前節

SEASON2017

ラウンド16 第1戦

vs.ムアントン・ユナイテッド

emblem

最新節

次節

AWAY

日時:2017年05月23日(火)21:30キックオフ 会場:サンダードームスタジアム

試合終了

ゲームトップ画像

試合終了

  • エンブレム

    川崎フロンターレ

  • 3

    01
    30

    1

  • ムアントン・ユナイテッド

    エンブレム

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
vs.Muang Thong United FC

2017 ACL ラウンド16 第1戦 vs.ムアントン・ユナイテッド:開催データ
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態
曇、中風 31℃ 79% 良芝、乾燥
試合時間 コミッショナー 主審 副審 副審
90分   アルマリ アルシャマリ アルブルシャイド
追加副審 追加副審 第4の審判員 記録員  
アルヤクビ    
過去の対戦成績(J1) 過去の対戦成績(J2) 2017シーズン対戦記録
対戦無し 対戦無し

公式記録OFFICIAL MATCH RECORD

川崎フロンターレ[アウェイ] チーム [ホーム]ムアントン・ユナイテッド
3

0 前半 1
3 後半 0

1
鬼木 達 監督 トチタワン シーパーン
─ > ─ 勝点 ─ > ─

中村 憲剛 66分
小林 悠 69分
阿部 浩之 88分

得点
選手/時間

45+3分 ティーラシル デーンダー

選手名
シュート数 ポジ
ション
シュート数
選手名
45909045
チョン ソンリョン 1000 GK 000 1 カウィン タムサチャナン
奈良 竜樹 3000 DF 1102 ペレパット ノテチャイヤ
車屋 紳太郎 7011 0003 ティーラトン ブンマタン
0005 青山 直晃
00015 イ ホ
00019 トリスタン ドゥ
11029 セリオ サントス
谷口 彰悟 5000 MF 21118 チャナティップ ソングラシン
田坂 祐介 6000 00034 ワッタナ プライヌム
阿部 浩之 8112
中村 憲剛 14011
エドゥアルド ネット 21112
ハイネル 22101
家長 昭博 41112
森本 貴幸 90 0 FW 321 10 ティーラシル デーンダー
000 22 モンコン トサクライ
 
GK/新井 章太 30     0 SUB 0     28 GK/プラシット パドゥンチョック
DF/武岡 優斗 17     0 0     25 DF/アディソン プロムラク
MF/大島 僚太 10   0 0 0     26 DF/スパン トンソーン
MF/長谷川 竜也 16     0 0     33 DF/ピタッポーン クンスワン
MF/森谷 賢太郎 19   0 0 0     13 MF/ラッチャポル ナワンノ
MF/狩野 健太 25     0 0 0   14 MF/ソラウィット パントーン
FW/小林 悠 11   2 2 0 0   16 MF/サヌクラン ティンジョム
経過
得点選手 得点経過 得点選手
経過

中央 41 ↑ 左 7 ヘディング 中央 14 左足S

14 中村 憲剛 66 45+3 ティーラシル デーンダー 10

中央 3 → 10 右足S

中央 14 → 右 41 ↑ 中央 11 右足S

11 小林 悠 69

中央 11 → 19 → 右 11 → 中央 8 左足S

8 阿部 浩之 88

[得点経過の記号の意味]〜:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート

OUT IN 交代選手 IN OUT
9 森本 貴幸 11 小林 悠 46 67 14 ソラウィット パントーン 2 ペレパット ノテチャイヤ
22 ハイネル 10 大島 僚太 59 83 16 サヌクラン ティンジョム 22 モンコン トサクライ
10 大島 僚太 19 森谷 賢太郎 74    
警告・退場
選手名/理由
C1 19 森谷 賢太郎 90+3
  
  
  
  
  
45 90 データ 90 45
4 7 11 シュート 7 5 2
4 4 8 GK 10 7 3
1 2 3 CK 3 1 2
0 0 0 直接FK 0 0 0
6 3 9 間接FK 9 4 5
1 0 1 オフサイド 1 0 1
0 0 0 PK 0 0 0
警告・退場
選手名/理由
  
  
  
  
  
  

注1:オフサイド欄の数値は、間接FK数のうちオフサイドによるものを表している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。

