CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

1/18 (火) 2011

カテゴリー:

続・商店街挨拶回り

text by

広報部

カテゴリー:

昨日に引き続き商店街挨拶回り報告。
残りの7エリアです!


●大師駅前商栄会

必勝祈願を行った川崎大師のお膝元の大師駅前商栄会には昨年11月に行われたアジア大会で見事金メダリストに輝いたソノと、今季横浜FCから復帰したクッキー、関西大学で大学日本一になってフロンターレに新加入したユウダイと、今年からアシスタントコーチに就任した周平をはじめとする、鬼さん、イッカ、キンチャン、矢野さんのコーチングスタッフと伺いました。
今年は日曜日ということもあって仲見世通り、表参道とも初詣客でとても賑わっている中の挨拶回りとなりました。ソノは早速、「すごい人ですねー」とちょっとビビり気味。しかし挨拶回りを始めると「こんにちは!応援よろしくお願いします。」としっかり挨拶をしていました。フロンパークでもお馴染み、仲見世通り・とんとこ飴の松屋総本店さんで飴をごちそうになったクッキーは「めちゃうま!」と太鼓判。お店の方も喜んで下さっていました。次に伺った表参道のだるま屋さんにて思いがけず今年の干支のウサギだるまをプレゼントしてもらったユウダイは「うわ、このだるまウサギになってる!めっちゃかわいいな〜」と、とても喜んでいました。ユウダイはこれで何かをつかんだのか、行く店行く店でお店のベテラン女性スタッフに「お姉さん、お姉さん」と声をかけていました。それを見ていたソノはすかさず「ファン感メンバー決定だな。」とユウダイの入閣を確信していました。そして最後にちょっと嬉しい会話が。スタッフが冒頭にある紹介文と同じ選手紹介をお店の方にしていると、クッキーは、「日本一にアジア一と一緒かー。」となんだかさみしそう。しかしすぐに「今年タイトル取って俺も日本一になればいいんだよね。」と心強い前向きな発言をしてくれていました!最後に毎年恒例となっている炊き出し会場の忠ふねさんで相馬新監督、武田社長らと合流し、けんちん汁をふるまって頂いて温まった選手とスタッフ。今年もみなさんの温かい応援で選手、コーチングスタッフともに頑張ってくれるでしょう!


●武蔵小杉商店街

武蔵小杉商店街には4年ぶりの参加となる中村憲剛選手が登場。いつもポスターキャンペーンなどでお世話になっているケンタッキーフライドチキンインレット小杉店さんを皮切りに、商店街の店舗を回りながら法政通りに用意された特設のサイン会会場へ向かいました。
会場に到着すると、すでに黒山の人だかりが。最初にケンゴからサポーターの皆さんへ「明けましておめでとうございます!皆さん一緒に頑張りましょう」とご挨拶。その後のサイン会では、100人限定での実施となりましたが、サポーターの皆さんとの交流を楽しんでいました。
サイン会が終わると今度はサポートカンパニーとして応援していただいている増田屋さんへ移動し、「VAMOS!川崎フロンターレ」をはじめ、各メディアの取材を受けたケンゴ。途中、おそばを頂きながらの取材となり、「サッカーしているところを見られるのは慣れてるけど、こんなにたくさんのカメラに囲まれてそばを食べるのは、さすがに緊張する」と言っていたケンゴでしたが、温かいおそばをおいしそうに平らげていました。
そして最後は、アズーロ・ネロに移動し一日店長。「バイトとかやったことないから」と少し不安そうでしたが、店内に入りきれないほどのお客様に迎えられると、レジカウンターに入り、しっかりお仕事をこなしてくれました。自分のブログにも写真を載せているみたいなので、みなさんそちらもぜひチェックしてくださいね!


