FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年09月04日(日)の日記

tag: イベント

2016川崎ものづくりフェア

text by 集客プロモG

9/10(土)福岡戦の試合前イベントは、川崎のものづくりの楽しさ、面白さを存分に堪能していただける「川崎ものづくりフェア」です! 以前は高津区の住居と工場が混在している地区の理解を深めることを目的とした、「高津ものづくりフェア」ということで開催してきましたが、昨年から川崎市経済労働局さんとの共催で「川崎ものづくりフェア」に生まれ変わり、目的はそのままに範囲を拡大して開催をしています。

まずはこちらの詳細からご確認ください!

この日フロンパークで最も目立つと思われるのが実車版1/1ミニ四駆エアロ アバンテです!こちらは株式会社タミヤさんのご協力により来場が実現しました。ドライバーと並んでいる写真でもお分かりのとおり、あのミニ四駆が実車となって走るという、お父さん世代にはたまらないマシンなのです。
しかも名前がエアロ アバンテと、フロンターレの勝利の直前に歌われる応援歌の「アバンテ川崎」を連想させ、車体の色は「青と黒」、そして車体の先端にはFDK(富士通乾電池)さんがスポンサードしていることもあり、フロンターレのユニフォームの胸と同じ「Fujitsu」の文字。まさに等々力に来ることが宿命のようなマシンです。ということでハーフタイムもしっかりと競技場内を走行していただきます!

しかしただ走らせるだけではつまらないと感じたプロモーション部はこのエアロ アバンテのラジコンバージョンがあることに着目。ラジコンとの競争という形でハーフタイム走行をすることに決めました。そんな時にサポーターからの、「だったらラジコン大好きの山本昌さんを呼べばいいじゃん」…。その手があったか!と早速タミヤさんに相談。ラジコンの競技大会などで上位に食い込む実力者だけに太いパイプがあり、山本昌さんに直接連絡を取っていただき、神奈川出身でサッカーもとても好きということで出演を快諾していただきました!
後日お会いさせていただいた時も「フロンターレはベテラン選手ががんばっているので注目しています」と言っていただきました。その際にいただいたピッチングフォーム付のコメントはこちらをご確認ください!

フロンパークに話を戻し、このエアロ アバンテのミニ四駆を実際に作れちゃう工作教室があります!こちらはFDKさんのご協力により電池がついてきて、さらに20周年特別仕様のミニ四駆用シールもついてきちゃう超お得なブースです!さらに協賛のFDKさんによる「乾電池工作教室」も隣で実施します。こちらはなんと自分の手で世界にひとつしかないオリジナルの乾電池がつくれるというブース。一足先にこの工作にチャレンジしたコウも、楽しみながら電池の仕組みが同時に学べるとあって太鼓判を押していました!

そして今年もフロンパークステージ上では「できんのか!」さんの協力により「ロボットサッカーフロンターレカップ」が繰り広げられます。大きな専用サッカーコートが出現し、3対3のロボットサッカーを実施。 実況は、大のフロンターレファンという人力舎所属の本田兄妹さん、ロボット担当解説に、漫画家でプラレス3四郎などの代表作をもつ神矢みのる先生、そしてサッカー担当解説には、川崎フロンターレOB岩本輝雄氏でお送りします。
さらに、川崎の町工場の今と昔がわかる「ものまち紙芝居」実施!このイベントの趣旨でもある住工混在問題を見直すいい機会にしてみてはいかがでしょうか? そのステージのよこでは見るだけではなく実際にロボットの操縦ができてしまいます。川崎市産業振興財団さんによる「かわさきロボット操作体験」を実施。参加無料でどなたでもロボットに触れることができますのでお楽しみに! 高津ものづくりフェア時代から大人気だった各コーナーも出店いたしますよ。高津区下野毛工業協同組合の方々による、アルミのプレートに自分で名前やイニシャルを打ち込むことが体験できる「イニシャル刻印入れ体験」、高津区北工業会・BBAカンパニーさんによるプラスチックのプレートにレーザーマーカーの機械で好きな文字を焼きいれる体験ができる「レーザーマーカー名前入れ実演」の両ブースも20周年仕様のプレートで登場です。また、中原工場協会さんによる廃材を使った水鉄砲作り体験も実施します。さらに専修大学遠山ゼミと前述の各工業会の方々によるクイズラリーと解体ボックスにチャレンジする「ものまちラリー」です。各ブースとも参加者、数量限定ですのでお早めにお立ち寄りください!

そして今年も川崎市経済労働局さんとの共催ということで、フロンターレカラーのジャングルジムなどがある児童遊園エリアに様々な体験型アトラクションが出店します! 最近DIY(do it yourself)という言葉と共に、自分でいろいろな工作をする施設などが人気がありますが、武蔵中原駅のほど近くにある「中原工房」というDIY工房とsanodesignさんの協力で「バナナスタンド制作体験」と「一輪挿し制作体験」が出店!見た目もかわいいカブレラをモチーフにしたり好きな選手の背番号を貼れたりと気軽にDIYが楽しめます!
そして昨年も大好評だった「マシュマロ串刺しロボット体験」です! フロンターレの下野毛スクールの会場のすぐそばに工場がある、ヒロキ産業さんの協力で、串刺しロボット「らくさし君」がマシュマロに串をさす体験ができちゃいます。さらにこちらのブースにも注目です。漫画家体験ができる「トーン、カラーマーカー体験ブース」です。ものづくりでなぜマンガ? と思う方も多いと思いますが、高津区にあるデリーター株式会社さんが作っているプロの漫画家が使う道具が「川崎ものづくりブランド」に認定されているのです。こちらはフロンパークではもうおなじみの株式会社ねこのしっぽさんの協力のもと、本格的な漫画をカラーリングできちゃいます! ぜひこの機会にプロの漫画家になりきってみてください! さらにこちらのエリアでは等々力のすぐ近くに工場がある「チーム等々力」の方々による「金属ミニカー制作体験ブース」も開催。写真のように金属を組み合わせてミニカーを作ります。こちらは家に持ち帰って何度も遊ぶことができるのでお得感満載です! また、今回初登場の株式会社カワイさんによる「鈑金ふろん太ロボット」制作体験ブースも大注目です!こちらはパーツを組み合わせてふろん太のロボットが作れちゃいます。そしてすでにもうおなじみになりました「段ボールパーク」もこちらのエリアで開園します。今年も段ボール迷路、すべり台、段ボール木馬をご用意しましたのでお楽しみに!

このように1日では回りきれないほどのブース数が出ていますので、当日はフロンパークの開園15:30と同時に是非ご来場ください! ぜひご家族、ご友人と川崎のものづくりを素晴らしさ体験、体感し、試合前から福岡戦終了後まで皆さんが笑顔になる一日になることを願っています!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h