警告理由
C1 = 反スポーツ的行為 C2 = ラフプレイ C3 = 異議 C4 = 繰り返しの違反 C5 = 遅延行為  C6 = 距離不足
C7 = 無許可入 C8 = 無許可去
退場理由
S1 = 著しく不正なプレイ S2 = 乱暴行為 S3 = つば吐き S4 = 得点機会阻止(手) S5 = 得点機会阻止(他)
S6 = 侮辱 CS = 警告2回

前節終了時の累積警告

  • なし

今節の出場停止

  • なし

スターティングメンバーLINE-UP

川崎フロンターレ
ムアントン・ユナイテッド

最近の結果と予定 RESULTS & SCHEDULE

最近の試合結果と予定
川崎   ムアントン・ユナイテッド
3試合前
2試合前
前節
次節
2試合後

採点プリーズ

あなたのマンオブザマッチを採点しよう!

試合後、あなたが選んだMOMをモバフロで
採点! あなたがチェックしたポイントも、
どんどんコメントしてください!!

毎試合終了後、翌日12:00PMまで投票受付!*採点するには「モバイルフロンターレ」への登録(ご利用料金:月額324円)が必要です。

この試合の採点結果

1
大島僚太選手6,328
2
チョン ソンリョン選手6,315
3
阿部浩之選手6,303
毎試合50名様に当たる!!

採点に参加すると、1位に選ばれた選手の
サイン入生写真など、豪華賞品が当たります!

みんなの採点コメント

ムアントン戦お疲れ様でした。前半終了間際に得点されてどうなるかと思ったけど大島選手が入ってパスにもサイドに散らしたり良いテンポで回り出してリズムが出来ていました。ただ怪我が気になります…チームで勝ち取ったアウェイの勝利!ホームで多少余裕はあるとはいえもちろん勝ちましょう!(けーすけ)/連戦の中、本当に素晴らしい勝利でした!前半は点が入る感じがしなくて心配でしたが、後半、大島選手が入ってからは、うまく攻撃のスイッチが入り、前線の選手は水を得た魚のように生き生きとプレーしていたのが印象的でした。(にんじん)

photo

あんたが大賞

今節のアウェイで大賞は、厳しい暑さの中でのゲームでしたが90分通してチームを引っ張り、貴重な同点ゴールを決めた中村憲剛選手です!!

贈呈者
和幸商事株式会社
賞品
和幸お食事券1万円分

モバフロだけ! 試合前の選手コメントPLAYERS’ COMMENTS BEFORE THE MATCH

POWERED BY モバフロ

川崎フロンターレ:谷口 彰悟

ひとつのポイントはやはり暑さ。でも若干慣れてきたし、試合は夜なので大丈夫だと思う。試合でいえば90分間のなかでいかにゲームをコントロールできるかにかかってくると思っている。ムアントンは攻撃的で勢いがあるチーム。相手のホームなのでスタジアムの雰囲気を含めて、最初は勢い良く出てくると思う。そこで相手に圧倒されず、雰囲気に飲み込まれないようにしたい。そういう意味でも立ち上がり、試合の入り方が大事にな…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:田坂 祐介

長距離移動があったり、気候もかなり違っていてかなりタフな環境だが、徐々に慣れてきたところはある。暑さは覚悟していたことなのでさほど驚きはないが、実際に来てみると日中は何もしなくても汗ばんでくる。ただ試合は夜だし、日が落ちれば問題ないと思う。スタジアムはこじんまりしているがサッカー専用スタジアムで観客からの声も聞こえるので、いい雰囲気のなかで試合ができるかなと。アウェイゲームだがフロンターレらし…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:車屋 紳太郎

タイは熊本の夏を彷彿させるような暑さ。ただ、タイではこれが日常。ひさしぶりに暑さのなかでのサッカーを思い出した感じ。ムアントンのサポーターもたくさん来て、ひとつひとつのプレーの反応がすごいかもしれない。相手は勢いに乗って来るんじゃないかなと思う。その圧力に負けないようにしたい。個人的にはずっと試合に出ていて体力的にきつい部分もあるが、ずっと出ているぶん試合のリズムを作りやすい。この第一戦でまた1…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:阿部 浩之