●梶ヶ谷エルカジ商店会

梶ヶ谷エルカジ商店会にお邪魔したのは、クスこと楠神順平選手と今季桐光学園高校から新加入した福森晃斗選手。大師から鷺沼組のキク・リキと途中まで社用車にて梶ヶ谷に向かいました。しかし途中渋滞もあって、梶ヶ谷に着いたのが17:00過ぎ。早速商店会長であるダンダンスポーツさんにご挨拶したあと、サポートショップのお店を中心に訪問スタートしました。
例年ここ梶ヶ谷はエリアが広いうえにお店が点在しているため、エリア間の移動には車を使っています。特に今回は、18:30からフォトワン梶ヶ谷店にてサイン会があるため、それまでにご挨拶回りを終えなければなりません。二人は途中、お団子を頂いたり様々な差し入れを頂いたりしながらお店を回り、自己紹介して、サイン色紙を渡して、写真を撮って行きます。サイン色紙にはお店の名前と日付をその場で二人順番に記入して渡したのですが、福森はとにかくマイペース。文字を書くのも丁寧でゆっくり。平仮名で「○○さんへ」と書くのに10秒以上かかったりとか…。もちろんクスは突っ込んでました。
途中、国道246号線を跨ぐ歩道橋を渡ったのですが、階段を上るとき二人から悲鳴が。どうした?と振り向くと「いや全身が筋肉痛で…」と。どうやらフィジカルを交えた相馬監督の練習は、オフ明けの体にはめちゃくちゃキツイらしいです(笑)。でもこの痛みを乗り越えないとシーズンを通して戦える体にはなりません。二人にはとことん自分を苛め抜いてもらいましょう。
そんな感じでお店回りをしていると、商店会長から「既にサイン会会場に50人以上が並んでるよ!」と電話が。これにはクスも「マジですか?(数字を)ちょっと膨らませてないですか?」と驚いた様子。じゃあ急ごうということで、更に数店舗を回って駅前に近づくと、明らかに目で確認出来る駅周辺の人口密度がただごとじゃありません。なんと会場であるフォトワンさんの隣の書店、さらに隣のコンビニまで列がずらりと出来ていて、その数100名以上!これにはクスも福森もスタッフもびっくり!(笑)並んでいる列の横を拍手で迎えられ、二人はかなりテレまくりながら店内に入り、早速サイン会がスタートしました。
クスも福森も声をかけてもらっていましたが、やはり多かったのが、クスへの「またハットトリック頼みます!」という励まし。あのガンバ戦の衝撃の神降臨はインパクトありましたからね〜。でも本人にそれを振ると「あれはもう終わったこと。これからが勝負です」とキッパリ。クスのレプリカやコンフィットシャツを持参する方も多く、クス人気の高さを実感しました。その後も続々と人が増え続けるので、途中で参加を締め切らせていただき、結局19:00を20分ほどオーバーして、約150名のサポーターの皆さんとふれあうことが出来ました。クスはさすが写真撮影のときも笑顔で対応していましたが、福森は初めてだったこともあり、終始硬い表情…まあこの辺は直に慣れることでしょう(笑)終わったあと二人に感想を聞くと、「こんなに沢山のサポーターに迎えてもらって嬉しかったです。身の引き締まる思いです!」とクス。福森は「初めてだったので緊張しましたが、嬉しかったです」とのこと。最後には近くでコーヒーを飲みながらクスを待っていてくれた、新城帰りのユウキも加わって、3人で残りのお店を回って終了となりました。梶ヶ谷エルカジ通り振興会の皆様、寒空の下サイン会に並んで下さったサポーターの皆様、どうもありがとうございました。


