お知らせ

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

2011年09月03日(土)- 1

Mind-1ニッポンプロジェクトの今後の活動について

川崎フロンターレでは、「Mind-1ニッポン」を合言葉に、2011年3月11日(金)に発生した東日本大震災の被害に対し、被災地への復興支援活動を行っております。この活動が一過性でなく、被災地の復興の目処が経つまで継続性を持って行うことが重要と考え、中長期的な支援計画「Mind-1ニッポン プロジェクト」を立ち上げ、クラブ、そしてクラブに携わる全ての皆様と力を合わせて継続的に支援活動を実施してきました。
今後も継続的に支援活動を実施していくにあたり、新たに決まった取り組みについてお知らせ致します。

1.「Mind-1ニッポンプロジェクト義援金の取り扱い」

皆様からお寄せいただいた義援金は、被災者の援助・復興の資金などに使用していただく目的で、Jリーグを通じて日本赤十字社に寄付しておりました。このたび9月末日で日本赤十字社の「東日本大震災の義援金受付終了」に伴い、今までJリーグへ定期的に送金しておりましたMind-1ニッポンプロジェクト義援金も終了します。しかし、「Mind-1ニッポン プロジェクト」としましては、今後も継続的に支援活動を行っていくため新たな募金口座を開設します。ここで集まった募金は、Mind-1ニッポンプロジェクトの復興支援活動の活動費に充て、より直接的に被災者支援の活動を行っていくための資金となります。新規口座情報は、開設次第お知らせ致します。

先駆けて、ファン感謝デーで実施するチャリティオークション「ハンマープライス」の収益金は、復興支援活動の新規活動募金に充てさせていただきます。また、川崎フロンターレ プロモーション部部長天野春果著「僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ」(小学館)の著者印税もこちらの新規活動募金へ入ります。
今後とも、Mind-1ニッポンプロジェクトへのご支援よろしくお願い致します。

2.「川崎フロンターレ算数ドリル」の寄付および、全選手訪問「サッカー教室」開催

川崎フロンターレでは、2011年度川崎市立小学校6年生・川崎市立特別支援学校の教材として「川崎フロンターレ算数ドリル(上巻)」を作成しましたが、その一部を東日本大震災の被災地の1つである岩手県陸前高田市の公立小学校9校の6年生の皆さんへ4月末に寄付させていただきました。川崎フロンターレでは、陸前高田市への継続的な支援のため、先般完成した「川崎フロンターレ算数ドリル(下巻)」を再度寄付致します。合わせて、9月18日(日)陸前高田市高田小学校にて川崎フロンターレ選手会主催による「小学生対象サッカー教室」を開催することとなりましたので、お知らせ致します。
川崎フロンターレ選手会主催「小学生対象サッカー教室」には、この活動に賛同いただいたユニファームサプライヤーのプーマジャパン株式会社様から全参加者へオリジナルTシャツ・サッカーボール4号球、株式会社ドール様より全参加者にバナナを寄付していただくことになりました。

※4/19(火)付【お知らせ】 「川崎フロンターレ算数ドリル」の寄付について
※4/30(土)付【フロンターレ日記】 陸前高田市へ

≪算数ドリル≫

■寄付先の小学校(陸前高田市の公立小学校 全9校)
・陸前高田市立 小友小学校
・陸前高田市立 高田小学校
・陸前高田市立 気仙小学校
・陸前高田市立 長部小学校
・陸前高田市立 広田小学校
・陸前高田市立 米崎小学校
・陸前高田市立 矢作小学校
・陸前高田市立 竹駒小学校
・陸前高田市立 横田小学校

■寄付数
川崎フロンターレ算数ドリル(下巻) 約500部(予備分含む)

■受渡し日
2011年9月18日(日)

■受渡し方法
川崎フロンターレ・クラブスタッフ・監督・コーチ数名、川崎フロンターレ選手会(選手全員)が社有車・バス等にて現地へ直接運搬し、陸前高田市立高田小学校の小学校6年生に直接手渡しします。
他、8校分は教育委員会に配布を依頼します。

※「川崎フロンターレ算数ドリル」についてはこちら

≪サッカー教室≫

■開催日
2011年9月18日(日)

■開催時間
11:00~14:00

■開催場所
陸前高田市高田小学校

■参加対象
陸前高田市小学生 希望者 約100名

■川崎フロンターレ側参加者
川崎フロンターレ選手全員、監督、コーチ

■開催内容
サッカー教室、懇親バーベキュー

※8月17日(土)のJ1第26節 モンテディオ山形戦の遠征メンバーは試合終了後に仙台へ移動。遠征メンバー外選手も前日に仙台入り。当日すべての選手で仙台から現地へ向かいます。

3.「川崎修学旅行(川崎観光・フロンターレホームゲーム招待)」開催

今年の4月末、スタッフが岩手県陸前高田市を訪れた際、川崎市の場所や街自体を知らない子ども達が多くいました。そこで、川崎という街を陸前高田市の子ども達に知ってもらうため、川崎フロンターレのホームゲームをきっかけとして川崎へ招待しようと計画しました。行程として、初日が川崎市の協力による川崎観光と黒川青少年野外活動センターの宿泊及びサポーター協力による交流会、2日目は、引き続き川崎観光とフロンターレホームゲーム観戦をする「川崎修学旅行」として、川崎を満喫していただきます。この事業は、川崎市、クラブ、サポーターの合同事業として下記スケジュールにて実施致します。

■開催日
2011年10月15日(土)~16日(日) 一泊二日

■招待規模
陸前高田市の小学生とその保護者 70名

■内容
◇1日目
10月15日(土)PM 東京着 → 川崎観光① → 交流会 → 黒川青少年野外活動センター泊

◇2日目
10月16日(日) → AM 川崎観光② → 試合観戦(J1リーグ第29節vs新潟) → 試合後、陸前高田へ

※移動、試合観戦招待を川崎フロンターレ、宿泊・川崎観光を川崎市、交流会をサポーター有志が中心となって進行いたします。

過去のお知らせ

Get AdobeReader

当サイトのコンテンツ閲覧には一部、プラグインが必要な場合があります。必要な方は上記のボタンからダウンロードサイトに移動し、ガイドにしたがってインストールしてください。

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