フロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2012年01月24日(火)の日記

tag: 川崎

必勝祈願&商店街回り

text by 広報部

1月24日(火)2012シーズンのフロンターレが始動しました。
「始動」と言ってもいつもと大幅に違うのは、グラウンドでスタートではなく、市内某所でのミーティングでのスタートということ。
全選手・全スタッフ、もちろん営業、広報、運営、プロモーション、経理、育成・普及などホントの全員参加です。社長の挨拶からはじまり、新加入選手の紹介、各部署のスタッフの紹介… と、フロンターレにとっては1年のはじまりの大事な顔合わせです。

それが終わるとすぐに川崎大師に移動しました。
毎年恒例の必勝祈願。いつも川崎大師さんには大勢でお参りさせていただくにあたり、日程の調整から控室の準備まで何から何まで本当に快くお迎えしてもらい感謝の気持ちでいっぱいです。

やっぱり気が引き締まりますよね。
本堂前の写真撮影も、年々サポーターの皆さんの数が増えてきているような気がして、こちらも嬉しい悲鳴です。

その後はいよいよ市内16商店街への挨拶回りです。
ちょっと長くなってしまいますが、各商店街担当者からの報告をこちらに掲載しますね!


●大師駅前商栄会

大師駅前商栄会で挨拶回りをしたのはジェシ、レナト、レネ サントスの新ブラジル人トリオとコーチングスタッフでした。川崎大師の大本堂での記念撮影を終えて仲見世通りへ。今年は平日にお邪魔をしたのですが「いい感じだねー!」とつい新加入の望月コーチが言ってしまうほどとても賑やか。いざ挨拶回りが始まるとブラジル人3選手は大人気!仲見世通りのお店の方にも遠くから手を振られるとわざわざ近くまで行き握手の対応をしていました。フロンパークでお馴染みのとんとこ飴松屋総本店さんにも挨拶を済ませ、表参道に入ります。川崎必勝ダルマを販売していただいている小田切商店さんにもご挨拶。このお店からはなんと写真の大きなフロンターレブルーのダルマをいただきました!
商店街へ入ると各店舗の方から手厚い歓迎を受けていたジェシ、レナト、レネスとコーチングスタッフ。中でも印象的だったのが子ども達、そして年配の方々とふれ合っているブラジル人3選手でした。挨拶が終了後、大師駅前商栄会の方達に今年も炊き出しをふるまっていただきました。ブラジル人選手の事を考えて鶏肉バージョンの豚汁を作ってくれた皆さん。写真のとおり、雪のちらつく中、炊き出しで温まっていました。最後に記念撮影をして大師駅前商栄会の挨拶回りは終了しました。


●桜本商店街

こちらは商店街挨拶回りの中で川崎市内最南端の商店街「桜本商店街」です。サポートショップ加盟数も10店舗と多くのお店に熱く応援していただいている商店街です!残念ながら定休日のお店もあり、当日は8店舗のお店に挨拶回りと恒例のサイン会を実施してきました。毎年川崎大師での必勝祈願を終えると、桜本組と川崎大師組は等々力の「フロンターレ神社」でも大変お世話になっている若宮八幡宮さんに御祈祷をいただいており、今年もフロンターレの必勝と無病息災を御祈念していただきました。約20分の祈祷を終え、武田社長、相馬監督、イガ、マルに絵馬を書き入れしてもらうことに。さて何を書いたかはここでは秘密。(見えちゃうかな?)「どうしても見たい!」という方は是非若宮八幡宮までお越しください!若宮八幡宮の皆さんありがとうございました!
さて今年の桜本組は、イガとマルに商店街挨拶回り初参加のふろん太も加え大人数での実施となりました。雪もちらつく寒空の下のスタートとなりました。ここ桜本商店街はポスター配布でも約50枚の掲出を誇る商店街で、当日も熱烈な歓迎を受けました!伺うお店お店で「今年こそテッペンを!」と激励をいただき、イガもマルも「身の引き締まる思いです!」ときを引き締めていました。最後のサイン会には約80名のサポーターの方に参加していただき、挨拶回りは終了。「この商店街挨拶回りが終わると、いよいよ始まるな!って感じだね!」と2人が言うように、今週から始まるキャンプ、我々スタッフも開幕戦に向けての準備がここから加速していきます!桜本商店街の皆さん、今年もよろしくお願いします!


