FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2015年07月19日(日)の日記

tag: イベント, 等々力

等々力に泊まりました!

text by 集客プロモG

7月11日(土)のFC東京戦は七夕が近いことから「天の川クラシコ」と題してプロモーションを展開しました。そのひとつに、Jリーグ史上初のスタジアム一泊二日宿泊企画「星空を見ながらスタジアムに泊まろう!&防災体験」を試合前日の10日(金)に実施しましたので報告します。

この企画はその名の通り、「スタジアムに宿泊」、「星空観測」、「防災体験」と大きく3つの内容で構成されています。そのいずれもスタジアム、つまり外で実施することから、雨は絶対に許されません。星空観測にいたっては曇りでも許されないという厳しい条件。しかも、前日の木曜日は梅雨の大雨。前週に雨の中でファン感を実施したスタッフからは「今週も雨か…」という言葉がチラホラ。スタッフはスマホでいろいろな天気予報を見ては、「おっ、雨マークがなくなった!」、「あっ、晴れマークがついた!」など一喜一憂。
そんな中迎えた金曜日当日。何と外は快晴! しかも立っているだけで汗が噴き出るほどのいい天気。「俺、持ってる。」とつぶやく某スタッフ。いやいや、持っているのは参加者の皆さんでしょう! あとは夜までこの天気が持ってくれればと願うばかり。

お昼過ぎにはスタッフが集合し、いよいよ準備スタートです。まずスタッフが取りかかったのはスタッフ分も合わせて30基近いテントの設営。今回はアウトドア用品の代名詞と言っても過言ではない「コールマン」さんに、なんと30基近いすべてのテントをレンタルしていただきました! コールマンスタッフ、フロンターレスタッフ総出で約30基のテントを組み立てていきましたが、ヒロキは「テント組み立てるの、初めてやな~」とちょっと苦手な様子。しかしさすがコールマン! 1つ、2つと組み立てていくとヒロキもすぐに慣れて、1人でも簡単に組み立てることができました! 30分ほどですべてのテントが組み立て終わりましたが、今度はその配置にこだわります。ファミリー、ペア、シングルそれぞれのテントをしっかりと配置して、各テントに番号を振ってテント村の完成です! ホームゴール裏に出来上がったこのテント村は「ここどこだっけ?」と思ってしまうほど、見違えた光景でした。
余談ですが、次の日の片付けもコールマンスタッフが炎天下の中、汗だくになりながら、ずらっと並んだすべてのテントを黙々と片付けてくださり、本当に感謝感謝です! また、今回の参加者には一人に一つ、フロンターレカラーのコールマンの寝袋をプレゼントさせていただきました! スタッフもこの寝袋で寝ましたが、寝心地最高です! 皆さん、アウトドア用品はスタッフも商品も最高なコールマンをユニディラゾーナ川崎店で是非そろえてくださいね!!

コールマンのテント村を設営している横では、天体望遠鏡や双眼鏡のトップメーカー「ビクセン」さんが夜の星空観測会に向けて準備開始。スタッフが恐る恐る「今日の夜、星見えそうですか?」と聞くと、「最高のコンディションです!」との回答。もう、夜が待ち遠しくてたまりません。
こんな感じで準備をしているうちに、参加者が集まる時間が近づいてきました。定刻の19:30にはすべての参加者がスタジアムに到着。ちなみに今回、約700名の方に応募いただきました。当選者は50名なので、倍率は約14倍。この狭き門をくぐり抜けて当選された方は本当にラッキー☆です!

さて、最初のプログラムは中原区役所による「防災体験」。防災体験と言っても避難訓練をするわけではなく、災害が起こった時はどうするのか、普段からどのような準備をしておくべきか、またスタジアムの証明をすべて消して、電気が点かないとどれだけ暗くなるのか、などを紹介してもらいました。等々力陸上競技場も実際に震災が起こった時は避難場所になるので、参加者の方々にとっても貴重な体験になったようです。中原区役所の皆さん、ありがとうございました!

防災体験のあとは、お待ちかねの「星空観測会」がスタートです! 今回は平塚市博物館の天文担当の学芸員、塚田さんにお越しいただき、今日見える星のお話しをしていただきました。参加者は話を聞きながら今から見られる星をイメージして、ワクワク、ソワソワ。そしてひと通りお話しいただいた後は、いよいよ天体望遠鏡と双眼鏡を使った星空観測会のスタートです! 参加者は我先にと望遠鏡をのぞき込みます。この日は夏の大三角形や、土星、ベガやアルタイルをくっきりと見ることができました。ビクセンさん曰く、「この時期にこんなにきれいに星が見えるのは奇跡に近いです!!」とのこと。参加者の皆さんはどれだけラッキー☆なんですか!

