FRONTALE DIARYフロンターレ日記

2/28 (火) 2012

カテゴリー:

キックオフパーティー

text by

広報部

カテゴリー:

3月10日の開幕戦を2週間後に控えた昨日、川崎フロンターレオフィシャルスポンサーの皆様にお集まりいただき「2012川崎フロンターレキックオフパーティー」が川崎市内のホテルで開催されました。

このキックオフパーティーは今シーズンで2回目の開催となりますが、ユニフォームやトレーニングシャツ、アップシャツにスタジアムなどに広告をご掲出してくださっていたり、クラブのために様々なサポートをしてくださっている「オフィシャルスポンサー」対象のパーティーとなっていて、今年は約100社200名以上のオフィシャルスポンサーが集まってくださいました。
もちろん選手たちもワールドカップ予選で代表召集中の中村憲剛選手を除き、全選手、監督、そしてコーチングスタッフが集い、会場は熱気に満ち溢れていました。

開会すると、まず主催者代表として武田社長のご挨拶から始まり、期待の新加入選手をそれぞれご紹介。特にジェシ、レナト、レネ サントスの3選手は日本での初めての公式パーティーに最初は緊張の面持ちでした。そして、チームを代表し相馬直樹監督から「ここにいらっしゃるスポンサーの皆様には日ごろからチームをサポートいただき、心より感謝しております。今年も昨年は叶わなかったタイトルを目標に進みます。ぜひ一緒に応援いただき、サポートいただきたい」と挨拶がありました。またご来賓としてこの日お忙しい中かけつけて下さった阿部孝夫川崎市長からは「うまく選手同士の連携がかみ合えば必ず優勝できる。かつてJ2からJ1に上がったとき、メンバーを変えずに上位に進出した経験があります。だから11位から優勝は十分に狙えます」と力強いお言葉をいただきました。またスポンサー代表としてSMBC日興証券の福田常務からは「失敗を恐れずに新しいことにチャレンジしていくチームになって欲しい。力強くサポートします」と、そしてプーマ ジャパンのマンゾン会長からは「選手、監督、スポンサー、ファンと一体となって勝利を勝ち取りましょう。大いに期待しています」と激励のお言葉を頂戴しました。
そしていよいよ乾杯となったのですが、乾杯のご発声を担当くださった富士通マーケティングの古川社長からは「スポンサー、全国のフロンターレサポーターなど全員の思いであるリーグ戦での優勝を期待しています」と気持ちのこもったご挨拶がありました。

そして迎えた歓談タイム。選手たちはビジネスシーンでは欠かすことのできない自分の名刺を持ち、スポンサーの皆様と名刺交換。普段はなかなかあることではない選手たちとの名刺交換にスポンサーの皆様も大喜び。
そんな歓談タイムもあっという間に過ぎて、閉会の時間に。まずは、スポンサーの皆様に激励メッセージをフラッグに記載いただいたメッセージフラッグの贈呈を富士通ゼネラル大石会長に行っていただき、熱いメッセージを頂戴しました。

そして、最後に選手を代表しキャンプテンの伊藤宏樹選手からキックオフパーティーに参加くださったスポンサーの皆様へ「いつも応援ありがとうございます。日頃からご支援をいただいておりますが、まだ等々力にいらっしゃったことがない方もいらっしゃるかと思いますので、ぜひ今シーズンは等々力に足を運んでください。宜しくお願いします」と御礼の挨拶があった後、このキックオフパーティー恒例イベントとなっている試合前に選手が円陣を組んで気合いを入れるものと同様の形で最後を締める「円陣締め」を実施しました。
お越しいただいたスポンサー様、全選手、監督、コーチングスタッフが一体となって伊藤選手の「優勝するぞ!」の掛け声に合わせて、全員大きな声で「オー!」と掛け声を上げ、まさに「一体感」のあるキックオフパーティーは終了しました。

オフィシャルスポンサーの皆様、いつも厚い熱いご支援、本当にありがとうございます。2012シーズンも皆様と「一体感」で戦って参りますので、今シーズンも宜しくお願いします。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h