CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 富士通エフサス
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • 株式会社PFU
  • プーマ

FRONTALE INFORMATIONお知らせ

10/29 (月) 13 2018

カテゴリー:

11/24 FC東京「第32回多摩川クラシコ」開催のお知らせ

カテゴリー:

11/24(土)に開催される2018明治安田生命J1リーグ第33節FC東京vs川崎フロンターレは、「第32回多摩川クラシコ」です。今回の対戦はリーグ戦の最終盤。両チームの命運かかけた「半端ない、多摩川クラシコ」になること間違いありません。今まで以上に大勢のフロンターレサポーターで味の素スタジアムに乗り込み、一丸となって応援しましょう!

対象試合 2018年11月24日(土) 2018明治安田生命J1リーグ第33節
FC東京vs川崎フロンターレ (14:00キックオフ/味の素スタジアム)
一般チケット発売日:11/2(金)
実施内容
内容①

◆スペシャル告知VTR放映

「第32回多摩川クラシコ」に向けて、スペシャル告知VTRを制作。両チームの応援番組MCとマスコットたちが繰り広げる可愛らしいやり取りに注目!

【告知VTRの出演者(左から)】
・FC東京チームマスコット 東京ドロンパ
・FC東京応援番組FC東京ビバパラダイスMC 橘ゆりかさん
・川崎フロンターレ応援番組SukiSukiフロンターレMC 阿井莉沙さん
・川崎フロンターレマスコット ふろん太

【放映先】
(1)両クラブホームゲーム時の大型映像機
(2)Youtube 川崎フロンターレ公式チャンネル「frontalechannel」
【URL】https://www.youtube.com/user/frontalechannel/

(3)Youtube FC東京公式チャンネル「F.C.TOKYO CHANNEL」
【URL】https://www.youtube.com/user/fctokyochannel/
   ※多摩川クラシコで「半端ない」活躍をみせる太田宏介選手にスポットを当て
た試合告知映像あり。

内容②

◆多摩川クラシコオリジナルグッズ販売

第32回多摩川クラシコ開催を記念して、オリジナルタオルマフラーを販売します。
多摩川クラシコを盛り上げる要素の一つ。それが、多摩川クラシコグッズ!今回も定番“タオルマフラー”を販売します!しかし!今年はいつもとは違い通常より"半端なく長い"タオルマフラーになりました。通常のタオルマフラーの約1.5倍。是非お買い求めください。

◇第32回多摩川クラシコタオルマフラー【川崎ver】

※デザインはイメージです。予告なしに変更になる場合がございます。

価格 3,024円(税込)
サイズ 約H200×W1,650mm
販売数 100本
発売日 11/17(土)〜
販売場所 川崎フロンターレ オフィシャルグッズショップ「アズーロ・ネロ」
内容③

◆「多摩川“コ”ラシコ」開催

トップチームの試合前に、両クラブの将来を担うアカデミーの子どもたちによる試合「多摩川“コ”ラシコ」を開催します。子どもたちの熱いプレーに、ぜひご注目ください!

対戦カード FC東京サッカースクールアドバンスクラス(4年生)vs川崎フロンターレU-10
開催時間 12:30〜12:55(予定)※状況に応じて時間変更の可能性あり
内容④

◆「多摩川“フルツ”シコ」開催

味の素スタジアムの場外広場「青赤横丁」にて、両チームのファン・サポーターを交えた「フルーツバスケット」を開催いたします。参加いただいた皆さんには美味しいフルーツをプレゼント!

開催時間 12:30〜13:00
開催場所 青赤横丁(味の素スタジアム南側広場・アジパンダ広場)
参加人数 各チーム20名
※2018川崎フロンターレ後援会会員限定
参加方法 川崎フロンターレ後援会マイページにアクセスいただき、必要事項を入力して応募してください。
応募締切(11/11締切)後、1週間以内に当選者にのみ当選連絡をお知らせいたします。
内容⑤

◆「多摩川クラシコアンセム」の使用

選手入場曲および試合前場内BGMに「多摩川クラシコアンセム」を使用。より一層ボルテージが高まりますよ!

内容⑥

◆街路灯バナーフラッグの掲出

多摩川クラシコ開催を記念して、武蔵溝ノ口駅前ペデストリアンデッキにオリジナル街路灯バナーフラッグを掲出。また、味の素スタジアムにはFC東京バージョンのタペストリーも掲載されます!デザインリニューアル後、味スタには初の掲出です!

多摩川クラシコとは

1997年のJFL時代から激しい試合内容と数々のドラマチックな試合展開で互いに“良きライバル”として切磋琢磨してきた両クラブ。とくにJ2元年となった1999年、東京ガスからJ1リーグ参入を掲げ現在のFC東京となり、ともに激しい昇格争いを勝ち抜き、両クラブ揃ってJ1リーグへの昇格を果たしました。川崎フロンターレは1年でJ2リーグへ降格していますが、2005年に再昇格し、再び激しい戦いを両クラブで繰り広げています。
  多摩川を挟んだこの土地で、お互いを高めあいながら戦ってきたその歴史は、他の街で行われる「ダービー」に劣らない盛り上がりをみせています。そしてこれから先もこの両者の歴史を大切にし、この戦いを伝統としていこうと、両クラブを分ける象徴でもある「多摩川」と、スペイン語でいう「伝統の一戦」の意味の「クラシコ」を合わせ「多摩川クラシコ」と命名しました。
 「多摩川クラシコ」の名称でスタートしたのは2007年からですが、FC東京、川崎フロンターレという形で激しい戦いを繰り広げてきた歴史を大事にするため、1999年のJ2元年の戦いから「多摩川クラシコ」としてカウントしています。1999年から2006年までの対戦は、全部で10戦。2007年に企画をスタートし、最初の試合となる2007/5/6に開催された川崎フロンターレのホームゲームでの対戦を「第11回 多摩川クラシコ」と位置付け開始しました。今後、50回、100回、200回…と歴史を積み重ねていけるよう今後も両クラブで切磋琢磨していきます。

※両クラブで話し合い、多摩川クラシコとしてカウントされるのは、あくまでも「リーグ戦」のみとします。(カップ戦、天皇杯での対戦はカウントいたしません。)

現在の対戦成績は川崎の13勝8分10敗です。

関連するお知らせ

share with friends!
Tweet
FB Shere

過去のお知らせ

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