FRONTALE DIARYフロンターレ日記

8/26 (火) 2014

カテゴリー:

川崎北工業会納涼祭

text by

集客プロモG

カテゴリー:

8月22日(金)高津区の久地梅林公園で行われた「川崎北工業会納涼祭」に参加したのでご報告いたします!

高津区久地地区の町工場の皆さんが主体となり開催しているこのイベントも、今年で5年目を迎えました。フロンターレは1回目から毎年参加させていただいております。昨年のホームゲームイベント「高津ものづくりフェア」でもお世話になっていることもあり、川崎北工業会の皆さんとすっかり仲良くなった我々。スタッフもふろん太も例年以上にアットホームに向かいいれていただき、よい雰囲気のなかで納涼祭がスタートしました。

納涼祭の大きな見どころはメインステージで行われる地元の方によるステージパフォーマンス。モノマネライブやダンス、子どもたちによる太鼓の演奏など、見ていて思わず笑顔になる暖かいものばかりでした。納涼祭の終盤に行われる大抽選会ではヨシトのサイン入りの2013年公式ユニフォームが当たるということもあって大盛り上がり!当選者の歓喜の声が夜空に響いていました。ステージの周りでは、焼きそばや焼き鳥、ラムネといったお祭りならではの飲食売店や、ヨーヨー釣りやバルーンアートといった子供に人気のブースが多く出店。家族連れで楽しんでいる方が多くみられました!

一方、フロンターレブースも終始大賑わい!今年は「空き缶釣り」と「グッズガラポン」を実施したのですが、どちらも大人気でした。空き缶釣りは最後まで行列ができており、なかにはお気に入りの選手のトレカが欲しくて何度も挑戦する子もいましたよ。グッズガラポンはおかげさまで終了の1時間ほど前には完売しました。この日の特賞はコミのコンフィットTシャツ。また、他の賞品もフロンターレグッズなので、参加してくれた人はぜひ今日もらったグッズを身に着けて等々力に来てくださいね!

大盛況のフロンターレブース以上に人気だったのがふろん太。公園に入った瞬間に子どもたちに囲まれていました!浴衣や甚平を着ている子どもたちも多く、ふろん太は「僕も浴衣が欲しい・・・」そんな目で見つめていました。納涼祭の雰囲気に気をよくしたふろん太は空き缶釣りにもダメ元でチャレンジしてみることに。まったく出来ないだろうと思っていましたが、意外にも手先が器用なふろん太。見事に空き缶を3つ釣り上げ、一躍子どもたちのヒーローになっていました!
ふろん太はステージイベント「タオルマフラー争奪じゃんけん大会」にも参加。ふろん太に勝った12名のお友達がタオルマフラーを見事にゲットしました!

フロンターレでは今後も高津区内の町工場の皆さんと連携し、川崎のものづくりの魅力をより多くの方に伝えていきたいと思っています。

そしてここで一つお知らせを。9月27日(土)のベガルタ仙台戦で「高津ものづくりフェア」を開催いたします!2年連続での開催となる高津ものづくりフェア。皆さん是非お越しくださいね!

最後になりますが、フロンターレブースに足を運んでくれた皆さん、ふろん太と一緒に遊んでくれた子どもたち、そして今回このような機会を提供して下さった川崎北工業会の皆さま、本当にありがとうございました!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h