個人的には一度タイでACLを戦っていて、この暑さや湿度は経験済みなので大丈夫だと思う。ピッチコンディションは試合になってみなければわからないが、少し走りづらいなというのは相手も同じ。ACLのアウェイということで気をつけなければいけないこともあるが、特別に大きく変えることはないかなと。ラウンド16からアウェイゴールが重要になってくるので、得点を取ることが大事になってくる。バランスを崩してでも取りに行…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:森本 貴幸

2戦あるうちの最初のアウェイゲーム。まずは負けないことを前提にして、自分たちのサッカーに持ち込んで点を取って、みんなで気持ちよく帰れるような勝点3を取りたい。今回多少選手の組み合わせが変わるかもしれないので、試合をやりながら合わせていくところもある。ただ、相手がどう出て来るかもわからないので、その出方を伺いながら徐々に自分たちのペースにしていきたい。…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:中村 憲剛

昼間はかなり暑いが、試合は夜なので多少収まると思う。この環境のなかでのアウェイゲームだが、セカンドレグもあるので、ポイントのひとつはアウェイゴール。そして90分間でのゲームコントロールが重要になる。中3日で移動してきてのゲームなので、相手に勝点3を与えないことも大事。勝つことが一番だが、アウェイゴールを取って引き分け以上でいければ。相手も連戦だが熱狂的なサポーターがいるだろうし、ホームスタジアム…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:家長 昭博

ムアントンは速い、うまい、強いというイメージ。1人ひとりの技術もある。難しいゲームになると思うが、チーム全員の力で乗り越えたい。個人的にはコンディションは上がってきているが、ゲームを長くやっていないのでまだまだ難しい部分はある。まずはチームがしっかり勝てるように。ただ2試合合計のスコアで勝負するので、冷静に戦っていきたい。第一戦はアウェイなので、しっかりゴール取ること。いつもの試合と同じで、チー…

つづきは
モバフロで!

試合レポートMATCH REPORT

ACLラウンド16・第1戦、タイに遠征してのムアントン・ユナイテッドとの一番。タフな環境下での試合だが、ホームでの第2戦につなげる結果を持ち帰りたい。蒸し暑さが残るサンダードームスタジアム。日本時間21:30キックオフ(現地時間19:30)。

前半THE FIRST HALF

フロンターレのスターティングメンバーは、森本と家長の2トップ、中盤左に阿部、右にハイネル、ボランチは中村とネットのコンビ、最終ラインは車屋-谷口-奈良-田坂、GKソンリョン。立ち上がり1分、フロンターレの攻撃。阿部の左サイド裏へのボールに家長が抜け出しクロスを入れるが、そのままゴール上に外れる。3分、ムアントンの攻撃。パスをつながれ右サイドからクロスを入れられるが、田坂がクリア。4分、左コーナーキックのこぼれ球を拾われゴール前にボールを入れられるが、GKソンリョンがパンチングでしのぐ。5分、右サイドから崩しをかけられるが、トリスタン ドゥの突破は阿部が対応。6分、フロンターレの攻撃。パスをつなぎハイネルがドリブルで切れ込み、右サイド田坂に振るがラストパスにつながらず。8分、ボールを奪い返し家長が右サイドへ展開。森本が折り返しを狙うがブロックされる。10分、相手陣内でボールを奪い返し、中村が左サイドからスルーパスを入れるが惜しくもカットされる。11分、左サイドからのフリーキックの場面。中村のボールはクリアされ、こぼれ球に詰めた阿部がミドルシュートを放つが大きく外れる。12分、ムアントンの攻撃。左サイド裏のスペースを突かれ、ペレパット ノテチャイヤに折り返されるがゴール前に合わず。14分、フロンターレの攻撃。細かくパスをつなぎボールを動かすがラストパスにつながらず。15分、フロンターレの攻撃。ムアントンのカウンターをしのぎ、直後にカウンターへ。ハイネルが右サイドから深い位置までドリブル突破。折り返しを入れるが、惜しくもゴール前に合わず。17分、ボールを回しながらチャンスを伺うがラストパスにつながらず。20分、田坂が右サイド中盤からロングボールを入れるが、走り込んだハイネルには合わず。21分、ムアントンの攻撃。ボールを奪い返されパスをつながれるが、右サイドのモンコン トサクライには谷口が対応。22分、左サイドでの早いリスタートからゴール前にボールを入れられるが、GKソンリョンがキャッチ。23分、フロンターレの攻撃。左サイドから崩しをかけて中央阿部のポストプレーからネットが抜け出しシュートを放つが、惜しくもブロックされる。25分、自陣からパスをつなぎ中村がスルーパス。右サイドから抜け出したハイネルがシュートを放つが、惜しくもGKにキャッチされる。

