FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2014年08月09日(土)の日記

tag: イベント, フロンタウン

熱い夏まつり

text by フロンタウンさぎぬまスタッフ

皆さんこんにちは。暑い日が続いていますが、夏休み楽しんでいますか?フロンタウンさぎぬまでは、夏休みの思い出づくりにぴったりのイベント「第5回フロンタウンさぎぬま夏まつり」を8/5(火)に開催しました!この季節に多い台風や、ゲリラ雷雨など心配されましたが、この日は文句なしの晴れ!というか猛暑日となりました。

さて、フロンタウンまつり史上最大のメニュー数9品を用意した飲食コーナーでは、火照った体を冷やしにと、最初に列をなしたのが「かき氷」。やはりこちらは子ども達に不動の人気!2台に増やしたかき氷マシーンもフル回転。

一方、大人たちの渇いたのどを潤したのが、初登場となった「生ビール」。相性抜群のおつまみ「焼き鳥、焼きとうもろこし、枝豆、フランクフルト」を片手にグイグイッと嗜む姿、なんとも羨ましい光景でした。

まつりの定番メニューとなった「焼きそば」はいつにも増して大行列。スタッフは夏の暑さ、鉄板の暑さに耐えながら必死に作ってもつくっても追いつかないほどの売れ行き。温かいご飯の上にミートボールを盛り付けたお腹を満たす一品と、子どもから大人まで多くの方に喜んでいただいた「肉団子丼」。

もも、メロン、ブルーハワイ、クリアと4種類の中から好きな味が選べるラムネがまず完売し、どのメニューもスタッフの予想を遙かに上回るスピードで売れ、販売開始から2時間程度で「残り5本です!もう間もなく売切れちゃいます」という声が相次ぎ、あっという間に全てのメニューが完売となりました。
お買い求めいただけなかった皆さん、本当にごめんなさい。

続いてアトラクションコーナーです。
今回のアトラクションは「スーパーボールすくい」「ヨーヨー釣り」「射的」「輪投げ」という、夏祭りの定番に加えて、春のホームゲーム時フロンパークでも大人気だったイベント「ヒロキッズランド」をラインアップ!昨年までフロンターレ一筋13年、主将としてチームを牽引した『ミスターフロンターレ』伊藤宏樹とミニサッカーが楽しめるこの企画、まあ予想はしていましたが、その予想どおり始まる前から行列、行列。

実はヒロキ、この日は夏風邪を引いていて体調があまり良くなかったそうなのですが、そこはやはりサッカーで飯を食ってきた人間。ボールを蹴り始めるとそんなこと微塵も感じさせないような動きでした。

結局、予定の2時間を過ぎても対戦は続き、約90名のお客様と対戦してわずか5敗という結果でした。昨年まで現役バリバリのJリーガーとサッカー出来る機会はそうそうないこともあり、子どもたちの楽しそうな笑顔が印象的でした。

さて、その他のアトラクションですが、まず「スーパーボールすくい」、「ヨーヨー釣り」は子ども達が大好きとあって開場当初から長蛇の列が出来ました。ただ予想外だったのが、予想以上に子どもたちが上手だったこと。みるみるうちにスーパーボール、ヨーヨーともに減っていってしまい、用意した数量が早い段階で無くなってしまいました。追加するべく周辺のおもちゃが売っていそうな店は全てあたったのですが、残念ながらどこにもなく、スーパーボールは開始から約1時間、ヨーヨー釣りも2時間ほどで終了させていただきました。楽しみにしていたお子様には本当に申し訳ありませんでした。次回からはもっと多く用意しておきます。

またこの日は風が強かったこともあり、当初コートで実施予定だった「射的」は室内に場所を移して行ないました。お菓子を倒せばそのままゲット。得点盤を倒せば得点数に応じて景品がもらえるとあって、こちらも常に列が絶えませんでした。

そして最後はヨーヨー釣りの隣でやっていた「輪投げ」。こちらもお菓子、選手サイン入りタオルなど輪を通せば景品がもらえるとあって、小さなお子さんを中心に大人気で、スーパーボールすくいとヨーヨー釣り終了後は、更に行列が延びていきました。結局終わってみれば600名近い参加者数で、アトラクションでは一番の数字でした。

