• ホーム
  • お知らせ
  • 「等々力陸上競技場メインスタンド改築工事」の落札者決定について

FRONTALE INFORMATIONお知らせ

8/ 1 (水) 1 2012

カテゴリー:

「等々力陸上競技場メインスタンド改築工事」の落札者決定について

カテゴリー:

川崎フロンターレのホームスタジアムである等々力陸上競技場のメインスタンド改築工事の落札者が、川崎市より公表されましたので、お知らせ致します。

詳細

詳細は、以下の川崎市ホームページに掲載されています。
等々力緑地再編整備に向けて

なおこの件について、8月11日(土)に等々力陸上競技場にて開催されるJ1第21節鳥栖戦での「等々力陸上競技場整備基金」受付ブースでも川崎市が情報を掲出する予定です。

◆「等々力陸上競技場整備基金」受付

◇キックオフ3時間半前〜キックオフ30分前
「競技場前 フロンパーク内後援会テント横」
◇開門〜試合開始
「9番ゲート上チケット売場横」
◇ハーフタイム
「9番ゲート上チケット売場横」
◇試合終了後約30分間
「競技場前 フロンパーク内後援会テント横」

株式会社川崎フロンターレ 代表取締役社長 武田信平のコメント

『等々力陸上競技場メインスタンド改築工事の落札者決定に際し、川崎市及び関係各位の皆様に感謝を申し上げます。併せて等々力陸上競技場の全面改修を推進する会の皆様とスタジアム改築の署名にご協力くださった皆様に厚く御礼申し上げます。皆様方のお力により、念願であったスタジアム改築に一歩を踏み出すことができましたことを誠に嬉しく思っております。
落札者の決定に際しては、多くの皆様が最も重要であると考えていた「一体感」が大きな要素として評価されたものと思います。このことは、落札者の提案コンセプトである「人と地域との豊かな“つながり”を生み出す川崎のシンボル」にも見ることができると考えます。
今後は、9月議会を経て、10月に川崎市が落札者と本契約を締結することによって最終決定となります。その後、本格的な設計に進んで参ります。スタジアムは「安全・快適」であることは勿論ですが、その上にどれだけの魅力を盛り込めるかが重要であると考えています。本格設計の際に、その魅力の部分についても要望して参りたいと思います。
サイド及びバックスタンドの改築までは、まだ長い年数がかかります。雨漏りやトイレ等サイド、バックの不具合についてはファン・サポーターの皆様から多くのご意見が寄せられております。それらの対策についても川崎市に要望して参る所存です。
今シーズンが終わると現在のメインスタンドは取り壊され、2013シーズンからは仮設メインスタンドでの試合開催となります。安全を第一として、少しでも快適に試合を観戦していただけるよう努めて参ります。ファン・サポーターの皆様には、ご理解の程どうかよろしくお願い申し上げます』

※また、「等々力陸上競技場の全面改修を推進する会」ウェブサイトでは、斉藤文夫会長のコメントを掲載しています。同サイトには改築に関する情報全般も掲載されていますので、ぜひご覧ください。
等々力陸上競技場の全面改修を推進する会
「等々力陸上競技場メインスタンド改築工事の落札者」決定について

share with friends!
Tweet
FB Shere

過去のお知らせ

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h