●鹿島田駅周辺

「実は川崎市内で武蔵小杉よりも南に行ったことがないんですよ」と鹿島田の街に初めて足を踏み入れることを楽しみにしている様子の稲本選手。川崎大師から選手バスに乗り込み府中街道を通り「かしまだ駅前通り商店街」の入り口に到着。出迎えたのは商店街の皆さまによる「お越しやす」のプラカードとたくさんのフロンターレのフラッグ。そして大音量の「イ・ナ・モ・ト!」のコールでした。これを見たイナは「すごいね!」と、一気にテンションが上がります。バスを降りて早速、挨拶回りをスタート。サポートカンパニー、サポートショップを府中街道から鹿島田駅に向かって一軒一軒歩いて回ります。店長や店舗スタッフの皆さまにサインを渡しながら「いつもフロンターレにご声援頂いて本当にありがとうございます。」と丁寧にご挨拶。店先で笑顔で記念写真に納まりました。ご高齢の店員さんに対しては「どうぞ、そのまま座っていてください。」と自分がしゃがみ込んで会話をする等、心優しい一面も見せていました。
南武線を越えて鹿島田駅前に到着したイナ。今度は「鹿島田商店会」の皆さまが、子ども達と一緒に「歓迎・稲本選手」のプラカードを持って盛大にお出迎え。これを見たイナは、「すごいね。嬉しいな!」と感激の様子でした。最後に訪れた笠原不動産で今日のイベントをお手伝い頂いた有志の皆さまと記念撮影をして終了しました。
イナが行く先々では、たくさんのサポーターの皆さまから頂き温かいご声援をいただきました。本当にありがとうございました。道中では横断歩道を渡ったり、幅の狭い歩道を歩く場面も多かったのですが、商店街の有志の皆さまが整理誘導を務めてくださったおかげでトラブル無く終えることが出来ました。
今日の挨拶回りを終えて「このような地域貢献活動、商店街回りは、これまで所属したどのクラブでも経験が無いことでした。素晴らしいことだなと。これがフロンターレがフロンターレたるゆえんなのかな、と思いました。」と振り返ったイナ。「川崎という、これだけの大都市で、これ程の支持頂けていることは本当に素晴らしいことだと思います。今日は、それを実感することが出来て良かったです。」昨年は代表のスケジュールで商店街回りに参加出来なかったイナですが、今日、皆さまから頂いた想いをパワーに換え、より一層、熱いプレーを見せてくれることでしょう。


●中野島商店会

川崎市多摩区にある中野島商店会にはイガとタニオが伺いました。川崎大師を出発し、車中でスタッフが「これから、川崎縦断するので移動に1時間ぐらいかかります…」と言うとイガは「川崎縦断に1時間かぁ…遠いね」とつぶやきながらブログの更新をしている反面、タニオは初めての必勝祈願で慣れないことを経験したためか、疲れたらしく…移動中は熟睡(笑)
到着後、まずは商店会の石井会長にご挨拶。中野島商店会はサポートショップに加盟している店舗がある他に商店会自体でもサポートカンパニーに加盟して頂いています!!会長に挨拶したあとは、サポートショップのお店を中心にあいさつ回り。ある店舗では子供たちが待っていて、選手に「どんな練習をしたらサッカーが上手くなりますか?」と質問…その質問にイガは「サッカーがうまくなりたいという気持ちを持って練習すればうまくなるよ」と笑顔で答えていました。
さらに、イガは率先してまだ、サポートショップに加盟していない店舗に「川崎フロンターレです!!サポートショップに加盟お願いします!!」とカタログを持って入っていき、それだけではなく…お店のおススメ商品を「これ、おいしいぃ〜」といいながら食べていました。新規営業したお店は全て飲食店というイガらしい営業活動でした(笑)そして、商店会のご厚意で町会会館をご用意頂き、サイン会を実施。30分間という短い間でしたが多くのサポーターと触れ合うことができイガもタニオも喜んでいました。今回の感想はサイン会後にファイフロの取材を受けていたのでそちらをご覧ください!!
最後はイガのブログにもありましたがサポートショップのお蕎麦屋さんに。こちらではお店のご厚意でお蕎麦を頂きました。食いしん坊のイガでさえお蕎麦を食べ終えて「今日は、もうおなかいっぱい。」と言ったのに対して、スタッフがタニオに「まだ、食べられるでしょ?」と聞くと笑顔で「はい!!」とそれを聞いてイガは「若いなぁ…」と苦笑い。今回も商店会スタッフのご協力や近くにすんでいるサポーターのご協力があり無事にあいさつ回りをすることが出来ました。みなさま、ご協力ありがとうございました。今シーズンもご支援・ご声援お願い致します!!


●川崎駅前(仲見世商店街・HUB・ファイテン・ハンズ)

