フロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2013年04月03日(水)の日記

tag: グッズ

記念グッズの歴史…

text by オフィシャルグッズショップ「アズーロ・ネロ」

4月27日(土)は、FC東京との伝統の一戦『多摩川クラシコ』。この対戦も今回で第21回目となります。川崎フロンターレとFC東京は、多摩川を挟んで隣り合うクラブ。これまで、アウェイ開催の多摩川クラシコでは、いろんな方法を使ってアウェイの決戦の地である、味の素スタジアムに乗り込みました。ある時は、多摩川を舟で渡って。またある時は、わざわざ大島から飛行機で。そしてまたある時は、歩いて…。さて、今回はどうやって乗り込むのか…そんなところからインスピレーションを受けてデザインされているのが、『第21回多摩川クラシコタオルマフラー』なんですよ。

ちなみに、これまでの多摩川クラシコの歴史を振り返ると、記念グッズもたくさん登場しているんです。例えば、コレ、「第17回多摩川クラシコタオルマフラー」。2010年シーズンのホーム開催時に発売。多摩川クラシコに新たな展開を!!ということで生まれた新マスコットがデザインに組み込まれているんです。ふろん太とは違った雰囲気を持つマスコットにびっくりされた方も多かったですよね。そして、同じく2010年のアウェイ開催時に発売したのがこちらの「第18回多摩川クラシコニットマフラー」。この時はちょっと趣向を変えて、そして季節に合わせニットでした。この年のアウェイユニフォームをイメージさせるピンストライプ。サイドの星の数は、これまでのクラシコの対戦で勝ち取った勝利の数を表していました。そして、1年のブランクを経てクラシコが復活となった2012年。新プロトタイプとなったマスコットを取り入れた「第19回多摩川クラシコタオルマフラー」と、記念すべき20回目を祝した「第20回多摩川クラシコタオルマフラー」。みなさんはどこまで覚えていましたか?

伝統の一戦は、記念グッズなくして語れません!!現在4月20日(土)に予定されている一般販売に先駆けて、後援会会員先行受付を実施中です。後援会マイページからお申込みください。このタオマフを持って、27日は味スタに乗り込みましょう!!

川崎フロンターレ・オフィシャルグッズのご購入は、店舗かネットで!

アズーロ・ネロ

docchi?

フロンターレ・Web Shop

< 2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去の日記

過去の日記

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