CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

12/18 (火) 2012

カテゴリー:

後援会イベント

text by

川崎フロンターレ後援会

カテゴリー:

12月に入り、後援会ではこんなイベントを行ってきましたのでご報告します。

まずこちら。2013年会員を対象としたフットサル大会「後援会エンジョイリーグ」をフロンタウンで開催しました。その名の通り、この大会は同じ「フロンターレを愛する」気持ちを持った者同士です。上手い下手関係なく、皆さん一緒になりながら楽しんでボールを蹴りましょう!という目的で開催しているフットサル大会です。なので、男性チームはもちろんのこと、今回は女性のみのチーム、親と子どもがチームを組んで出場していたりと、個性あるチームに参加して頂きました。

少し風が強かったですが、絶好の運動日和に恵まれた当日。相原常務理事の開会宣言でエンジョイリーグがスタート!この時期、急に動いてケガしてしまう方もいるので、試合までは皆さん入念にウォーミングアップ。そして我々スタッフは別のイベント開始準備にいそしみます。

後援会エンジョイリーグでは、フットサル以外にも何かお得感をということで、会員限定やスポンサー様提供の賞品が必ず当たる「お楽しみ抽選会」を開催しました。どれも喉から手が出るほど欲しい賞品でしたが、中でも人気だったのがJA福島さんからご提供頂いた「ふくしまの米5kg」。「うぉー!米ある!!」「お米当たりますように」と抽選ボックスに拝んだりと、皆さん思い思いに抽選会に挑んでいました。お気に入りの賞品、手に入りましたか?

「皆さんで楽しみましょう!」と言ってはいますが、勝負事となると、どのコートも熱戦が繰り広げられていました。そんな皆さんのチームを少しお手伝い。ということで、後半の順位別リーグでは、佐原秀樹育成・普及コーチ、吉田勇樹育成・普及コーチ、そして我らがふろん太が緊急参戦。皆さんのチームに飛び入り参加して一緒にフットサルを楽しみました。特に佐原コーチ。現役時代はDFでしたが、華麗な足技で皆さん、特に女性の皆さんを魅了。時折、黄色い声援が飛んでいましたよ。吉田コーチも昨年まで現役だったこともあり、現役さながらの厳しいチャージで攻撃の芽を摘むと同時に、タイミングの良い攻めからゴールを奪うなど、好守でチームに大きく貢献。「はぁはぁはぁ、疲れました…」と息を切らしながらも吉田コーチ、かなり輝いていました。

そしてここで忘れてはならないのが、ふろん太ですよね。基本ふろん太の役割は「チームの応援」ということでしたが、どうしても助けて欲しい!という時は、3分だけ出場できる特別ルールを設けていました。このルールのもと、ほぼ全試合に出場。GKを任され、終了間際のシュートを…、止められず失点。決定的チャンスを…、ものにできず。となかなか結果を残せませんでしたが、そんなふろん太にも温かい拍手が送られていました。

楽しかった時間もあっという間に過ぎてしまいました。全試合終了後、各順位リーグの表彰式を行い、エンジョイリーグは終了となりました。参加して頂いた皆さん、楽しんで頂けましたか。ご参加頂き、誠にありがとうございました。次回以降もぜひ皆さん一緒にフットサルを楽しみましょう!


続いては、つくし保育園で開催されたイベントの報告です。つくし保育園の名前を聞いて、聞いたことがあると思う方もいますよね。この保育園は園児全員が川崎フロンターレ後援会のジュニア会員にご入会して頂き、川崎フロンターレを熱くサポートして頂いている保育園なのです。ケンゴが登場した紙芝居お披露目会でもご協力頂いた保育園でもありますよ。

今回参加したのは、保護者会主催の焼き芋会に参加させて頂きました。当日はどんよりとした曇り空。実はつくし保育園保護者会主催のイベントには毎年参加しているのですが、毎年、雨…。今年も「もしや」とかなり緊張しましたが、開始時間が迫るにつれ、天気も晴れてきて、お出かけには絶好の天候となっていました。

その中で、園児の皆さんに少しでも川崎フロンターレに触れ合ってもらい、よい思い出を作ってくれればということで、キッズランドでもお馴染みの「イケメンDunk」、地域イベントでお馴染みの「キックターゲット」「輪投げ」。あまり運動が得意でない園児の皆さんには、ということで教室を借りて塗り絵コーナーを開設したほか、どうせなら思い出を写真で残してもらいたいと思い、リアルふろん太を利用した写真撮影コーナーとかなり盛りだくさんでお届けしました。

各アトラクション、開始と同時に長蛇の列となりましたが、密かに人気を博していたのが、意外と言っては失礼ですが写真撮影コーナーでした。やはり、リアルふろん太に目が奪われるようです。園児も「僕もかぶりたい」とかぶってから、なかなか外に出てこない子もいました。

フロンターレのアトラクション終了後は、昨年も登場した「輝甲整体モンデマン」による「モンデマンショー」。整体の世界に現れた正義のヒーローが、整体を生かした柔軟な体を駆使し、今回も難敵を次々と倒していきました。園児たちも大興奮でした。

お昼頃にイベントは終了となりました。つくし保育園との協力関係がスタートし、3年目となりますが、イベントに参加する度に「いつも等々力に行ってますよ!」と言って頂けるご家族の皆さんが増えてきました。こうした活動を通じ、より多くの皆さんが等々力に足を運んで、フロンターレに熱い声援を送って頂ければと思います。つくし保育園の皆さん、本当にいつもありがとうございます。また、これからもよろしくお願いします!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