FRONTALE DIARYフロンターレ日記

2/ 5 (日) 2017

カテゴリー:

練習試合、行ないました!

text by

広報G

カテゴリー:

沖縄キャンプも3日目に入り、このキャンプ初となる練習試合が行われました。

相手はJ2の東京ヴェルディ。試合は45分×3本の形式で行われましたが、鬼木監督からも「できるだけ長い時間プレーさせたい」との意向もあり、東京ヴェルディとの試合後に急遽、地元の海邦銀行SCと45分×1本の練習試合が行われました。

東京ヴェルディとの試合は1-1のドロー。自陣でのパスミスから先制点を奪われてしまいましたが、フロンターレもケンタが見事な直接FKを決めて1-1の同点のまま試合終了となりました。

この日の沖縄は雨予報も出ていましたが、実際にグラウンドに行ってみるとキレイな青空が広がり、気温もグングン上昇。選手たちの中には半袖でプレーする選手も多く見られました。

ただ試合の方に目を向けると、まだまだ課題は多く見受けられ、キャプテンのユウは「まだちょっとうまくいってないところがありますね。良かったのは課題が出たところ。もっと当てて、はたいっていうのをやっていけばいいんですけど、安全なところにボールを出すことが多かった。それだと普通のチームになってしまうので、相手がいても出していくのがうちの良さでもあるし、そういうプレーをもっと出していかないと。どうしてもテンポアップできずに、ギアが入れるときに、相手にとって危険なプレーが少なかったです」と試合を振り返ってくれました。

同じく副キャプテンのリョウタも「点が取れなかったですね。立ち上がりにチャンスがありましたけど、相手もエンジンがかかっていなかったので、難しかったです。中央から崩すと相手もプレッシャーをかけてくるのでスピードが上がったところでミスがある。そこは連動性というか、もう少し実戦で合わせていかなければいけないですね」と二人ともチームとして課題をあげていました。

ですが、この展開について鬼木監督はポジティブに捉えています。「今取り組んでいるところがいくつか出せたので、そういうところで言うと順調には来ていると思います。やっぱり得点を取るところをもっともっとフォーカスしてやらなければいけないと思います。昨日も2部練習をやっていますし、疲れた中でやっていこうと話をしているので、運動量のところはそういうきつかったと思う」とのこと。

今日の試合で出た課題を中2日で迎える水戸ホーリーホックとの練習試合に向けて、しっかりと全員で改善し、さらにいい状態に持っていってもらいたいものです。

そして今日の練習試合ではうれしい情報が!
ケガでチームを離れていたナラちゃんが初めて練習試合に出場したのです! スタッフからも「見ているこっちが心配になるぐらいのプレーをしてくれている」と言わせるぐらい激しい守備を見せていたナラちゃん。本人は「僕がこのチームで生き残っていくためには激しいプレーを怖がらないでできないと、このチームでは残れないと思うので、だからヒヤヒヤされてますけど、僕的にはそういうプレーも問題なくできていますし、まだまだ自分として納得できないプレーもある」と冷静に話していましたが、最後は「やっぱり楽しいですね、ゲームは!」と笑顔を見せてくれました。

また一人ケガ人も戻ってきたチームは、開幕に向けてより良い状況になってくれることでしょう。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-04

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