26分、ムアントンの攻撃。直後に反撃を浴びゴール前に圧力をかけられ、左サイドのペレパット ノテチャイヤにシュートを打たれるがゴール上に外れる。27分、フロンターレの攻撃。パスをつなぎ中村が右にサイドチェンジ。田坂がダイレクトで折り返すが、惜しくもクリアされる。28分、田坂が右サイドからゴール前にボールを入れるが、GKにキャッチされる。29分、フロンターレの攻撃。左スローインの流れから家長がクロスを入れるが、クリアされる。30分、さらに押し込み谷口がロングシュートを放つが、ゴール上に外れる。30分、クーリングタイムが入り、約2分のインターバル。33分、ムアントンの攻撃。パスをつながれ押し込まれるが、守備陣が落ち着いて対応。34分、フロンターレの攻撃。パスをつなぎ左サイドから崩しをかけるが、クリアされる。35分、中村の左コーナーキックはクリアされる。37分、ムアントンの攻撃。左サイドから崩しをかけられフリーのチャナティップ ソングラシンにシュートを打たれるが、守備陣が当たり外れる。38分、右コーナーキックの場面。ティーラトン ブンマタンからボールが入るが、ムアントンのファールの判定。39分、左サイド裏のスペースを狙われるが、チャナティップ ソングラシンには奈良が対応。40分、ボールを奪い返され押し込まれるが守備陣がしのぐ。41分、フロンターレの攻撃。右サイドに展開。ハイネルが深い位置から折り返すがクリアされる。43分、ムアントンの攻撃。中盤から裏のスペースにボールを入れられるが、GKソンリョンがキャッチ。45分、フロンターレの攻撃。ネットが中盤から左サイド裏のスペースにボールを入れるが、家長には収まらず。アディショナルタイム3分。45+2分、フロンターレの攻撃。パスを細かくつなぎ、家長が左サイドから低いボールを入れるがクリアされる。迎えた45+3分、ムアントンの攻撃。直後にカウンターからパスをつながれ押し込まれ、一瞬のスキを突かれティーラシル デーンダーにミドルシュートを決められる。(0-1) 前半はお互いにボールを回しながらチャンスを伺う展開。徐々にフロンターレが押し込みチャンスを作るが、得点につながらず。すると徐々にムアントンのカウンターを浴びるようになり、チャンスの直後に失点。0-1で前半を折り返した。

ハーフタイムコメントHALF TIME COMMENTS

エンブレム

川崎フロンターレ:鬼木 達 監督

間で受けて、出して前に出て行く意識を持って。リスク管理をしっかりと。シュートを簡単に打たせない。アウェイでしっかり点を取りにいく。点を取りに行く気持ちを前面に押し出して。

エンブレム

ムアントン・ユナイテッド:トチタワン シーパーン 監督

※公式発表なし

後半the 2ND half

後半スタートから森本に代わり小林がピッチへ。46分、フロンターレの攻撃。パスをつなぎハイネルが右サイドから裏のスペースにボールを入れるが、小林には合わず。47分、ムアントンの攻撃。右サイドからの崩しを狙われるが、トリスタン ドゥには車屋が対応。49分、中盤やや右からのフリーキックの場面。ティーラトン ブンマタンのボールをセリオ サントスにヘッドで合わせられるが、ゴール左に外れる。危ない場面だった。50分、フロンターレの攻撃。自陣からパスをつなぎ押し込むがシュートに持ち込めず。51分、ムアントンの攻撃。直後にカウンターを浴び、ワッタナ プライヌムにミドルシュートを打たれるが大きく外れる。53分、左サイドからペレパット ノテチャイヤに浮かし球を入れられるが、車屋が対応。54分、フロンターレの攻撃。左サイドから崩しをかけてクロスのこぼれ球をつなぎ、車屋が左サイドからシュートを放つが大きく外れる。55分、さらに左サイドから崩しをかけ、車屋が速いボールを入れるがクリアされる。56分、パスをつないで押し込み、中村からの速いボールを受けた小林が右サイドから左足でシュートを放つがゴール左に外れる。57分、セカンドボールを拾って押し込むが、シュートに持ち込めず。58分、ムアントンの攻撃。パスをつながれ中央突破を狙われ押し込まれるが、谷口が対応。59分、ハイネルに代わり大島が入り、ボランチへ。家長が右ワイドに回り、中村が1列上がる。61分、フロンターレの攻撃。自陣からパスをつなぎ、大島が左サイドに展開。車屋がクロスを入れるがクリアされる。62分、中村の右コーナーキックをネットがヘッドで合わせるが、惜しくもゴール左に外れる。64分、セカンドボールを拾って攻勢をかけ、中村が左サイドからクロスを入れるがクリアされる。迎えた66分、パスをつなぎ、右サイドの家長がサイドチェンジのボール。左サイドの車屋がヘッドで戻したボールを受けた中村が落ち着いてGKをかわし、シュートを決める。(1-1)

