CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 富士通エフサス
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • 株式会社PFU
  • プーマ

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

11/ 3 (土) 2018

カテゴリー:

第8回かわさき修学旅行

text by

集客プロモG

カテゴリー:

今年で8回目の開催となる「かわさき修学旅行」。かわさき修学旅行とは、川崎フロンターレの試合観戦と川崎市内の観光を陸前高田のみなさんを招待しに、「川崎」のことを知っていただくための活動で、2011年から継続して行っています。
今回は、10/20神戸戦にみなさんを招待させていただきました。今回のフロンターレ日記では、その「かわさき修学旅行」の1泊2日の様子をご紹介します!

今年、修学旅行に参加したのは総勢40名。朝早くから陸前高田を出発し、お昼前に東京駅到着。まずはフロンターレオフィシャルグッズショップの「アズーロ・ネロ」へ。日頃、オンラインショップ以外では、フロンターレグッズを買うことができないため、直接商品を手に取り、「これがかっこいいな」「やっぱりこっちの方がいいかな」と悩みながら、ショッピングを楽しんでいました!!
買い物後、徒歩で移動し等々力陸上競技場へ。到着後は6Fテラスで昼食をとりました。昼食には和幸のひれかつ弁当をみんなでおいしくいただきました。ちょうどこの日は天候も良く、テラスからは東京タワーやスカイテラスも見えるほどの快晴。6Fからしか見られない競技場の景色などにみなさん驚いていました。昼食後、2班に分かれてスタジアムツアーを実施。ツアーでは、準備真っ最中に選手ロッカー、ピッチレベルまで行きレカロベンチや芝生に触たりと、はじめて見るスタジアムの裏側にみなさん興奮冷めやらぬ状態に。

そうこうしている内に、フロンパークの開園時間を迎えます。事前に車中や旅のしおりでフロンパークの情報を入念にチェックしていたみなさん。そのため、今回のフロンパークでは「フェイスペイントブース」に注目が集まりました。なぜなら、陸前高田市出身で1回目の修学旅行に参加していた菅野朔太郎くんがこのブースを運営していたため、頑張っている姿を一目見ようと多くの方々ブースを訪ね、久しぶりの再会を楽しんでいました!

そして、フロンパークを楽しんだ後は、選手バス待ちです。昼食時に作った特製の「連覇」幕を掲げてバスを待ちます。選手を間近に見た子どもたちは「○○選手かっこいいなぁ」とか、「いいにおいがしたー!!」と素直に気持ちを言葉にしていました!
その後は、修学旅行参加者のみなさんからスタジアム来場者へご挨拶。まさかの豪雨でしたが、急遽室内へ変更し実施できました。

続いて、当日、イトーヨーカドー武蔵小杉店のイベント終えたマルコメ君が駆けつけてくれ、マルコメさんの「麹甘酒」をお土産としてプレゼントしていただきました。
さらに、新人研修を終えた守田選手、脇坂選手も合流し記念撮影。選手から直接サインをもらった子どもたちは、本当にうれしそうな表情を浮かべていました。

そして、いよいよキックオフ。とその前に、
かわさき修学旅行を記念して、両チームの選手たちと記念撮影。当日に何度もリハーサルを重ねて、望んだ本番。雨が降る中でもみなさん、協力していただき、無事に撮影をすることができました。

そしてやっと試合観戦に!! 等々力到着後、6時間。もはやスタッフ並みの滞在時間です。
観戦スタイルはさまざま。団体観戦エリアで試合を楽しむ人もいれば、Gゾーンで一緒に声援を送り続けるみなさんも。長年引率をしているスタッフも「昨年以上にGゾーンで観戦している人が増えている」と断言していました。
試合は、皆さんもご存知のとおり、フロンターレが勝利を収めましたが、非常にエキサイティングな試合展開で初めて試合を観戦した方も「サッカーってこんなにおもしろいんだ」と楽しんだ様子でした。
そして、試合後は選手と一緒にバラバラ!! このことは、参加者のみなさんにサプライズにしていたため、「まさか選手とこんなに近くで一緒にいるなんて想像もしていなかった」と驚愕していました。

2日目は川崎市内観光です。まず、はじめに一行は川崎大師へ。到着後、小田切商店へ向かいました。長年、フロンターレ特製のだるまでお世話になっている小田切さんに挨拶をしていただき、みなさんへお土産もご用意いただきました。その後は、各班に分かれて自由行動。お土産を買ったり、おみくじを引いたりと各々の時間を楽しんでいました。そして、今回、川崎大師の特別なご協力により「護摩祈祷」に参加させていただきました。川崎フロンターレの選手たちも毎年必勝祈願で行っていますが、選手たちと同様な流れでご案内をしていただきました。また、祈祷後、陸前高田より来ているお坊さんのご挨拶もいただきました。まさか川崎でこのように「陸前高田」のつながりが生まれると想像もしていなかったため、参加者のみなさんも自然と笑みがこぼれていました。

その後は、東芝未来科学館に移動し見学。子どもたちは、ここぞとばかりにゲームや体験ブースを楽しんでいました。東芝未来科学館を後にし、宿泊先であったオンザマークスへ昼食を取りに移動。
この日のために中川部屋から春日国、義春日の2名に来ていただき、中川部屋のちゃんこを振舞っていただきました。普段、接する機会がない力士に興味津々のみなさん。一緒に食事をとりながらいろんな質問をしていました。食後には、中川部屋から特別にご用意いただいたプレゼントをかけたじゃんけん大会。見事5名のみさなんがプレゼントゲットしました。

ホテルをあとにし、東京駅へ。もちろん川崎から東京駅へ向かう道中では、参加者全員にフロンターレ関連の景品が当たる抽選会を実施。最後の特賞には「2018 1st全選手サイン入りユニホーム」を用意。バス車内のボルテージが一気に上がって、かなり盛り上がりました。
そして、最後は新幹線のホームにてお見送り。列車を待つ間に「何が一番楽しかった?」と質問すると、「試合観戦が一番楽しかった」とみなさんが口を揃えておっしゃっていただきました!
今回のかわさき修学旅行を実施するにあたり、多くのみなさんにご協力いただきまして、ありがとうございました。今後も「高田フロンターレスマイルシップ」の協定のもと、お互いがお互いの励みになり、たくさんの笑顔があふれる活動をしていきたいと思っておりますので、今後とも継続的なご協力をよろしくお願いいたします。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2018-11

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