川崎駅前周辺にお邪魔したのは、コミとアンドー。大師からの移動の間に、スタッフの説明を聞きながら、「川崎駅周辺って、まだあまり来る機会がなかったから楽しみ。」とコミ。一方アンドーは、「ユースのころとかよく来てて。懐かしいなぁ。」とのこと。最後にサイン会もあると聞いて、二人とも「たくさん来てほしい!」とやる気満々の様子です。
まずは、仲見世商店街のサポートショップへご挨拶に伺いました。「こんにちは〜」とさわやかに店舗にお邪魔し、サイン色紙をプレゼント。「生でみるとますます男前だね〜」と褒められ照れるコミ。「キーパーはやっぱり大きいねぇ」と見上げられるアンドー(笑)どちらのお店でも、温かく迎えていただき、「期待してるよ!」「今年こそ頼むよ!」などの激励もたくさんいただき、二人とも「応援よろしくお願いします!!」と力強くこたえていました。
続いては、いつもお世話になっているHUB川崎店さんへ。扉をあけると、たくさんの拍手で迎え入れられ、これにはびっくりそしてにっこりな二人。約50名もサポーターの皆さんが集まってくれたそうです。店内奥にて店長さんとご挨拶&写真撮影をしていると、無数のシャッター音とフラッシュの嵐が!なにかの記者会見も目じゃないくらいの盛り上がりでした。その後伺ったファイテン川崎アゼリア店さんでも、HUBに負けず劣らずのシャッター音とフラッシュの嵐が巻き起こっていましたよ。
そして最後は、オフィシャルグッズショップとして、フロンターレグッズ販売もしていただいている東急ハンズ川崎店さんへ。事務所にてご挨拶をさせていただいた後は、いよいよサイン会会場へ。早い方は開始3時間前くらいからお待ちいただいていたそうです。ちなみに、約150名の方に来ていただきました。なんと去年の2倍とのこと!お集まりいただいた皆さん、本当にありがとうございました。
二人に今日の感想を聞いてみると、「やっぱり“川崎”フロンターレっていうチームですし、川崎駅周辺にも、もっともっとフロンターレを浸透させて盛り上がってもらいたい。」とコミ。「そのためにも、もっともっとがんばって、応援してもらえるようにしたい。あぁ〜、早く試合したい!」と新シーズンへ向けて、すでにエンジンがかかってきたみたいです!そして、「また改めて大勢の方に応援してもらっていることを感じたので、個人としても、チームとしても期待にこたえられるように結果を出したい!」とアンドーも熱く語ってくれました。コミとアンドー、この二人の活躍で、川崎駅周辺をますますフロンターレ色で染めてほしいと思います。


●モトスミ・オズ通り商店街&モトスミ・ブレーメン通り商店街

モトスミ・オズ通り商店街とモトスミ・ブレーメン通り商店街に向かったのは、フロンターレのスピードスター黒津勝選手と期待のルーキー大島僚太選手。先に向かったのはモトスミ・オズ通り商店街。そこでサイン会を実施しました。今年は日曜日ということでどのくらいのサポーターが来てくれるのか、選手・スタッフ共にとても楽しみにしていました。到着が予定より1時間近く遅れてしまい、向かっている車中には商店街からスタッフに「たくさんのサポーターが待っているよ!!」と連絡が入り、到着した時には、予想を遥かに超える人数が選手・スタッフを拍手で出迎えてくれました!!大寒波の中待っていて下さったサポーターのみなさんの姿に涙が出そうになりました。
一人一人にサインと写真撮影をし、みなさんに「がんばって下さい。応援してます!!」「今年こそは優勝してね!!」、と声を掛けられ、黒津選手は「がんばります!!」と笑顔で答えていました。大島選手には、「選手権観てました。がんばってください!!」と選手権の写真を持ってきた方もいて、「びっくりしました!!」と驚きつつも嬉しそうでした。両選手とも、大勢の方々に温かい声を掛けてもらい、身が引き締まったようでした。
サイン会を終えて次に向かった先は、モトスミ・ブレーメン通り商店街。もう外はだいぶ暗くなっていましたが、商店街は多くの人で賑わっていました。ここでも一軒一軒気持ちを込めて挨拶をし、周りのお客さんたちにも「フロンターレ応援してるからがんばってね!!」と声を掛けてもらいました。青果店では、お土産に、と選手・スタッフに焼き芋を頂きました。すごく甘くて美味しかったです!!ありがとうございました。黒津選手は「色んなお店があって活気があって、今度プライベートでも行きたい!!」というほど、気に入った様子でした。大島選手も「早く自分のプレーを見てもらい、試合に出て活躍したい!!」と意気込んでいました。商店街のみなさん、そしてサポーターの温かい声援を受けて、今年こそは「タイトル」を取れるようにチーム一丸に戦って行きますので、応援よろしくお願いします!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