望遠鏡や双眼鏡で星空を見ている参加者には、どこに何が見えるかなど、塚田さんやビクセンスタッフの方が懇切丁寧に教えてくれます。こんな機会、なかなかないですよね。「あ、土星が見えた」、「ホントに輪っかがある!」、「え、あれが彦星?! じゃあ織姫は?!」、「天の川ってどれ?!」、「あの三つの星が夏の大三角形なんだぁ」など、あちらこらからいろんな声が聞こえます。この日ばかりは大人も子どももありません。みんなが目を輝かせて星空を見ています。ビクセンの望遠鏡に、コールマンのテント、寝袋。こんなキャンプ、またやってみたいなぁと、みんなが思ったことでしょう。塚田さん、ビクセンの皆さん、本当にありがとうございます! 星空以上に参加者の目がキラキラしていましたね☆

星空観測会のあとは、メインスタンドのシャワールームでの入浴タイム! スタジアムで星空観測会をすることも、テントに泊まることも貴重な体験ですが、それと同じくらい選手と同じシャワールームを使用できることも貴重な体験です。まずは、ホーム側とビジター側のどちらのシャワールームを使用するか、男女の代表者によるじゃんけんで決定します。「じゃんけん、ぽん!」。勝ったのは女性陣代表の女の子! これでホームシャワールームが女性、ビジターシャワールームが男性に決定しました。喜ぶ女性陣、残念がる男性陣。でもスタッフがすかさず「ビジター側は3日前にドルトムントが使用しました!」と言うと、男性陣のテンションは一気に上がりました。シャワーに入るときの脱衣所は「選手ロッカールーム」。女性陣は「どこがヨシト?、どこがケンゴ?、ケンユウは?、ケンタロウは?」と大変な盛り上がり。一方男性陣は「香川はどこ使ったんだ?!」とこちらも大はしゃぎ。

シャワールームには浴槽が4つあって、二つずつお湯と水に分けて、選手が行なう「交代浴」をみんなで体験。交代浴は疲労を早く取るために行ないますが、参加者は逆にテンションが上がっていましたね。シャワールームからはみんなの楽しい声が漏れていました。今日初めて会う人ばかりなのに「裸の付き合い」をすると一気に距離が縮まりますね。そして今回はサボンさんにご協力いただき、選手が使っているものと同じシャンプー、コンディショナー、ボディオイル、ボディスクラブを用意。お風呂上りはみんないい香りがしていました!! サボンさん、素敵なアメニティをありがとうございました! 今回サボン商品を使って、いいね! と思った方は、ぜひお買い求めくださいね!

通常なら入浴の後は寝るだけですが、せっかくのキャンプの夜、参加者皆さんの交流もかねて、入浴が終わった人から室内練習場でトランプ大会を開催しました。トランプと言えば「ババ抜き」。勝者には豪華賞品?がもらえるとあって、自然と熱が入ります。こういう時は誰でも参加できる単純なルールの方が盛り上がりますよね。子どもも大人も入り混じっての戦いですが、ここは空気を読まずヒロキが勝ったり、飽きた子供たちは人工芝を走り回ったり。それぞれがリラックスした時間を過ごしていました。

すべてのプログラムが終了すると、あとはテント村に戻って寝るだけです。が、最後にサプライズ。真っ暗なスタジアムのメインスタンド側にあるLED看板にこの日だけのために作成した映像が流れます。最後は「SEE YOU TOMORROW!」も文字が星空の中に浮かび上がり、これで就寝です。この時、23:00。19:30に集合してから3時間半ですが、それ以上に思えるほど、内容の濃い時間だったと思います。これで一日目は終了しました。

二日目のプログラムは6:30からの散歩でスタートです。この散歩は任意参加でしたが、みんなワクワクして眠れなかったのか6:00前には起床していたようで、全員が参加して陸上トラックを歩きました。選手ベンチに座ってみたり、トラックを走ってみたり。朝一からみんな元気いっぱい。この日のFC東京戦の朝抽選に来たサポーターにスタンドから見られながら、という奇妙な光景でしたが(笑)とても爽やかな一日のスタートとなりました。

天の川クラシコ前泊企画最後のイベントは、メインスタンド6Fスカイテラスでの朝食。
試合会場の準備開始が差し迫っていて時間がない中でも、一日の始まりになる朝食を笑顔で過ごしてもらおうと、フロンターレのスポンサー様や地域の方々のたくさんのご協力を得て準備することができました。メニューは、フルーツグラノーラ、備蓄パン、アルファ化米、バナナ・パイナップル・グレープフルーツ、牛乳、ミネラルウォーター。フルーツグラノーラに掛ける牛乳は、4月に行なったフロンパークイベント「ドールランド・春」で出展してもらった相澤良牧場様から。バナナ、パイナップル、グレープフルーツはドール様。パンは、備蓄食を製造・販売しているパンのアキモト様。米は中原区役所様。
グレープフルーツをジュースにしてくれるマシン「CAJUTTA」は株式会社カジュッタ様。参加者が使う食器は、中原小学校。スプーン/フォークや食材を入れる器は、中原区の保健福祉センターからと、大勢の方からご提供、貸出しいただきました。皆様、感謝いたします!!

参加者の皆さんからは、朝食会場となっている6Fスカイテラスから景色を見ながら食べる朝食は「最高!」との声をいただきました。朝食時には前夜に行なったレクリエーションの賞品抽選大会も行なわれ、使用済みの選手着用スパイクがあたるなど、最後まで終始笑顔が絶えない朝食となりました。食べ終わったあとは、自分たちの食器は自分で片付け、流しで洗います。お父さんも子ども達も家に帰ってもお母さん任せにしないで自分で洗おうね。

朝食後はグラウンドに降りて最後の片付け。自分たちのテントは自分たちで運びます。運び終わったあとはみんなで解散のご挨拶。たった一泊でしたけど、なんだか仲間意識が高まった感じがするのがフロンターレらしいです。参加者からは「楽しかった~!」、「また来年もお願いしますね!」との言葉をいただき、私たちスタッフもみんなの笑顔が見られて良かったなぁと心から嬉しくなりました。

これからも皆さんに喜んでいただける企画を実施していきますので、その時は是非ご参加くえださいね!
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h