お知らせ

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

選手の素顔見てみない? フロンターレのレアなトピックも満載!!応援番組のご紹介

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

2012年01月22日(日)- 13

川崎フロンターレ「2012年クラブキャッチフレーズ」について

川崎フロンターレの2012年クラブキャッチフレーズは、「一体感」と決定致しましたので、お知らせ致します。

リーグ戦11位と低迷した昨シーズンからの巻き返しに必要なのは、選手はもちろんスタッフも含めてクラブの全員が、従来にも増して心を一つにして、強い気持ちで戦うことです。

物事を進めていくに当って、個々が素晴らしい能力、技術、パワーを持っていたとしても、全員が「身」も「心」も一つにして、結束して突き進まなければ大きな力にはなりません。例えば、等々力競技場独特の「一体感」は、サポーターの皆様が一致団結して一つになって応援して下さるからこそ一体感が生まれるのです。そして、その一体感が、選手達に大きな力をもたらすことは勿論のことですが、多くの人々に興奮や感動を与えるエネルギー源になっているのです。

このように「一体感」は、川崎フロンターレが巻き返しを図るためにどうしても必要なエネルギーの源です。そして、この「一体感」をさらに大きなものにするために、サポーター、スポンサー、ボランティアなどフロンターレを想ってくださる全ての皆様にも、一つに結束して戦って頂きたいと思うのです。

そして、「一体感」はスタジアムの中だけではなく、スタジアム外での活動にあっても大変重要な要素だと考えます。地域密着活動、被災地への復興支援、等々力競技場の改築なども「一体感」をもって進めていこうと考えています。2012年シーズン、多くの皆様の結束をどうか宜しくお願い申し上げます。

過去のお知らせ

Get AdobeReader

当サイトのコンテンツ閲覧には一部、プラグインが必要な場合があります。必要な方は上記のボタンからダウンロードサイトに移動し、ガイドにしたがってインストールしてください。

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