68分、ムアントンの攻撃。パスをつながれ押し込まれるが、守備陣が落ち着いて対応。迎えた69分、フロンターレの攻撃。大島が中盤でボールカット。そのままカウンターにつなげ、右サイド家長の速い折り返しを小林がダイレクトで合わせて追加点を奪う。(2-1) 72分、ムアントンの攻撃。右サイドからのフリーキックの場面。ティーラトン ブンマタンのボールから混戦となるが、ボールはゴール左に外れる。73分、ティーラトン ブンマタンの右コーナーキックをセリオ サントスにヘッドで合わせられるが、GKソンリョンがキャッチ。危ない場面が続いた。74分、負傷の大島に代わり、森谷がピッチへ。75分、クーリングタイムで約2分のインターバル。78分、ムアントンの攻撃。自陣でボールカットされ、左サイドからクロスを入れられるが森谷が戻りクリア。79分、フロンターレの攻撃。左サイドから崩しをかけ、森谷の縦パスに抜け出した家長がシュート性のボールを入れるがクリアされる。80分、ムアントンの攻撃。フロンターレのコーナーキックの流れからカウンターを浴び、ティーラシル デーンダーにドリブルでゴール前に運ばれるが、GKソンリョンがシュートストップ。守備陣がクリア。ピンチをしのぐ。81分、セカンドボールを拾われ押し込まれる時間が続くが、守備陣が耐える。82分、中盤でカットされカウンターを狙われるが、守備陣が戻り対応。85分、セカンドボールを拾われ押し込まれるが、守備陣がしのぐ。86分、右サイドに展開されクロスが入るが、守備陣がクリア。87分、ボールを回され押し込まれるが、ネットがカット。迎えた89分、フロンターレの攻撃。右サイドから崩しをかけて森谷のスルーパスに小林が抜け出し、折り返し。ファーサイドの阿部が落ち着いてシュートを決める。(3-1) アディショナルタイム5分。90+2分、ムアントンの攻撃。チャナティップ ソングラシンにドリブルで切れ込まれるが、ネットがカット。90+4分、パワープレーに出るムアントンの反撃をしのぐ時間が続くが耐え、3-1でタイムアップ。

後半フロンターレがメンバーチェンジをしながらギアを上げて主導権を握り、中村のゴールで同点に追いつく。さらに攻勢をかけて小林がシュートを決めて追加点。終盤ムアントンの反撃をしのぎながら阿部のゴールで3点目を奪い、第2戦に向けて大きなアドバンテージとなる勝利を挙げた。

試合終了後 監督コメントCOMMENTS AFTER THE MATCH

エンブレム

川崎フロンターレ
鬼木 達 監督ONIKI, TORU

[公式記者会見 総評]

暑かったのですが、90分間を通してゲームをコントロールできたことが勝因に繋がったと思います。前半、失点してしまいましたけど、しっかりゲームをコントロールできたことによって、後半に我々のサッカーが出来ました。プラス、選手は暑くて大変だったと思うのですが、3点目までとって、アウェイゴールという大事なものを良くとってくれたと思います。以上です。

