CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

1/31 (月) 2005

カテゴリー:

キャンプの食事

text by

広報部

カテゴリー:

宮崎キャンプで、日々、厳しいトレーニングをこなしている選手たち。
選手たちの食事は栄養のバランスを考え、豊富な種類の食材の中から、好きなものを選んで食べるバイキング方式になっています。朝・昼・晩・夜食と用意された食事はご飯・パスタ・パンという主食から、野菜・肉・魚、そしてフルーツまで盛りだくさんです。
ゾロゾロと好きな時間に食堂にやってくる選手たち。食事に来るのが早いのは、「早く食事を取ってゆっくり休みたい」との理由で、ヤス、ベティー、イワオ、チビ… などなど

逆に遅く来るのは、オニ、ソウマ、サトシ、ヒロキ、タクミ、ケンゴ… など。このメンバーはトレーニングから帰ってきて、ゆっくりと部屋でストレッチをしたり、ゆっくり温泉につかってから来るグループ。

遅い組代表のケンゴこと中村憲剛選手は、「できる限りたくさんの種類のものを食べるように、キャンプ中は特に集中してトレーニング、食事、休養を取るように積極的に心がけています。1年間を戦うベース作りだからね。食事で補え切れない栄養はプロテインで取っています。かなりたくさん食べますが、キレがあり、なおかつ競り負けない体を作らないといけないから。」と話してくれました。

スポーツ選手にとっては、食べることもトレーニングなんですね。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