更に恒例となりました、川崎新田ジムのプロボクサーに体験コーナーはお馴染みの無料ミット打ちと「たたいてかぶってじゃんけんぽんゲームのコーナー」です。お相手はもちろんA級プロボクサーの黒田選手、片桐選手、西田選手、古橋選手、の4名です。今年の夏まつりは盆踊りの開催もあって、かわいい浴衣姿の子どもたちの参加で賑わい、いつもとは少し違った微笑ましい光景でした。いつもリングでは凛々しい選手達もこの姿には笑顔、笑顔で、優しいお兄さんに変身です。反射神経を養うゲームの「たたいてかぶってじゃんけんぽんゲーム」ではいつもの3倍の参加者で賑わい、選手達も時には負けてしまう事も!賞品をゲットして選手と握手して帰る子どもたちはとっても満足そうでした!

今回のアトラクションは、夏っぽい定番のものを中心にヒロキッズランドという新しい企画を織り交ぜてみましたが、楽しんでいただけたでしょうか。毎回アトラクションの内容は我々スタッフ間であれこれ活発な意見を交わしながら決めているのですが、今回アンケートでお寄せいただいたアイディアもいくつか面白いのがあったので、次回の参考にさせていただきます。

さて、続いては宮前区役所とフロンタウンさぎぬまが結んでいる、宮前区まちづくり連携協定の活動で開催した「スポーツ体験コーナー」。受付にはまだかまだかと乗り出す子どもたちの行列でいっぱいになりました。まずは、受付を終えて自分に合うシューズに履き替えます。その後は計測用紙をもって、キックターゲット、蹴速測定、20m走の測定の3種類に挑戦します。ところでみなさんは子どもの頃、体育の時間に計測した結果覚えていますか?以外と忘れないのではないでしょうか。大人になってもそんな話で盛り上がる事がありますが・・・。(笑)参加してくれた子ども達のいい思い出になってくれてることと思います!来年は記録更新目指してまた頑張ってください!!

野川親子太鼓「大地」さんには太鼓試打の無料体験と演奏で来ていただきました。昨年の夏まつり、今年の春まつりと2回続けて雨で中止となり涙をのみましたが、今年こそは晴天の夕焼けの下で開催する事ができました。まずは10分間、子どもから大人まで太鼓の試打に挑戦しました!たたいてみると以外と難しい太鼓!意外と真剣な顔つきのお母さんも!!これを機に太鼓にはまってしまう方もいたのではないでしょうか?そしていよいよ演奏です。子ども達が川の流れを表現しながら太鼓から太鼓へ移りながら打つ演奏は、川の流れのなめらかさと力強さが表現されていて、感動しました。20分の演奏では少し物足りない感じがしましたが、来年の夏の晴天を祈ってまた次回を楽しみにしましょう。

続いて今回初実施の「盆踊り」が始まりました!!当日の朝、見る見るうちにやぐらが完成して、一気にお祭りの雰囲気に包まれました。初の実施で知識のない我々スタッフにたくさんの地域の方々が協力してくれました!!今回やぐらの上で踊っていただいたのは「土橋民舞会」の皆さん、太鼓をたたいていただいたのは和楽会「昇」の皆さん、ロックソーランを披露していただいたのは「ロックソーラン愛好会」の皆さんでした!!絶妙なリズムで打つ太鼓や、華麗に踊る民舞会の方々、それぞれ時間をかけてこの日の為に準備してきてくれました!!

途中で音楽が途切れたりトラブルも発生してしまいましたが、普段はフットサルをする人工芝の上にやぐらが建ち、提灯でライトアップされている姿、その周りで皆さんが楽しそうに踊っている姿は普段は絶対見られない光景で印象的でした。

さて、今回もイベント盛りだくさんで開催しましたが、猛暑の中過去最大の3134名の方々にご来場いただきました。スタッフの予想を大きく上回る来場者数にとても驚くと同時に大変うれしく思いました!!皆さんにとってもいい思い出づくりになったかと思いますが、我々スタッフにとっても忘れられない最高の思い出となりました!
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h