FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年01月25日(月)の日記

tag: クラブ, トレーニング

1次キャンプ5日目

text by 広報G

キャンプも折り返し地点に突入。
昨日降っていた雪も止み、綾町には晴れ間が戻ってきましたが、それでも寒さは残っています。

そんな中、この日は練習前に集合写真の撮影を行いました。
選手にとっては寒い中でユニフォーム姿になるのは大変だと思いますが、みんな笑顔で応えてくれましたよ。
撮影したのは、1stユニフォームと2ndユニフォームの2種類。選手たちのテキパキとした行動のおかげで、例年に比べて短い時間で撮影することができました。

集合写真を撮り終えると、午前中はフィジカル中心のトレーニング。
そして午後は、ボールを使ったトレーニングからゲーム形式、ミニゲームと、どれも熱のこもったトレーニングを行うことができました。
明日は、今シーズン初の練習試合が控えていることもあり、選手たちだけでなく、我々スタッフも、「どんなチームになっているのか」楽しみにしています。
こちらの様子は、明日の日記で報告しますね!

さて、今日はGK4人にスポットを当ててみました。
トレーニング中は、他のフィールドプレイヤーとは別で菊池新吉コーチのもと、厳しいトレーニングを積んでいます。
今年のGK陣には、ショウタ、アンちゃんに加え、シュンがジェフ千葉から戻ってきました。さらには、韓国代表として2度のワールドカップを経験しているソンリョンも加入し、若返りを見せています。

ショウタにGK陣の様子を聞いてみると、「今年のGK陣はだいぶ若くなりましたね。自分が2番目です。ソンリョンは僕の4つ上ですけど、いいお兄さんという感じで、優しく接してくれています。だけどあれだけの実績を持っているので、シュンやアンちゃんともいろいろアドバイスをしながらやっているし、ソンリョンの技術を少しでも盗めればと思っています」と話していました。

その点については、菊池新吉コーチも「ソンリョンはすごく真面目で、黙々とやるタイプ。言葉の問題はあるとは思うけど、ひとつひとつのプレーを見ていても違うし、すでにみんなを連れてご飯に行くなど、いい雰囲気を作ってくれている。それにつられるように、今年のGK陣は真面目で意識高くトレーニングに臨んでくれています」と話していました。

そして、フロンターレに戻ってきたシュン。
ジェフ千葉では試合経験を積み、トレーニング中でもその自信が随所にみられるプレーを見せてくれています。「フロンターレでは、シュート練習とかやっていてもみんなシュートがうまいので、トレーニングしているだけでも楽しい。環境が変わって、戻ってきた印象があるので、リフレッシュしてきた感じ。外でいろいろ学んだことをフロンターレで出していければいいですね」と本人も話すように、ジェフ千葉での2年間は貴重な経験になったようです。

普段はフィールドプレーヤーとは別に、黙々とトレーニングを積んでいるGK4人。試合に出られる一つのポジションを争うライバルながら、お互いに尊重しあいGKならではチームワークを見せる4人にぜひ注目してみてください。

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h