お知らせ

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

2012年09月17日(月)- 2

Mind-1ニッポンプロジェクトの今後の活動と報告について

川崎フロンターレでは、「Mind-1ニッポン」を合言葉に、2011年3月11日(金)に発生した東日本大震災の被害に対し、被災地への復興支援活動を行っております。この活動が一過性でなく、被災地の復興の目処が経つまで継続性を持って行うことが重要と考え、中長期的な支援計画「Mind-1ニッポン プロジェクト」を立ち上げ、クラブ、そしてクラブに携わる全ての皆様と力を合わせて継続的に支援活動を実施してきました。
現在も継続的な活動を行っていますが、被災地の復興には時間が掛かり、未だに被災地からも支援は求められています。
新たに決まった取り組みと現状の活動報告についてお知らせ致します。

MONKEY MAJIK「Headlight」をMind-1ニッポンプロジェクト公式テーマソングへ

被災地の宮城県仙台市を拠点に活動しているMONKEY MAJIKは、東日本大震災の復興支援プロジェクト「SEND愛」を立ち上げ、今も継続的に復興支援活動を実施。外務省から「震災復興発信使」(KIZUNA大使)に任命されました。そのMONKEY MAJIKが震災後にリリースした「Headlight」に共感し、今回Mind-1ニッポンプロジェクト公式テーマソングとして使用させていただくことになりました。

◆使用内容
下記のMind-1ニッポンプロジェクトの活動告知・報告時に使用
①スタジアムビジョンで上映する映像の背景音源として
②tvk応援番組「ファイト!川崎フロンターレ」
③シーズンチケット購入者特典のプレミアムDVD(非売品)
◆MONKEY MAJIKコメント
『皆さんの活動には大変胸を打たれました。僕たちも継続することが一番大事なことだと実感しております。これからも一緒に力を合わせて活動していきましょう』
「第2回陸前高田 川崎修学旅行」開催

先日、岩手県陸前高田市で選手達がサッカー教室を実施した際も、まだまだ川崎市の場所や街自体を知らない子ども達が多くいました。川崎という街を陸前高田市の皆さんに知ってもらい、陸前高田との絆が更に深まるよう、昨年に引き続き、「第2回 陸前高田 川崎修学旅行」と銘打ち、参加を希望された子ども達及びその親御さんを川崎へ招待しようと計画しました。
本企画の大きな特徴は、川崎フロンターレが単独で行うのではなく、クラブ、サポーター、川崎市、そして地元団体が相互連携をとり開催するところにあります。川崎修学旅行参加者の誘導、案内、朝食の準備をフロンターレサポーター有志、川崎観光の調整を川崎市が中心となって実施。川崎唯一の相撲部屋「春日山部屋」では、昨年に引き続きちゃんこの昼食提供、宿泊先となる川崎生涯研修センターは、宿泊施設の利用及び併設された温泉施設(志楽の湯)の利用すべてを無償協力していただきます。また、川崎観光の一か所であるラゾーナ川崎では、買い物に利用できるクーポンの提供や遊戯施設の無償開放などの便宜をはかっていただきました。
クラブが掲げる『支援はブームじゃない。』の合言葉に賛同し活動を共にしてくださる皆様との合同事業として下記スケジュールにて実施致します。

◆開催日
2012年9月29日(土)〜30日(日) 一泊二日 ◆招待規模
陸前高田市の小学生とその保護者 70名 ◆協力
川崎生涯研修センター、ラゾーナ川崎、春日山部屋 ◆内容
<一日目>
9月29日(土)PM 東京着
→ 試合観戦(J1リーグ27節vs札幌)
※親子サッカー教室、競技場見学実施 
→ 川崎生涯研修センター宿泊 ※併設「志楽の湯」利用可
<二日目>
9月30日(日)
→ 川崎大師観光 → 春日山部屋昼食
→ ラゾーナ川崎ショッピング → 陸前高田へ
※移動、試合観戦招待を川崎フロンターレ、川崎観光を川崎市、引率・炊事をサポーターが中心となって進行いたします。 ◆2012年これまでの陸前高田市との交流
◇3月10日(土)J1開幕戦vs新潟
「J1開幕戦vs新潟 パブリックビューイングin陸前高田」 開催
「等々力競技場に陸前高田バーチャル応援席」 設置
「陸前高田市マスコットキャラクター ゆめちゃん」 来場 ※この事業は、第6回キッズデザイン賞の復興支援デザイン賞特別賞を受賞しました。
詳細はこちら
◇9月2日(日)川崎フロンターレ選手会主催「第2回陸前高田サッカー教室」
活動日記はこちら
Mind-1ニッポンプロジェクト義援金報告

皆様からお寄せいただいた義援金は、現在、被災者の援助・復興の資金などに使用していただく目的で、Jリーグを通じてJリーグTEAM AS ONE募金で実施している「スポーツを通した被災地への義援金」と「Mind-1ニッポン プロジェクトの復興支援活動の活動費に充てる義援金」の2つの窓口を持って活動させていただいております。
その中で「Mind-1ニッポン プロジェクト」として直接支援活動を行っていくための募金口座の状況をご報告させていただきます。ここで集まった募金は、Mind-1ニッポンプロジェクトの復興支援活動の活動費に充て、より直接的に被災者支援の活動を行っていくための資金として下記のように使わせていただきました。

「Mind-1ニッポン プロジェクトの復興支援活動の活動費に充てる義援金」募金口座

金融機関:川崎信用金庫
支店名:武蔵小杉支店
店番号:003
種目:普通
口座番号:1178550
口座名義:川崎フロンターレ後援会 東日本大震災マインドワンニッポン募金
     カワサキフロンターレコウエンカイ ヒガシニホンダイシンサイマインドワンニッポンボキン
◆「Mind-1ニッポン プロジェクト」の復興支援活動の義援金
2011ハンマープライス第二弾義援金 1,706,655円
2011シーズンチケット代金の払い戻しの寄付 2,752,900円
2012年3月11日選手会街頭募金活動 1,271,194円
「僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ」(小学館)の著者印税(初版第一刷) 550,660円
「古本でキフロンターレ」古本買取の寄付 243,610円
ファン感フロンターレ算数ドリルセット義援金 661,232円
ユニフォームリメイクバッグ義援金 21,150円
ホームゲーム選手募金(2011年4試合、2012年10試合) 243,663円
口座振込による募金 287,213円
合計:7,738,277円

※2012ハンマープライス第三弾義援金(落札金額:1,052,819円※経費未確定)とオーロラユニフォーム義援金については、金額が確定次第ご報告致します。

◆「Mind-1ニッポン プロジェクト」の復興支援活動の活動費
2011年10月14日〜15日陸前高田「川崎修学旅行」交通費 1,573,260円
2011年10月14日〜15日陸前高田「川崎修学旅行」食費 126,077円
小計
※上記費用は、陸前高田から来られた参加者に使用した交通費・食費です。
1,699,337円
2012年3月10日陸前高田パブリックビューイング
※上記費用は、パブリックビューイング映像機材一式費用です。
1,087,098円
2012年9月2日陸前高田サッカー教室 交通・宿泊費 859,550円
2012年9月2日陸前高田サッカー教室 準備備品費 653,769円
小計
※上記費用は、陸前高田へ行ったベンチ入りメンバー以外の選手の交通・宿泊費と現地で着用したTシャツや使用した備品費です。
1,513,319円

【残金】3,438,523円

過去のお知らせ

Get AdobeReader

当サイトのコンテンツ閲覧には一部、プラグインが必要な場合があります。必要な方は上記のボタンからダウンロードサイトに移動し、ガイドにしたがってインストールしてください。

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