FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2015年04月04日(土)の日記

tag: イベント

コミケ出展!

text by 集客プロモG

3月28、29日の2日間、幕張メッセにて開催された5年に一度のコミケのメガ祭典「コミックマーケットスペシャル6」に「チーム川崎」のメンバーとしてフロンターレも出展してきました! 思い起こせば、今年1月に行われた新体制発表会見。「コミケにフロンターレが出ます!」と発表した際、客席から徐々に広がったあのザワザワ感と明らかな“引き”具合に、「…もしかして、とんでもないものに手を出してしまったのか…」と正直、背中に冷たいものを感じたクラブスタッフでした。


しかし、我々フロンターレは決して冷やかしや面白半分で出展したわけではなく、確固たる信念を持って、川崎市観光協会、そして川崎が誇る同人誌印刷製本会社「ねこのしっぽ」の3者で「チーム川崎」を組み、コミケにでることを決めたのです。


川崎市内には市外に誇れる名物や名産、名所がたくさんあります。しかし、これらを十二分に活かして、シティーセールスができているかというと、まだまだ物足りないのが現状です。川崎市の良さをもっと多くの方々に知ってもらうことができたのなら、もっと胸を張って「僕は、私は川崎の人間です!」と声高らかに川崎市民宣言できるのでは…。そんな思いを常日頃から抱いていました。そんな折、ねこのしっぽの内田社長が「『チーム川崎』として一緒にコミケに参加しませんか?」と誘ってくれたのです。

ただ、コミケに出展することが目的ではなく、あくまで今後の「川崎市の活性化」につながるPRやきっかけをつかむことに参加意義があるため、コミケ参加時のブースが盛り上がり、“大使”的な活躍をしてくれる存在がほしいということで誕生したのが、“カワサキまるこ”だったという訳です。

そんなこんなで参加することになったコミケですが、せっかく参加するのであれば、フロンターレサポーターにも気軽に行ける機会を作りたいと、JTBコミケバスツアーを敢行! 実は、内田社長から「コミケにバスツアーを出すなんてきいたことないですし、そういう趣旨のイベントでもないので、やめたほうが…」と言われていたのですが、そこはフロンターレ、やったことがないと言われるとやってしまいたくなるのです。

バスツアーには、①「初心者でも大丈夫、現地アテンダントサービス」、②「カワサキまるこの声優である、貝原怜奈さんのバス添乗」、③「ヨシトも着用したカワサキまるこTシャツ型ストラップ進呈」、そして④「天野プロモーション部部長のバス車中まるこ裏話講演」など、前代未聞サービスをつけて募集。ふたを開けてみれば、全席完売、満員御礼のツアーとなりました。おそるべし、フロンターレサポーターのノリ!

そして迎えたコミケ当日。「チーム川崎」ブースは開場直後から多くのお客さんで大盛況! 先行限定販売したカワサキまるこグッズには長蛇の列ができました。また、同ブース内に川崎のご当地アイドル「川崎純情小町」の皆さんも登場し、終始和やかな雰囲気で川崎を大アピールしました。そしてカワサキまるこのコスプレーヤーもブースに現れ、まさにカオス! 試合会場とはまた違った熱気を体感することとなりました。

ふろん太とカブレラも川崎代表として参加し、多くのコスプレーヤーや来場者の方たちとふれあうことができました! 2人ともこんな貴重な経験をすることが出来たので、また今後の活躍に期待ですね!

夏と冬の年2回開催されている通常のコミケは、内容的になかなか出展が難しいようですが、5年に一度のコミケットスペシャルには、また参加したい気持ちでいます。5年後というと、2020年オリンピックイヤー。日本のみならず世界各国に川崎を、フロンターレをPRするチャンスですね! 「チーム川崎」メンバーと企画を練って臨みたいと思います!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h