FRONTALE DIARYフロンターレ日記

10/14 (土) 2017

カテゴリー:

2017川崎の車窓から~東急グループフェスタ~大盛況!

text by

集客プロモG

カテゴリー:

9/30(土)セレッソ大阪戦で開催された「2017川崎の車窓から~東急グループフェスタ~」をご報告いたします!
今回の東急グループフェスタ、打ち合わせがスタートしたのは、桜が散りかけていた4月の春先。半年近く前に始まったのですが、この時期にはまだ試合日が確定していないという状況でした。そのため、予定日が2日間設けるということになり…。しかも土日の2日間という他のイベントも多数開催されるこの秋の時期に、どちらの日程になってもいいように各ブースの調整は進めていましたが、試合日が決まったのは約2週間前。調整いただいた東急グループの皆さん、誠にありがとうございました!!
そして、ワクワクとドキドキが入り混じりながら迎えた当日。イベント日和の絶好の秋晴れとなり、イベント開催にピッタリな秋晴れ! 会場はフロンパーク、児童遊園、メインスタンド前広場と、今年も等々力競技場周辺の広いエリアで開催されるだけでなく、今年は長津田から元住吉までの直通臨時電車も走らせたので、そちらの様子もご報告いたします!

まず、フロンパーク開園より一足先に、「貸切臨時列車ツアー」で川崎の車窓からは幕を開けました。東急長津田検車区から元住吉検車区に臨時列車を走らせるこのツアーは2014年以来2度目の実施。約4倍の倍率のなか当選した、幸運な100名のサポーターが乗車しました! 乗車するやいなや、皆さんの笑い声とシャッター音が響き渡ります。注目の的は車内の中吊り広告。実は、広告の一部をフロンターレバージョンに差し替えていました。スタッフがこのためだけに製作した小ネタの数々。いかがでしょうか。真剣に捉えず、「バカだなぁー」と笑い飛ばしてくださいね。
出発直前には長津田検車区で洗車を体験。電車の洗車自体なかなか見られないものですが、さらにそれが車内から見学できるという超貴重な体験! 巨大ブラシと水の音が迫力満点でした!
洗車を終え、東急電鉄職員のアナウンスと共に走り出した臨時列車。職員ならではの詳しい解説に皆さん耳を傾けていました。普段では絶対に通らないルートを通ると、車内は大興奮! 皆さん食い入るように車窓から外を眺めていましたよ。
その後、現役車掌さんによる生解説。実は担当した車掌さんが大のフロンターレのサポーターとのことで、元住吉に到着する際は発車メロディーにもなっている応援歌「FRONTALE RABBIT」を熱唱! 車内が最高の一体感に包まれて終了しました。

メインスタンド前広場でも東急グループフェスタのイベントが登場!
今年の目玉は「Paint it Blue Bus!!」サッカーでラッピングバスを作るイベントです! 今回東急バスさんにご協力いただきましてバス1台の側面を丸ごとパレットにしてしまいました。
この大きなパレットに塗料の入った水風船を取り付けてボールをシュート! 見事ヒットした水風船は爽快な快音を奏で色鮮やかにバスのパレットに色づけされます。
めちゃくちゃなカラーにペイントされたパレットに隠されたフィルムを剥がすとそこには様々なイラストが!
川崎フロンターレファミリーアートディレクターである大塚いちおさんがデザインしたイラストが皆さんの前に現れました!
今回のイベントで大塚いちおさんと参加してくれた皆さんで作り上げたイラストを使ってフロンターレの新たなラッピングバスを作ります。是非、完成を楽しみにしておいてください!参加してくださった皆さん、ご協力頂いたTOKYO CITY F.C.の皆さん、ありがとうございました!
また、メインスタンド前では「Paint it Blue Bus!!」にご協力頂いた東急バスさんのオリジナルグッズ販売も行われました。毎年大人気の「降車ボタンキッド」も即完売! 今年は中村選手、小林選手、家長選手、阿部選手の強力な前線4選手のコメントを収録したものを販売しました。
更には、東急電鉄さんにご協力いただき「架線整備車」の乗車体験が行われました。
「架線」=いわゆる電車に電力を送る送電線などをメンテナンスする車両の乗車体験です。いつもより高い場所から等々力陸上競技場のメインスタンドを眺められるイベントとあってたくさんのお子様に体験いただきました!
そして、この試合のエキサイトマッチスポンサーの東急グループのイッツコムさんが、この日限定のトロッコ電車「コムゾートレイン」を走らせてくれました! こちらのブースも子ども達から大人気でしたよ。

