• ホーム
  • お知らせ
  • U-12「第35回全日本少年サッカー大会 決勝大会」開催のお知らせ

FRONTALE INFORMATIONお知らせ

7/18 (月) 4 2011

カテゴリー:

U-12「第35回全日本少年サッカー大会 決勝大会」開催のお知らせ

カテゴリー:

今年より8人制を導入し、8月1日(月)から8月6日(土)にかけて御殿場高原時之栖で開催される全国決勝大会に川崎フロンターレU-12が出場しますので、お知らせいたします。トップチーム同様U-12の選手達への応援よろしくお願いします。

大会概要
大会名称 第35回 全日本少年サッカー大会 決勝大会
主催 (財)日本サッカー協会、公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団、読売新聞社
主管 一般財団法人静岡県サッカー協会
特別協賛 コカ・コーラセントラルジャパン(株)、YKKグループ、花王
協賛 日清オイリオグループ、ゼビオ、日本マクドナルド、ゆうちょ銀行
後援 文部科学省、日本テレビ放送網、報知新聞社
協力 アディダス ジャパン
期日 2011年8月2日(火)〜8月6日(土)
開会式 2011年8月1日(月)、閉会式:2011年8月6日(土)
会場 ◇1次ラウンド〜準々決勝
御殿場高原時之栖(ときのすみか)、裾野グラウンド(静岡県裾野市)
◇準決勝・決勝
愛鷹広域公園多目的競技場(静岡県沼津市)
参加チーム及びその数 (1)都道府県大会を勝ち進んだ都道府県代表各1チーム計47代表及び前年度優勝チーム枠(第34回優勝は神奈川県)1チームの合計48チーム。
(2)「参加チーム」の構成は、選手16名以内、引率指導者6名以内とし、同一「加盟チーム」内の都道府県大会で敗退したチームの選手を追加することができる。
大会形式 (1)48チームを12グループに分け、1次ラウンド(1グループ4チームのリーグ戦)を行う。
(2)1次ラウンド各上位2チーム、計24チームを8グループに分け、2次ラウンド(1グループ3チームのリーグ戦)を行う。
(3)2次ラウンド各1位チームは決勝トーナメントへ進出する。
(4)1次ラウンド各グループ下位2チーム、計24チームを8グループに分け、ドリームリーグ(1グループ3チームのリーグ戦)を行う。
(5)ドリームリーグ各グループ1位チームはドリームトーナメントへ進出する。
(6)ドリームトーナメントは2回戦までの実施とする。
(7)1次ラウンド、2次ラウンド、ドリームリーグにおける順位の決定方法は、勝利3点、引分1点、敗戦0点の勝点により、勝点の多い順に決定する。なお、勝点の合計が同一の場合は、以下の項目に従い順位を決定する。
①全試合の得失点差
②全試合の総得点
③当該チーム同士の対戦成績
④1〜3の全項目において同一の場合は、抽選により決定する。
競技規則
(※一部のみ抜粋)
(財)日本サッカー協会「8人制サッカールールと審判法」の「8人制サッカールール」による。
試合時間
  1. 試合時間は前後半20分間とし、ハーフタイムのインターバルは10分とする。
  2. 規程の試合時間内に勝敗が決しない場合は1次ラウンド、2次ラウンド、ドリームリーグにおいては引き分けとする。準決勝及び決勝は前、後半5分の延長戦を行い、なお決しない場合はペナルティキックにより勝敗を決定する。ドリームトーナメントにおいては、延長戦をせずペナルティーキックにより勝者となるチームを決定する。なお、延長戦に入る前のインターバルは5分、ペナルティーキックまでは1分とする。
  3. 暑熱下において、前・後半中程に飲水タイムを採用する。
詳細 日本サッカー協会公式サイト内「第35回 全日本少年サッカー大会
大会日程
≪1次ラウンド≫
日付 対戦相手 キックオフ 会場
1 8/2(火) 三津浜SSC 9:30 裾野グラウンド Pitch(2)
2 8/2(火) ディアブロッサ高田FC 14:30 裾野グラウンド Pitch(1)
3 8/3(水) クラブフィールズ 9:30 裾野グラウンド Pitch(6)
≪2次ラウンド≫
日付 対戦相手 キックオフ 会場
1 8/3(水) 未定 16:30 裾野グラウンド
2 8/4(木) 未定 未定 裾野グラウンド
≪決勝トーナメント≫
日付 対戦相手 キックオフ 会場
準々決勝 8/5(金) 未定 9:30 裾野グラウンド
準決勝 8/5(金) 未定 未定 愛鷹広域公園多目的競技場
決勝 8/6(土) 未定 9:30 愛鷹広域公園多目的競技場

※上記は発表時点での情報です。「キックオフ」「会場」等は変更の可能性がありますので、最新の情報はこちらをご確認ください。

U-12監督 高﨑康嗣コメント

『今年、2年ぶりに全国大会出場を決めることが出来ました。これは、日頃から温かく見守って下さる保護者やサポーターの応援といつも切磋琢磨して戦ってきた4種チームの皆様のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。県予選において、素晴らしい相手と様々な展開を戦い、勝ち抜くことで選手は、逞しく成長できたと思います。それでも選手たちは、今のままでは全国を勝ち抜くのは難しい。そしてトップを目指すには、まだまだ自分の力が足りないと感じているようです。大会まで僅かですが、更なる成長をして、全力でチーム一丸となって、神奈川県の代表として、川崎市の代表として、全国大会を「優勝」したいと思います。また、皆様には、温かく見守っていただければと思っています。応援、宜しくお願いします。』

※大会開催中は、こちらにて「メンバー・監督コメント・選手コメント・レポート等」を掲載致します。(掲載項目は試合・カテゴリーにより異なります)

share with friends!
Tweet
FB Shere

過去のお知らせ

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h