●川崎駅周辺

川崎駅周辺は、仲見世通り商店街のサポートショップ、HUB川崎店さん、ファイテン川崎アゼリア店さん、東急ハンズ川崎店さんにユウがお伺いしました。まずは、仲見世通り商店街のサポートショップへご挨拶に。餃子の「太陸」さんでは、ご挨拶にお伺いさせていただいたのに、餃子や肉団子をご馳走になってしまいました。餃子を食べたユウは、「皮がモチモチで、すごくジューシーで美味しいですね。家では絶対作れない味ですよ」と大絶賛。肉団子のふっくらしていて、美味しかったです。太陸さん、本当にご馳走さまでした。ぜひみなさんも、川崎駅に来た際は、食べに行ってみてください。さらに、お好み焼き鉄板料理屋の「SABOTEN」さん、ジュエリーウオッチ武藤さんにもご挨拶させていただき、「今年もたくさん得点してくださいね」、「頑張ってください!」とたくさん応援の言葉を掛けていただきました。ユウも「今年も応援よろしくお願いします!!」と力強く応えていました。
続いては、HUB川崎店さんへ。スタッフのみなさんにご挨拶させていただき、写真撮影を行いました。するとスタッフの方が、揚げたてのフィッシュ&チップスをユウにご馳走してくれるサプライズも。スタッフの方から「小林選手の大ファンなんです。小林選手が得点を取れば取るほどHUB川崎店のお客さんが増えるので、今年も頑張ってください」と激励の言葉をいただきました。その後伺ったファイテンショップ川崎アゼリア店さんでも、スタッフさんが温かく迎え入れてくれました。ユウの大ファンというスタッフの方が一人お休みでいないということだったので、ユウからそのスタッフの方にサイン色紙をプレゼントしました。
最後は、オフィシャルグッズショップとして、フロンターレグッズ販売もしていただいている東急ハンズ川崎店さんへ。まずは事務所にご挨拶をさせていただくと、結婚したユウに花束のプレゼントをいただきました。「ありがとうございます。奥さんも喜びます」と笑顔のユウ。結婚生活はどうですか?との質問も、「幸せです」と即答していました。事務所でのご挨拶をさせていただいたら、いよいよサイン会会場へ。平日にも係わらず、50名以上の方に来ていただきました。ユウは、来ていただいた方一人一人ていねいにサインや写真撮影をしていました。サイン会にお集まりいただいた皆さん、本当にありがとうございました。
商店街回りを終えたユウに今日の感想を聞いてみると、「心もお腹も一杯になりました。毎年感じることですが、商店街回りをすると、川崎フロンターレが地域に盛り上げてもらっていることを実感します。自分にとってもチームにとってもすごく力になっていますので、たくさんの人に支えられていることをしっかり受け止め、タイトルという結果で恩返ししたいです。そのために今年は15点取ります!」と今年の抱負を語ってくれました。シーズンが終わった時に笑顔で報告できるように、頑張ります!仲見世通り商店街のみなさん、HUB川崎店さん、ファイテンショップ川崎アゼリア店さん、東急ハンズ川崎店さん、今年もよろしくお願い致します。