[公式記者会見 質疑応答]
── 後半、大島僚太選手が入ってムアントンがやりにくそうでした。今日の試合でスタートから外していた理由を教えてください。
ひとつは連戦だったということと、あとはケガもありましたのでそこを考慮してスタートからは使いませんでした。
── 次の日本での試合はどういう試合になると思いますか?
ホームですけど、難しい試合になると思います。今日、戦ってみて改めていい選手が揃っていますので、我々はしっかり気を引きしめて挑みたいと思います。
── 後半、小林悠選手を入れましたが、ムアントンの欠点が見つかったからですか?
ひとつはうちのエースですので、最初からタイミングを見て使う予定ではいました。前半の最後に失点してしまったので、流れを変えるために小林を投入しました。あとは点を取る自信はあったので、本人もあったとは思いますけど、本当に良い活躍をしてくれたと思います。

エンブレム

ムアントン・ユナイテッド 監督
トチタワン シーパーン

[公式記者会見 総評]

※公式発表なし

[公式記者会見 質疑応答]
※公式発表なし
 

試合終了後 選手コメントPLAYERS’ COMMENTS AFTER THE MATCH

川崎フロンターレ:奈良 竜樹

── 試合を振り返って
基本的にゲームは支配していたと思う。45分で見るともったいない前半だったと思うが、90分でみたら相手にじわじわダメージを与えて取るところでしっかり取って、最後にダメ押しできた。全体的な流れを見たらいいゲームだったかなと思う。相手がもう少し前から来るかなと思ったが、意外と引いてカウンターを狙ってきた。こちらとしても暑さもあったし、全部が全部いけないし、どこかでゆっくりする時間を作りながらという感じでやっていた。それで相手の出方を探るような感じになったのもある。ただゲーム自体は支配していたので、それだけに前半最後の失点がもったいなかった。あれは前半最後でみんなの動きが止まって、ボールに誰がいくのかはっきりしないところがあった。終わらせ方という意味では前半最後だが、あの1点が命取りになったかもしれないので気を引き締めていかないと。2-1でも悪くない結果だと思っていたし、そこで3点目取れたのは大きい。相手の心を折ることができたと思う。ただ半分終わっただけなので、相手にスキを見せずに勝ち切る試合をしたい。

川崎フロンターレ:田坂 祐介

── 試合を振り返って
先制されたのは課題だが、そのあとハーフタイムにみんなで慌てずやろうと話し合ったし、今やっていることを続けていけば点取れるからということで冷静にプレーできたと思う。しつこく攻め続けたのがこの結果を生んだのかなと。自分たちがしっかり精度を上げていけば相手がついてこられないのは分かっていたし、前半のボール回しがジャブのように効いてきて、それが後半の展開をもたらした。アウェイで3点取って勝てたのはいい結果だと思う。3点目が相当大きかった。最後相手がパワープレーできていたなかで、そこで点を取られていたら同点になっていた。試合前から攻撃の手を緩めずに最後まで点を取りにいこうと話していて、それを実行することができた。タフな条件のなかで3点目を取って勝点3を持って帰れるのは大きいと思う。2戦目も相手を圧倒して、自分たちの力を見せて勝ちたい。

川崎フロンターレ:阿部 浩之

── 試合を振り返って
先に失点してしまったのは少し痛かったが、アウェイということで予想の範囲内というか、こっちがしっかり点を取ればいいだけだったので、そこまで焦りはなかった。前半は相手も頑張っていたが後半は間が空き出してきて、こちらもギアを上げたこともあって、そういうところでうまく噛み合って逆転できたのかなと。前半も相手がブロックを敷くなかで探り探りの部分もあってそこまでいい攻撃はできなかったが、相手を走らせるという意味では充分だったかなと思う。3点目を取れたのは相当大きい。試合の流れとしては2-1で追いつかれずに勝ち切るプランだったと思うが、アウェイで3点取って2点差をつけることができて、なおさら楽になった。ただ、次のゲームでふわっと入らないようにしたい。3点取ってる余裕はあるが、相手が先に1点取ったらまたわからなくなるので、そこだけは気を引き締めてやりたい。

