FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年09月05日(月)の日記

tag: アズーロ・ネロ, グッズ

20周年記念に特別なものを

text by オフィシャルグッズショップ「アズーロ・ネロ

今年はクラブ創立20周年のメモリアルイヤー。そんなフロンターレにとって記念すべき年には特別なグッズを!!ということで、満を持して発売するのが「G-SHOCK フロンターレ20周年記念モデル」!!今シーズンも多種多様なグッズを発売していますが、“今年イチオシで絶対購入して欲しいいグッズ”といっても過言ではありません!!

このフロンターレ20周年記念モデル、なんと「構想5年、実現までに2年」という長い長い時間をかけて遂に発売に至ることができました。さかのぼること5年前、クラブが15周年を迎えていたころ、すでに2016年に向けて20周年を記念するグッズについて考え始めていました。これまでにもさまざまなブランドとコラボさせていただくことにより、ステキなグッズを制作してきましたが、メモリアルイヤーにはそれにふさわしく、クラブ創設20周年という時間を表現できるグッズを!!をとの思いとともに「G-SHOCK」の存在が常に頭にありました。しかし、時計は制作数が多く高額商品のためなかなか実現へ向けての一歩が動けずにいました。そんな中、実はG-SHOCKを制作しているカシオさんの社員の中に、フロンターレを応援してくれている方がいることが判明!!G-SHOCKとは直接関わりのない部門の方でしたが、無理を承知でご協力をお願いしたところ打合せに参加いただいたり、デザインの相談にものっていただいたりと、強力なサポートをいただきました。「やるからには、絶対良いものを!!」と多方面の方々から意見やアイディアをもらい相談しながら、時間をかけてデザインや仕様を検討してきました。そのこだわりは、時計自体にとどまらず本体を入れる箱にまで。「構想5年、実現にまで2年」をかけて、ついにお披露目できるときがきたんです。

そのこだわりぬいたデザインですが、ホームゲームだけではなく普段使いできるデザインとなっています。「DW-5600」というシンプルで男女問わず身に着けられるモデルを採用。マッドプラックをベースとし、よく見ると実はフロンターレなんだ!!とわかる感じに。そして実はフロンターレを強く主張しているのは、クラブ創立時のユニフォームデザインの一部を取り入れている画面部分です。そして、裏蓋には20周年記念ロゴを入れています。ただ、ロゴをそのままだと細かい部分まで再現されないとのことだったので、ロゴをデザインした大塚いちおさんが、実はこのG-SHOCK用としてデザイン修正をしてくれたんです!!その他にも、画面の色を反転させたり、金具のカラーもブラックにして統一感を出したり、本体を入れる箱のデザインもフロンターレ仕様にしたり…、とにかくシンプルですが「ふつうじゃ買えない、フロンターレだから」という仕様にしたつもりです。そうです!!「やるからには、絶対良いものを!!」精神です!!その甲斐があったのか、多くのブランドとコラボしているカシオさんからも、出来上がりが良いと太鼓判をいただきました!!

「G-SHOCK フロンターレ20周年記念モデル」自信をもって、気持ちを込めて、いよいよ発売します!!ぜひお買い求めください!!販売方法は、後援会会員限定での抽選販売となります。さらに今回は初の試みとして、クラブと一緒に時を刻んでくれた、ゴールド会員、シルバー会員の方に当選確率を高める試みを行います!!詳しくはお知らせをご確認ください。

今まで一緒に歩んできた時を感じつつ、これからもフロンターレと一緒に時を刻んでいきましょう!!

川崎フロンターレ・オフィシャルグッズのご購入は、店舗かネットで!

アズーロ・ネロ

docchi?

フロンターレ・Web Shop

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h