●南幸町・栄通り商店街

南幸町・栄通り商店街にはユウスケとアンちゃんの「介介コンビ」がおじゃましました!
最初に伺ったお店では、選手が来るのを楽しみにしてくれていたようで、到着すると大歓声で迎え入れてくれました。両選手に花束や「裕介」、「駿介」の名前が入った手作りのプレートをプレゼントしてくださり、そのクオリティの高さに両選手も「スゲー」と感動していましたよ。途中で南河原小学校2年生の子どもたちに遭遇!近くで見る選手に大興奮していた子どもたちと一緒に記念撮影もしました。その後も雪がちらつく中、商店街を歩き1軒1軒ご挨拶させていただきました。商店街を歩いていると、お店の前にベーゴマが置いてあり2人が挑戦してみることに!挑戦前には「小さい頃やっていたからできる!」と自信満々に話していた2人ですが、いざやってみると「あれ、これどうやって巻くんだっけ?」と出だしから苦戦。いろんな巻き方で試してみたものの、なかなか上手くできずに結局、お店のご主人に教わっていました(笑)
また、お肉屋さんでは、揚げたてのコロッケやから揚げをいただきました。お腹が空いていた2人は大喜び!たくさんいただいて2人では食べきれないとのことで、サポーターのみなさんにもお裾分けし、皆でおいしくいただきました!お腹もいっぱいになったところで、商店街内にある朝日新聞ASA幸町店の事務所をお借りしてサイン会を開催。寒い中待っていてくれたみなさんとふれあい、2人ともたくさんパワーをもらったようでした!今回の挨拶回りのためにいろんな準備をしてくださったASA幸町店の皆さんをはじめ、南幸町の皆さん、本当にありがとうございました!


●鹿島田駅前通商店街

鹿島田商店街担当はコミと新加入の高木。なんと、高木は鹿島田に住んでいたことがあると事前情報が…!!すなわち、それが意味するのは高木は鹿島田担当確定!!皆さんから愛されているコミと共に挨拶回りさせて頂きました。
チームバスで合流場所へ向かうと鹿島田商店街の方々がタオルマフラーやフラッグを大きく振り、そして「ようこそ!!」という横断幕で二人を大人数で迎えてくれました。早速、チームバスを降り皆さんと共に鹿島田商店街を練り歩きます!!鹿島田は本当に多くのサポートショップ加盟店とサポートカンパニーがあり、商店街を上げて熱く応援して頂いております。今回は、商店街の方々が特別にテントを設けて選手たちに豚汁を準備してくれ、皆さんと一緒に美味しく頂きましたよ。その席でも高木は、指をさし「僕あそこに住んでました!!」と皆さんと鹿島田ならではの話を楽しんでいました。鹿島田の人たちと直接会い、「皆さんから言葉をもらい、開幕が待ち遠しくなる。この想いをピッチの上で体現します!!」とコミからは力強い言葉が。最後に川崎必勝だるまに今シーズンの強い想いを込めて皆さんの前で目を入れて鹿島田を後にしました。鹿島田商店街の皆様ありがとうございました。


●平間銀座商店街

平間銀座商店街にはイナと新加入のルイがお邪魔しました。商店街に着くなり「楽しみに待ってました!」の声があちこちから聞こえてきました。時折小雪が降る程の寒さの中の商店街回りとなりましたが、どのお店も二人を温かく迎えてくれました。中には「ほらっ、おでん食べてって」と、あつあつの”おでん”を振舞ってくれるお店もありました。最初は遠慮していたイナとルイも冷えた体をあったか”おでん”で温めてました。歓迎はこれだけではなく、「これ食べてね」「これお土産に持って行きな」と、あっという間に持ちきれないほどのお土産が…。イナはメッセージ入りのケーキにテンションが上がってました(笑)もちろんたくさんのサポーターの方々の声援も二人には届いていました。特に新加入のルイは、新体制発表会見とこの商店街回りを体験して、早くも「フロンターレ」を感じとったようでした。
そして、ようやく二人は商店街の中心部へ。するとサイン会会場前にはすでに行列ができてました。「サイン色紙を買ってくるわ!!」と走り出す方も。しかも会場には横断幕まで掲げられフロンターレ一色、二人を迎える準備は万全でした。みなさんが待ちに待ったサイン会がスタートする頃には列はさらに長くなっていました。寒い中、長い時間待っていただいたみなさん本当にありがとうございました。商店街のみなさんもお忙しい時間にお邪魔したにも関わらず、選手を温かく迎えてくださり本当にありがとうございました。みなさんに温かい歓迎をされたイナとルイは、両手にお土産を抱えて嬉しそうに帰っていきました。