川崎フロンターレ:小林 悠

── 試合を振り返って
ベンチから見ていて前半からボールは保持していたが、相手のコートで回す時間が少なかったかなと。ただボールを持って相手を走らせていたので、後半チャンスがくるかなと思っていた。前半最後のところで失点してしまったので、絶対点を決めてやろう、点に絡むプレーをしようと思っていた。前半のうちからだんだんスペースが空いてきたなというのは感じていたし、後半になって相手がすごく疲れていた。そこで点を取って逆転できたので、全体の試合運びとしてはよかったと思う。後半早めの時間にケンゴさん(中村憲剛)が取ってくれていけるなという感じになったし、2点目もたまたまだがうまく取ることができた。アウェイゴールを1点でも多く取ろうとオニさん(鬼木達監督)も話していたので、最後までみんなで狙いにいって3点目も取ることができた。先に失点はしたが、第1戦のアウェイの試合運びとしては完璧に近いと思う。

川崎フロンターレ:中村 憲剛

── 試合を振り返って
前半相手がもっと前から来るかなと思ったがこなかったので、まず自分たちがしっかりボールを持つところからはじめた。そこからどうやって相手の陣地に入っていくかというところだったが、ちょっと回数が少なかった。ただ個人的にはいけるなという感覚があった。そういう意味では前半終了間際の失点はいらなかったし、そこは非常に悔しいところ。ただ取られてもこっちが取り返せばアウェイゴールになるので、点を取ることだけを考えていた。後半リョウタ(大島僚太)が入って、自分は前に行って、けっこうスペースがあったので出して動いたり、出して寄ったりを繰り返していけば取れると思っていた。これまでの試合と同じで前半のジャブが効いてきて、そこで1点取れて、ユウ(小林悠)が取って逆転したところで、2-1で終わらせるんじゃなくて3点目を取りに行こうというのがみんなのなかであった。そこで実際に取れたのが大きい。欲を言えば4点目を取りにいきたかったが、体力が残っていなかった。中3日で遠征で消耗戦だったが、フレッシュな選手を使いながら後半ギアを上げてパワーを使うというやり方がうまくいった。タフな試合を通じて、みんな戦えるようになってきたと思う。

川崎フロンターレ:森谷 賢太郎

── 試合を振り返って
天候的にも厳しい戦いになるのはわかっていたが、前半終わってみんなの汗の量がすごかった。でもうちがボールを持っている時間が長かったので、相手もだんだん疲れてきてチャンスが作れるんじゃないかなと思っていた。早い段階でケンゴさん(中村憲剛)が決めてくれて、そのあとユウ(小林悠)が追加点取ってくれたのでやることがはっきしたし、いい試合運びができたと思う。自分は2-1で勝っている状態で入ったので、勝ち切ることとアウェイゴールが大事になるというのは試合前から話していたので、3点目取りに行くチャンスがあれば絡んでいければと思っていた。3点目はユウ(小林悠)がうまく横に出してくれて強い動きをしてくれたので、相手もついていけていなかったのでチャンスになるかなと思っていた。ホーム&アウェイの試合でアウェイゴールが大事になるので、3点取って勝てたのは大きい。今度はホームでしっかり勝って次のラウンドに進みたい。

川崎フロンターレ:エドゥアルド ネット

── 試合を振り返って
いろいろな意味で、すごく難しいゲームになった。連戦のなかでアウェイゲームの移動が続いてみんな疲労感はあったと思うが、チーム全員の力で最後の最後まで戦った結果、素晴らしい勝利につながったと思う。アウェイゴールを3点取れたのは大きい。自分たちの能力、チームの強さを見せることができた。ただ、まだ何も決まったわけではないので、次のホームゲームもしっかり勝って次のステップに進んでいきたい。

川崎フロンターレ:家長 昭博

── 試合を振り返って
アウェイで3点取って勝つことができたのはよかった。個人的には得点に絡めたので、探り探りではあるが少しずつ戦力になれるように頑張っていきたい。フロンターレではまだ試合をこなしていないし、感覚的にははじめてのことが多いので、自分としてはまだまだ。もっとフロンターレのサッカーに馴染んでいかないと。チームとしてはアウェイで逆転して、さらに3点目を取れたのは良かった。ただ次の試合も大事なので、また1週間いい準備をして、また次も勝ちたい。

NEXT MATCH

次の試合も熱い声援を! 合言葉はPaint it Blue!!

SEASON2017

ラウンド16 第2戦

vs.ムアントン・ユナイテッド

emblem

HOME日時:2017年05月30日(火)19:00キックオフ 会場:等々力陸上競技場

試合スケジュールへ

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h