CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通Japan
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

5/11 (月) 2009

カテゴリー:

無料キャンペーン

text by

川崎フロンターレ後援会

カテゴリー:

こんにちは。川崎フロンターレ後援会です。Jリーグの中でも、イベント量が多いことでも知られる川崎フロンターレですが、このイベントを抜きにしては語れませんよね。そうです!「川崎フロンターレ2009年ファン感謝デー」の季節がいよいよやってまいりました。

今年のファン感はここが違います!まずは日にち。例年ですと7月中旬から下旬にかけて開催しておりましたが、今年はJリーグと日本代表のW杯予選の関係上、7月の中断期間が早まってしまいました。そのため、例年よりも約1か月ほど早い6月7日(日)となっております。
そして、気になる会場ですが、ここも変更がございます。川崎市南部にございます川崎競輪場をお借りして、ファン感謝デーを開催しておりましたが、今年はついに「帰って」きました!2002年から約7年の時を経て、ホームスタジアム等々力陸上競技場での開催となります。何かと逆転勝ちや劇的勝利の多い等々力なので「等々力劇場」とも言われておりますが、その名の通り、ホームスタジアム等々力が爆笑必須の劇場となります。

ファン感謝デーといえば、選手サイン会は豪華グッズ盛りだくさんの福袋販売などサポーターの皆さんにはたまらない企画目白押しですが、中でも一番の注目は選手ステージコーナーですよね。2007年からスタートした「ンタ芸」はJリーグのみならず、日本サッカー界を根底から覆すほど衝撃的なものですたが、それを超えたのが昨年でした。ヒロキやイガといった常連組はもちろんのこと、当時新人のタサ、キク、ヨコが揃って登場。エアあややで一躍、サポーターの皆さんの心を掴んだヨコや、PTA風の出で立ちで登場したタサ。そして、あの風貌で女子高生の格好での登場となったキクには、歓声よりも悲鳴に近い声が上がっておりましたよね。大塚愛さんの「さくらんぼ」を題材にしたンタ芸は、2007年よりも少し難易度が高くなっておりましたが、2年目であることの落ち着きや若手の台頭。そして里内コーチのサプライズ登場で大いに盛り上がりました。

今年は、これをさらに超える「衝撃的」なパフォーマンスをご用意しております。選手があんな格好になるなんて…。ここから先は言えませんよ。当日、見るまでのお楽しみとしておきましょう。

このファン感謝デーは、川崎フロンターレのファンクラブ組織、川崎フロンターレ後援会にご入会されている皆さん限定のイベントでございます。
現在、川崎フロンターレ後援会では4月29日京都戦〜6月20日大分戦の期間、「入会金無料キャンペーン」を実施しております。本来、年会費とは別に、入会金500円がかかる料金システムとなっておりますが、期間中はこの入会金500円が無料となります!ファン感謝デー参加権はもちろんのこと、フロンターレサポーターの皆さんに大変お得な「ホームAゾーン招待チケット」では、無料キャンペーン中のホームゲーム全試合が対象試合となっております。
その他にも、様々な特典が盛りだくさんの川崎フロンターレ後援会。入会金無料キャンペーンは試合会場の他にも、後援会事務所、クラブ事務所、アズーロ・ネロ、フロンタウンさぎぬま、HPでも受け付けております。
この機会にぜひご入会して頂き、ファン感謝デーや試合観戦を楽しみましょう!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