メインスタンド駐車場では、大きな電車と、小さい電車、ふたつの「運転体験」を実施しておりました。まずは、大きな電車。東急テクノシステムさんによる「運転シュミレーター操作体験」です。実はこちら、実際に東急東横線の路線をCGで再現し、実際に東急の車掌さんが訓練で使うものを元に作られた本格的なシュミレーターなのだそうです。
そんな本格シュミレーターは開始前から大人気! 整理券はわずか20分で配布終了となってしまうほどでした。15:00、いよいよ体験がスタート。訓練用のシュミレーターが元ということでやはり難易度も本格的。電車を狙った位置にピタッと止めるのことに、皆さんなかなか苦戦しているご様子でした…。
そんな中、マイ手袋を装着し、一際お上手なお兄さんを発見。「実は車掌さんなのでは?」と思いお話を伺ったところ、東急の車掌さんを目指して勉強中という学生の方でした。今回はこのシュミレーターのために等々力に来たということなのだそうです! 現在、東急さんへの就職を目指して、就活中とのこと。東急の車掌さんとして再び等々力に来ていただける日を楽しみにしております!
次は小さい電車の運転体験。もしかしたら皆さんの中もスタジアムに入る前に見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか? そう、東京都市大学鉄道研究部の皆さんによる「東急線 大ジオラマNゲージ運転体験」です!
鉄道研究部の皆さんが代々受け継いできたジオラマに東急線を走る全ての車両のNゲージを走らせたというもの。こちらも整理券はすぐに配布終了!「操作できなくても近くで見たい!」という方も多く、ジオラマの周りには沢山の人が集まってましたよ! ジオラマを見に来た方々は口々に「すごい完成度だね」と大絶賛! カメラで写真を撮ると本物の電車と間違えてしまうほどです。皆さんもこの写真で少しでも体感してみてくださいね! というわけで、大きな電車と小さな電車、どちらも大人気でメインスタンド駐車場は大盛り上がりでした!
ご協力いただいた東急テクノシステムの方、東京都市大学鉄道研究部の皆さん、ありがとうございました!

フロンパークエリアでは多くのブースが開かれました! ステージブースでは、東急線キャラクター「のるるん」と東急バスキャラクター「ノッテちゃん」、川崎フロンターレキャラクター「ふろん太」「カブレラ」との写真撮影会、コムゾーダンスが行われました。写真撮影会では、毎年年に1回の恒例ともあってか、整理券配布がすぐに終了。お馴染みのマスコットたちとたくさんの方々が楽しく触れ合っていました!
そして、当日はイッツコムエキサイトマッチ、コムゾー祭ということでコムゾーがフロンパークに登場し、コムゾーダンスを披露。コムゾーのキレキレダンスにたくさんのご声援ありがとうございました!! 皆さんも練習してくださいね!

また、電車パン、のるるんパン販売ブースでは、毎年恒例のパンが登場。フロンターレ選手もオススメのパンの味はもちろん、かわいいデザインもされていましたね! お陰様で、大人気の1,000個を超えるパンがすぐに売り切れる大人気でした!
東急グッズ販売ブースでは、この日から発売の東急電鉄さんとフロンターレのコラボタオルがフロンパーク開園前から長蛇の列が出来るほど大人気! ステージにも登場した「のるるん」と「ふろん太」がデザインされていて、とってもかわいいです! ゴールがたくさん入ったこの試合で、このタオルを回して喜んでいただけたと思います!!
そして、東急グループフェスタ5年目にして、フロンパークに初めて電車風モックアップが登場! 普段は東急線各駅に設置しているモックアップがこの日フロンパークに集結しました!
東急線武蔵小杉駅主催ゲームコーナー&「非常停止ボタン」操作体験ブースでは、東急グループフェスタブースの中で、子どもたちが多く訪れてくれました。
「非常停止ボタン」操作体験は、普段目にする機会が多いにも関わらず、触れたことはない人が多いであろう踏み切りに非常停止ボタンがセットになったパーフェクトコラボ(笑)を気軽に操作できる夢が叶っちゃうブース。とはいえ、非常時に押すボタンなので、始めの一押しまでは子どもたちも恐る恐る触る様子が微笑ましかったですよ。もちろん、2押し目からは連打する勢いの人も見受けられたか、見れなかったとか…(汗)
東急線武蔵小杉駅主催ゲームコーナーは、担当者いわく「東急グループフェスタ最大の謎」的なブース(笑)らしく、駅員さんが子どもたちと一緒にゲームを楽しむ“ほんわか”企画。ここに毎年、長蛇の列ができます! 参加した親子いわく、日頃は、駅でびしっと仕事をこなしている駅員さんが、常時、笑顔満開で接してくれるのがたまらないとのこと。こういう楽しみもあるが、このイベントの醍醐味かもしれないですね!!

