブルに対する処置に関して、ご報告いたします。

ご来場になった一部の方が起こした違反行為等を防ぎきれなかったこと、当クラブ側に警備上の不手際があったことなど、一連の件に関して千葉側と話し合い、謝罪を申し上げました。また、千葉側からも、一部の選手が挑発と誤解をされるような行為をとったことに関して、お詫びと厳重注意を行った旨のご連絡をいただきました。
当クラブは事実関係の確認に努め、Jリーグ事務局、千葉側とも協議いたしました。その上で、行為者とは繰り返し話し合い、厳重なる注意を行って反省を促し、さらに再発防止を徹底するために文書をとるなど、行為の度合いに応じてそれぞれに処置をとりました。

行為者は、猛省の意を表すとともに、周囲に対しても今回の件に関して呼びかけ、千葉戦時に行為を行ったその他の人間にも自ら名乗り出るよう促す行動をとっています。そして実際に、当クラブが現場で把握できなかった行為者も、現在、クラブに対し名乗り出てきています。

今回の件を受け、当クラブ自身、深い反省と同時に一層気を引き締めて試合運営にあたるべく、警備体制の見直し・改善を行っております。対戦相手、関係者、そして何よりご来場の皆様に多大なるご迷惑をかけてしまいましたことについて、改めてお詫び申し上げますとともに、これからの試合で快適な観戦環境を作り上げるよう尽力してまいります。
今後とも、川崎フロンターレを何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社川崎フロンターレ
代表取締役社長
武田 信平

share with friends!
Tweet
FB Shere

過去のお知らせ

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h