●中丸子商店街

中丸子商店街には、リキとサネがお邪魔しました。天候の影響で場所を魚屋の「魚幸」さんに変更し、サイン会を開催。雪が舞い散る中お待ちいただいた方々、しだいに学校終りの子どもたちも集まり、たくさんの差し入れをいただき盛況に開催。
サイン会終了後の挨拶回りでは、各店舗へサイン色紙をプレゼントしながら「フロンターレです!」「今年も応援よろしくお願いします!」としっかりご挨拶。時にはサポートショップのお願いまで…。「ナイトウ理容室」さんでは、店長のお孫さんを抱いてのスリーショットに二人の父親姿が想像できますね。途中、宿題を終わらせてきたという女の子二人組に声をかけられ、もちろんサインに応じていました。
「地域の人たちから激励の声をかけられ、みんなのフロンターレであることを強く感じました」とリキ、「みんなから、頑張って!タイトル頼むよ!と言われ身が引き締まる思いになり、期待にこたえるためにも頑張りたい」とサネ。チーム始動に先立ちたくさんの激励を受け、気持ちの準備もできたようです。実は都合により昨年お伺いできなかった中丸子ですが、手作りポスターでのサイン会の告知や挨拶回りの先導など、いろいろとご協力ありがとうございました。今年も応援よろしくお願いします。


●武蔵小杉商店街

武蔵小杉商店街には山瀬功治選手が登場。まずはサポートショップを訪問。「商店街の方をはじめ多くの皆さんに支えられてサッカーができているので、感謝の気持ちしかない。素直に『いつも応援ありがとうございます』『今年もよろしくお願いします』と言いました」と話してくれた通り、一軒一軒丁寧に対応していました。
その後、法政通りの入口にある神奈川銀行中原支店前に移動してサイン会を実施。平日の日中にも関わらず多くの皆様にお越しいただきました。途中雪のちらつく場面もありましたが、事前に整理券を配布した100名の皆さんと触れ合いました。
続いて、サポートカンパニーの増田屋さんで鴨せいろを食べながらかわさきFMに生出演。「食事しているところを中継されるのは初めて」と笑いながらも、「(今日の必勝祈願では)チームのタイトルを祈ってきました。去年の成績は選手の僕らも納得できるものではなかったので、タイトルへの意識は強いです」と語ってくれました。最後はオフィシャルショップ「アズーロ・ネロ」で一日店長。最初はレジでの接客の予定でしたが、途中からは積極的に店内に出て見事なセールストークを披露。店長としての勤めをしっかり果たし、挨拶回りを締めくくりました。


●新丸子商店街連合会

後援会事務所もある新丸子駅周辺の挨拶回りには宏樹と、新加入の西部洋平選手が参加しました。
フロンターレの地域イベント初参加となる洋平。車中では宏樹より商店街挨拶回りに限らず、様々なレクチャーを受けてましたよ。医大モールからスタートした挨拶回り。営業中にもかかわらず手を止めて、ご自慢のお饅頭をプレゼントしていただいたり、「今度選手が来たら無料!」とかなり大盤振る舞いしていただけるお店があったりと、各店舗の皆さん、本当に温かく出迎えていただきました。
商店街の皆さんが協力して企画していただいている「握手会」には、平日にもかかわらず、多くのサポーター皆さんに参加していただきました。「数人だったらどうしようと」心配していた2選手もかなりの驚きでした。温かい言葉をもらいながら、一人ひとり、丁寧にサイン等させていただきました。新丸子の温かさに触れながら挨拶回りは終了となりました。「サッカー選手としてこうしたイベントに初めて参加しましたが、本当に良い経験になりました」とは洋平。「これだけ多くの皆さんに支えられているからこそ、今年も期待に応えられるよう頑張ります」と宏樹。今回ご協力いただいた商店街の皆さん。握手会に参加していただいたサポーター皆さん。寒い中、本当にありがとうございました。今シーズンもよろしくお願いします!