児童遊園エリアでは、もはや毎年恒例となりつつある「リアル電車deゴー!」。1~2人が特製の電車に乗り、もう1人がその電車を押して決められた停止線区間内に電車を停め、豪華賞品の獲得を目指すアトラクションで、今年も多くのお友達にご乗車いただきました!
お子さんが電車に乗りお父さんお母さんが押すという組が多く、お子さんからの招待券獲得のプレッシャーにあたふたする親御さんがたくさん見受けられました(笑)。停止線区間に止めることができなかった際には、親御さんを叩いたり「もう一回やる!」とせがんだりして悔しがっていたり…(汗)。スタッフに「お父さんこういうの下手だから困っちゃうよ。」とボヤいてくるお子さんもいましたね(笑)。そして、今年は我々の見立てを大きく超えて、14組の方々が停止線区間内に停車させることができました!
見事停止線区間に電車が止まったときは、会場にいたすべての方々が大盛り上がり! 大歓喜に包まれました!! 今年の賞品は「東急武蔵小杉駅一日駅長体験」! 実際の駅で大好きな電車の仕事を満喫してもらいたいですね! 賞品を獲得できた皆さん、おめでとうございました。またのご乗車、お待ちしております!!

また東急フェスタではもうお馴染となっている「乗ってタッチ抽選会」が今年も児童遊園エリアに登場! こちらは、この日に交通系ICカードを使って東急線を使ってご来場された方を対象に、機械にICカードをかざし、無料で選手サイン入りの豪華賞品が当たる抽選会に参加できるという大人気企画!
無料ということもあり、開始前からブースから最後尾が見えなくなるほどの長蛇の列を作り、開始から2時間ほどで用意していた全500名分の賞品が終了する大盛況ぶりでした。「東急線を利用してきて良かった!」という声や、なかには「この抽選会のために今日は東急線で来ました!」という方もおり、東急線ユーザーの皆さんにとって嬉しい企画だったのではないでしょうか。ぜひこれからも東急線をたくさん使ってくださいね!

そして、この隣では「出張! 乗ってタッチTOKYUポイント」が東急フェスタに初登場! 東急百貨店やショッピングセンターで大人気というこの企画は、条件を満たした方先着2,000名様にTOKYUポイント10ポイントがプレゼントされ、さらにアンケートに答えていただいた方は、商品券が当たる抽選会に参加できるというもの。こちらも無料で参加できるお得な企画ということで、スタートから絶えず多くの方が参加してくれました!
商品券を当て、なんだかよく分からないながらも喜ぶお子さまの姿の裏で、一番嬉しかったのは、お父さんお母さん方だったのではないでしょうか(笑) たくさんのご参加ありがとうございました!

「伊豆PRブース」では、伊豆半島を新たに走り出した観光列車「THE ROYAL EXPRESS」に自分が乗っているかのようなVR体験ができるというもの。360度美しい伊豆を体験し、その魅力を満喫した参加者は「実際に乗ってみたい!」と興奮気味に話してくれました。周りから見ると、VR機器をつけて夢中になって周りを見る皆さんの姿はなんだかシュール…(笑)今度は是非実際に「THE ROYAL EXPRESS」に乗って伊豆を満喫してくださいね!

また、子ども達から大人気の「エコライド」もフロンパークに登場! 足でペダルを漕いで進む乗り物に小さいお友達は、みんな興味津々! 行列は途切れることなく大人気でした!
この乗り物には東急電車のカラーリングが施されていたことも相まって、力強く進むお友達の顔はさながら運転士のよう!「出発~進行!」と大きな声を上げて発進するお友達や、中には快速電車のような(笑)速いスピードで乗りこなすお友達もいました。そして何より、「エコライド」に乗ったお子さん達の笑顔が印象的でした!
電車の運転手の楽しさを感じてもらえたのかな? 来てくれたちびっこ運転士の諸君、ありがとう!

実に16ものブースが開催され、大盛況に終了した東急グループフェスタ。そして、当日の、試合前の選手紹介を現役車掌の方にアナウンスしていただきました。リハーサルから読み上げをご協力いただいたおかげでこちらも大盛況に終わり、会場の雰囲気が最高潮に上がり、試合も勝利!
試合後のコムゾートレインの車掌さんは、先日までフロンターレ選手バスを運転していた小泉さんがサプライズ運転! 選手達は知らなかったため、驚いた顔の後にみんな笑顔で挨拶している姿が印象的でした。小泉さんご協力ありがとうございました!!

当日は150人以上の東急グループの方に参加をいただき、今年も大きなイベントが開催することが出来た東急グループフェスタ。今回も勝利し、イベントを開催して5年間負けなしの記録を更新しました! 東急グループの皆さん、本当にありがとうございました!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h