CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

7/ 9 (土) 2011

カテゴリー:

アップルシード

text by

広報部

カテゴリー:

川崎フロンターレの事務所に素敵なバイクが届きました。

流線形のボディー。青と黒のカラーリング、フロントにはでっかい川崎フロンターレのエンブレムが鎮座しています。完全にフロンターレ仕様にカスタマイズされた、このバイク。

出迎えたふろん太から、ため息が漏れる位に格好良いです。これはただのオシャレなバイクではありません。

環境に優しい電動バイクなのです。来る7月27日(水)ナビスコ杯サンフレッチェ広島戦は、株式会社アップルシードご協賛により「アップルシード エキサイトマッチ」と銘打ち、様々なクール&エコ商品の来場者プレゼントが実施されます。この電動バイクはその中の目玉賞品。なんと来場者に抽選で1台が当たります!!その抽選会に先駆け、本日、株式会社アップルシードから、川崎フロンターレの事務所に、この電動バイクを一台、ご提供頂いたというわけです。

はやる気持ちを抑えられないふろん太。早速乗ってみました。するとビックリ。とっても静かです。

本当にこれで動いているの?と思うくらい、バイク特有の振動音が殆どありません!もちろん排気ガスは出るはずもありません。静かでクリーンなこの電動バイク。地球温暖化対策を進める川崎市のJクラブに相応しい、クールな逸品です。

流線形のボディーへのラッピングは技術的にもとても難しいと言われていますが、今回の電動バイクへのラッピングを担当した制作会社は数々の有名ミュージシャン、アーチストのツアーバスを手掛けており、ラッピング業界では知る人ぞ知る存在です。かつての人気番組の「○○ワゴン」のラッピングもしたとか、しないとか。電動バイクもフロンターレ仕様にオシャレに仕上げてくれました。街中の注目を集めること間違いなしの格好良さです。

実際にラッピング作業を担当されたIさんのコメントです。「電動バイクと川崎フロンターレという画期的な出会いに立ち会うことが出来て光栄です。技術的には難易度が高いのですが、魂を込めてラッピングさせて頂きます。」

これからはクラブスタッフがこれに乗って川崎の街を回ります。(とても静かなので気が付かないかもしれませんが)是非、探してみてください!

「アップルシード エキサイトマッチ」では、他にも魅力的なプレゼントがあります。

まず、こちらは冷却機能生地を使用した「ネッククーラー」。水に濡らして絞って振るだけで、どんどん冷えてきます。

今年は節電対策として、首回りを冷やすクール商品が数多く市場に出回っていますが、このアップルシード製の「ネッククーラー」は冷凍庫で凍らせたり、ジェルを使用するタイプでは無く、一見すると普通の生地(特殊な素材を使用)を、水に濡らし、絞って、そして振る(風に当てる)だけで、冷却効果がずっと継続します。クルクル振って応援すると、どんどん冷えるという優れものなのです。当日は水色の生地に川崎フロンターレのロゴを入れて抽選で250名様にプレゼントします。

さらにこちらは「クールフレッシュ」という60cm×30cmの超大判サイズボディシート。平日の夜、大汗をかきながら走って駆けつけるサポーターの皆様も多いと思いますが、これで汗を拭きとってください。一般的なボディシートのサイズは20cm×20cmなので、これは約3倍。比較すると、どれだけ大きいか分かります。いつも何枚もボディシートを使って身体を拭いているというサポーターの皆様。これ一枚あれば余裕で全身の汗を拭きとることが出来ます。当日はこのシートを“1枚ずつ”先着2000名様にゲート(5,7.10)で配ります。

※「電動バイク」「ネッククーラー」の抽選方法等の詳細は、近日中、こちらの公式HPにて、お伝え致します。

これらクール&エコ商品をご提供くださる株式会社アップルシードの桜井克利代表取締役(兼)CEOに今回の「アップルシード エキサイトマッチ」への思いを伺いました。

「私たちアップルシードは、お客さまの生活や人生にプラスXの付加価値を提供する事業・コンテンツを追求し、成長していきたいと考えています。そして、常に挑戦し続ける集団でありたいと思っています。そんな中で川崎フロンターレと出会い、ホームゲームを観戦し、サポーターやスタッフの皆さんと接する中で、とても共感する部分が多かったのです。今回のクール&エコ商品は、もっと一般的な流通で展開させることも出来ました。ただ私は、良い場所で、良い人達に、良い場面で使って欲しい、という思いがありました。それが川崎フロンターレだったのです。」

「クールフレッシュ」に関しては、今年、一時期、市場から物が無くなってしまう程の人気商品となり、企画の実現も危ぶまれましたが、桜井代表取締役の「是非、川崎フロンターレのサポーターの皆様に体感して欲しい」との思いで(当初の計画から大幅に数量は減ってしまいましたが)何とか2,000枚を確保して頂くことが出来ました。

この写真と同じ、川崎フロンターレ仕様の電動バイクを、現在、数量限定での受注販売を検討中です。(詳細は決まり次第ご報告します)

これらエコ商品で身体をクールに冷やして、そして、熱いご声援!!お待ちしています!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