●溝の口・高津

ここ数年でサポートショップの加盟店も増えたということもあり今回から初めて挨拶周りをさせて頂いた溝の口・高津周辺にはケンゴがお邪魔しました。初めて選手がお邪魔したにも関わらず花束や差し入れを頂くなど各サポートショップさんとも大歓迎で迎えて頂きました。
また、ケンゴに会いに溝の口・高津周辺には多くのサポーターの皆さんも大勢集まって頂きましたが時間の都合上、握手しか出来ずケンゴも残念がっていました。今回は各サポートショップの社長さんやスタッフのみなさんとお会いすることができ、ケンゴは「わずかな時間でしたが、みなさんが笑顔で迎えてくれていたので非常に大きなパワーをもらいました。みなさんの声を胸に、しっかりと開幕に向けて準備していきたい」とコメントしていました。来年も選手と一緒にお邪魔できればと思っています。溝の口・高津周辺の店舗のみなさん、よろしくお願いします。


●新城商店街連合会

新城商店街にお伺いしたのは、クロとキョウヘイ。「実は、新城にはあまり来たことがないんだ」とクロ。「選手寮が近くにあった新城は、よく歩いていました」とキョウヘイ。商店街では、「クロ今年はゴール決めてね!」、「キョウヘイおかえり!結婚おめでとう!」と多くのサポーターから、お声かけを頂きました。
雪の影響もあり、とても寒い中での商店街まわりとなりましたが、商店街とサポーターのみなさんの熱気で足下の雪もきれいになくなり、商店街のサポートショップを中心にたくさんのお店に新年のご挨拶をさせて頂くことができました。サインや写真撮影などで多くのサポーターとふれあうこともできて、選手たちも楽しんでいました。昨季、悔しい思いをしているクロと、経験を積みパワーアップして川崎に帰ってきたキョウヘイのコンビということもあり、商店街の皆さんからの期待は大きく「2人の力で今年は是非タイトルを!」と激励を頂戴していました。クロは力強く、「キョウヘイのアシストで、ゴールを決めるので等々力に応援に来てください!」と話していました。商店街の皆さん。協力してくださったサポーターの皆さん。ありがとうございました。今シーズンもよろしくお願いします!


●鷺沼商店会

宮前区の鷺沼あいさつ回りは、ヤジとクスが担当。フロンタウンに到着後、駅前のセブンイレブンからスタート。外は昨夜の雪の影響か出歩いている人が少なく、比較的静かな雰囲気でしたが各店舗に入ると皆さん、温かく迎えてくれました。街を歩いていても下校途中の小学生が「本物だ!」(笑)と歓声を上げてくれたり、お手伝いしてくれたサポーターが「ここはサポートショップになってくれる」と言うので挨拶に行くと対応してくれた責任者の方が実は、そのサポーターのお母さんだったりとほのぼのした感じがクスは楽しかったのか、「皆さん暖かく迎えていただいて本当にありがたいです!もっとがんばります!」とコメント。
駅前にあるスポンサーのフレルさぎ沼、店内にあるオリヒカさんにも挨拶。オリヒカでは、ヤジもクスもオリヒカのスーツを着ていたので店員さんが喜んでくれました。挨拶回りがひと段落した後は駅前でサイン会を実施。商店会の方たちがフロンターレをたくさんの人に観てもらおうとなんと!駅改札口の横にある「コンシェルジュ・サロン鷺沼駅前店」のスペースを用意してくれ、たくさんに人がサイン会に来てくれました。こんな感じで挨拶回りは終了。ヤジは、「たくさんの方に来ていただいて感激です。鷺沼にはあまり来ないけど、フットサルとかしたいですね。」とコメント。
その後、車を置いたフロンタウンに戻ってくるとヤジたちが「ユウキじゃない?」とグラウンドを見るとヒデの指示でスクール生に指導しているユウキの姿が!向こうも気付いてくれてヤジとクスのところにスクール生と来てくれました。せっかくなんでとヤジとクスからスクール生に挨拶してもらい、皆で記念撮影。最後まで鷺沼の地域らしい挨拶回りでした。


●梶ヶ谷エルカジ通り商店会

梶ヶ谷エルカジ通り商店会を訪問したのは、田中雄大選手と新加入のパウロこと田中淳一選手。梶ヶ谷はエリアが広く、途中移動に車を使っても毎年終わるのが全商店街中最後の方になってしまうというタフなエリアです。今回初めての挨拶回りとなるパウロは、図太いのか天然なのか、フロンターレ随一のムードメーカー雄大を相手に全く引けをとらないどころか、先輩である雄大に「ちょっとこれ持ってて」とタメ口でマジックを渡してしまったり、いきなり「雄大はん」と呼んで雄大を困惑させたりとパウロワールド全開!「こいつ、ちょくちょくタメ口入れてくるんですよ」とさすがの雄大も笑いながら注意する場面もありました(笑)。パウロもパウロで、そのときは反省するのですが、またしばらくすると戻っていました(笑)
お店でのご挨拶の際も、雄大は「昨年は11位というふがいない順位に終わりましたが、今年はひとつ「1」を取れるように頑張ります!」とさすが堂々たる挨拶をしていましたが、パウロは「今年新加入のパウロです!」といきなりニックネームで自己紹介してしまうものですから、お店の方も「えっ!?パウロ?何でパウロ?!」と至極当然の質問を返します。そこでパウロ曰く「田中マルクス闘莉王選手のお父さんの名前がパウロで、自分が同じ田中姓だったので部活の先輩に付けられました」と何ともオチがない答えが…。横で雄大がただ苦笑していました。
さて、昨年に引き続きサイン会を梶ヶ谷駅前の写真屋さん「フォトワン」店内で実施させて頂きましたが、到着時には既に20名以上の待ち列が出来ていました!ハイタッチしながら店内に入り、一人一人にサインをして、写真を撮ってお話して、と最終的には50名近くのサポーターの皆さんと交流を持つことが出来ました。寒い中待っていただき、更に差し入れやプレゼントまでいただきまして本当にありがとうございました。
ご協力頂いたエルカジ通り商店会の鈴木会長、阿部副会長、そしてお手伝い頂いた北部開拓委員会のサポーター有志の皆さん、ありがとうございました。


●ブレーメン商店街、オズ通り商店街

元住吉にある、ブレーメン商店街とオズ通り商店街を田坂選手と今年から新加入の森下選手の2人が回る予定だったのですが、残念ながら森下選手が風邪を引いてしまい、急遽田坂選手ひとりでの挨拶回りとなりました。
田坂選手は学生時代に出身である広島の商店街でよく買い物をしていたようで、「俺、商店街歩くのが好きなんですよ!元住吉の商店街は2つともすごく活気があって良いですね」と一言。挨拶回り中の商店街では多くの方に声をかけてもらい、「いつも応援しているよ!」や「今シーズンは是非優勝してね!」など商店街の方々から力強い声援をもらっていました。またあるサポートショップの店内では女子会が行われていて、たまたま店内に入ってきた田坂選手に「フロンターレの田坂選手じゃん!握手してもらってもいいですか?」と女子高生は大興奮。女子会に急遽参加した田坂選手は「女子力が上がったかも」となぜか満足げに振り返っていましたが、「サッカーには活かせないだろうねぇ(笑)」とスタッフにつっこまれる一面もありました。
今回の商店街挨拶回りをしてみて、田坂選手は「多くの方から声をかけてもらい、自分たちが期待されているということを肌で実感することができました。ひとりのスポーツ選手として、こうしたみなさんの期待に今年こそは是非応えたいなと思いましたので、明日からまた頑張ります!」と語ってくれました。


●長沢商店会、柿生中央商店会

「正直、長沢も柿生もあまり良く知らないんですよ。」と川崎北部(青玄寮)在住とは思えない弱気な発言のリョータ。このリョータとコーセイが川崎大師から最も遠い二つのエリア、長沢商店会と柿生商店会に向かいます。川崎大師から約一時間の道のりを経て、長沢商店会のコミュニティースペース「長沢ひろば」に到着。そこで出迎えたのは川崎フロンターレの大きなフラッグと来場の皆様による「シバサキコ〜セ〜!」のチャントと「オオシマ!!」のコールでした。二人とも移動の疲れが一気に吹っ飛びテンションが上がります。さっそくサイン&写真撮影会をスタート。皆様から「いつも長沢から等々力に通っているよ」「シーチケを買って家族で応援に行っているよ〜」等、たくさんの温かい言葉が。二人ともサインをしながら「ご声援ありがとうございます!」と会話が弾みます。最後のあいさつではコーセイが「今日は皆様からパワーをもらいました。絶対にタイトルをとります!」と熱く宣言し拍手喝さい。お集まり頂いた全員で笑顔の記念撮影、そして「フロンタ〜レ!」コールで見送られながら柿生商店会へ。
到着したのは柿生駅南口の屋外特設ステージ。心配された天気も無事に快復。待ちかねていた約100人の皆様から湧きおこった大きな拍手で迎えられながら特設ステージに登場した二人。「平日の夕方という難しい時間にも関わらず、これだけ多くの皆様に来て頂き本当に嬉しいです!」というコーセイの挨拶でサイン&写真撮影会がスタート。「いつも麻生グラウンドに練習見学に言っています。ここから近いんですよ〜」「麻生区からもたくさんの人達が等々力まで応援に行っているからね。頑張ってね」やはりここは練習場である麻生グラウンドに近い立地。川崎市の中では等々力からは遠い方かもしれませんが、多くの方が近隣の麻生グラウンドで練習している川崎フロンターレに親近感を抱いてくださっているようです。商店街の皆様からは「平日の夕方なので集まりが心配でしたが、こんなにたくさんの皆様にお集まり頂けて本当に良かったです。川崎フロンターレが、この川崎北部に着実に根付いて来たことを日々感じます。これからも商店会をあげて応援します」と心強いお言葉を頂きました。サイン会終了後は麻生区商店街連合会の会長でもある野村会長の経営する和菓子屋「大平屋」さんにご挨拶。ここで嬉しいサプライズが。昨日20歳の誕生日を迎えたリョータ。そのことを知っていた若旦那(野村会長の息子さん)から「誕生日おめでとうございます!」とみたらし団子がプレゼント。二人ともペロリ。「美味いっす!」と感激。さらに嬉しいエピソード。若旦那に昨年誕生した息子さん。名前をコーセイにしようかと悩んだそうです。最終的には「カイセイ」君にしたそうですが「コーセイさんから“セイ”という一部分を頂きました」という報告が。これにはコーセイも大喜びでした。最後に全てのスケジュールを終えた二人から一言ずつ。リョータは「寮から近いことが分かったのでこれからはもっと長沢商店会・柿生商店会を利用したいと思います」と新たな決意を。コーセイは「あったかかったです。長沢も柿生も本当にたくさんの温かい言葉を頂きました。ますます川崎北部が好きになりました。ひとりでも多くの皆様に等々力に足を運んで頂けるように必ず期待に応えます」と熱い思いを。長沢商店会・柿生商店会の皆様、どうもありがとうございました。これからも川崎フロンターレは川崎北部に一歩一歩足跡を残して行きたいと思います。


●中野島商店会

今回、中野島商店会には若手の二人、ノボリこと登里享平選手とフクこと福森晃斗選手がお邪魔しました。川崎大師を出発し、車中では、ノボリが「中野島の皆さんは、僕らのことわかるのかな…」と、少し不安がっていましたが、フクが「免許まだ取れてないんです」と教習所話を始めると、ノボリもさっきの不安を忘れた様子(笑)そんな中、あっという間に中野島に到着。
早速、サポートショップを中心にごあいさつ回りを開始! 中野島商店会は、商店会自体でもサポートカンパニーに加盟して頂いています。ごあいさつ回りの途中には、ノボリとフクがサポートショップに加盟していない店舗へ、カタログ片手に新規営業!!ノボリが「川崎フロンターレの登里です!サポートショップへの加盟をぜひお願いします!!」と元気よく営業すると、フクは独特の間合いで一生懸命、店員さんに営業していました(笑)そんな二人の頑張りにより、なんとその場でお申込みを頂いた店舗もありました!!そして、町会会館でサイン会を行い、最後はサポートショップのお蕎麦屋さんへごあいさつ。お店のご厚意でお蕎麦も頂きました。二人もお腹が減っていたようで、あっという間に完食していました。今回も商店会スタッフ、サポーターの皆さまのご協力があり、無事にあいさつ回りをすることが出来ました。本当にありがとうございました!!そして寒い中、サイン会に並んで下さった皆さまも、ありがとうございました!!

< 2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去の日記

過去の日記

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